宅地建物取引士(宅建士)

宅建コラム

資料請求(無料)

宅建の勉強時間の目安について|効率的な勉強法についても徹底解説

国家資格の1つであり、不動産の仕事に大きく関わる「宅建士」の資格ですが、どのように勉強をするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、どのくらいの勉強時間で合格できるのか、宅建の合格に必要な学習方法について紹介します。試験の合格率や配点などについても説明するので、資格の取得を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

宅建に合格するまでの学習時間の目安

宅建の勉強時間は個人の知識量や能力により差があります。基礎知識がある場合は勉強時間も短くなります。一方、法律や不動産業に関しての知識が全くない場合は、もっと勉強時間が必要になるでしょう。ここでは、学習時間の目安を紹介します。

長時間の勉強が必要

宅建の勉強時間は、基礎知識や経験によって差が生じやすいものです。長期間の学習が必要な人の場合は、平均して500時間ほど勉強したケースが多く、少ない人では最低100時間程度の勉強で合格することもあります。特に、すでに試験を経験している人や、効率よく勉強できる人などはスムーズに合格が狙えるでしょう。そうではない場合、300〜350時間程度の勉強量が必要です。

1日の学習時間に換算すると

全体の勉強時間として300時間を目標にする場合、1日2時間なら150日となり、約5ヵ月かかります。最短でも3ヵ月から5ヵ月ほどの期間が必要です。長期的な学習計画を立てるのであれば1年間程度でスケジュールを組みましょう。しかし、資格試験の勉強は記憶がカギとなるため、可能であれば短期間で効率よく勉強したほうが有利です。

最短どれくらいで合格できるのか

宅建試験は、毎年1回10月に行われます。逆算して5月ごろから勉強を開始するとよいですが、6〜7月ごろから開始した場合でも合格は見込めるでしょう。宅建の受験申し込みは毎年7月ごろ受け付けています。最短で資格取得を考える場合、最低でも3ヵ月間は学習期間を設けることが合格へのカギです。

宅建の詳細と合格率について

宅建は難易度が高い資格試験のひとつです。覚える範囲が広く、合格基準も毎年違います。年度によってはやや合格率が高い年もありますが、平均15〜17%ほどの合格率です。具体的な合格ラインについては、以下の段落で詳しく解説します。

合格ラインについて

宅建の合格ラインは、実施された年により若干異なりますが、7割程度が合格の目安といわれています。試験は1問1点の配点で、全50問が出題されます。50点満点中35問程度の正答が平均的な合格ラインとなることが多く、合格するにはそれ以上を目指さなくてはなりません。確実な合格を目指すためには、35点以上が最低ラインです。

独学で合格するための基礎

独学で合格を目指すためには、学習方法も工夫しなければなりません。限られた時間で効率よく勉強を進めるために、気を付けるべきポイントを解説します。独学での学習を考えている人は、以下の点を意識しながら学習計画を進めてみてください。

科目別の配点を確認する

宅建の試験では、4つの項目からなる全50問が出題されます。出題科目による配点を確認し、重点的に勉強する科目を見つけましょう。

・「宅建業法」 20問
・「民法(権利関係)」 14問
・「法令上の制限」 8問
・「税・その他」 8問

以上、計50問で50点満点となります。1問1点の配点方式なので、問題によって獲得できる点数は変わりません。試験方法は、4つの選択肢から選ぶ択一式です。

問題数や科目が少なく簡単そうに見えますが、広い範囲からの出題となるため、勉強する範囲も広くなります。そのため、科目を1つずつ徹底的に行うよりは、あらかじめ優先順位をつけ、配点が高いところから勉強しましょう。

科目別に優先順位をつける

資格試験などの勉強では、満点を目指そうとして、完璧に勉強しようとする人もいます。しかし、宅建試験では各科目の基準点が設定されていないため、完璧にしようとしないことが重要です。

無理に満点を目指して勉強の効率が落ちるよりも、点数が取りやすく、配点も多い項目で、確実に点数を獲得する方が効率的です。そのため、問題数と配点の多さを比較し、出題数が多い科目から優先しましょう。

宅建の試験勉強では、宅建業法を優先的に勉強するようにします。宅建業法は、出題範囲も広く、配点も多く設定されています。十分な対策ができるよう、優先して取り組むことが大切です。

宅建の勉強方法

宅建は資格取得のため、多くの講座が開かれています。独学では難しそうと思われがちですが、決して不可能ではありません。

では、独学で宅建を目指す場合、どのような勉強方法で取り組めばよいのでしょうか。ここでは、効率的な勉強方法を紹介します。独学で宅建を目指す際は、参考にしてみてください。

参考書を読み全体を把握する

まず、参考書を全て読み、試験内容の全体像を把握することが大切です。まったくわからないまま1つずつ進めていくよりは、全体像を把握しておいた方が、効率的に学習できます。最初は多少読み飛ばしながらでも、繰り返して読むことが重要です。

試験に出題される4科目の特徴を知る

試験に出題される4科目の特徴も、しっかりと把握しておきましょう。科目ごとに特徴が異なるため、勉強方法もそれに合わせて変えていくことが必要です。それぞれの科目に合った方法を検討し、効率的に理解できるようにしましょう。

民法(権利関係)

民法(権利関係)では14問出題され、宅建業法の次に問題数が多い科目です。法律に関する知識がまったくない場合には理解が難しい科目といえるでしょう。問題のパターンを覚えきるのも難しいため、しっかりと時間をかけて勉強すべき科目です。

宅建業法

宅建業法は、全50問中20問と、もっとも大きな比率を占める科目です。手続きや業務上の規制についての出題が主となり、暗記項目も多くなります。出題傾向が固定されているので、問題集や過去問でパターンを覚えておくと有利です。

法令上の制限

法令上の制限は、全体像をつかみ、各用語やルールの意味を理解すれば問題はありません。図や表の暗記が多い科目ですが、まずはイメージ作りが大切です。直近の法改正が問題に影響しやすく、法改正されたばかりの内容は出題されやすいため注意が必要です。

税・その他

税金の種類はとても多くありますが、覚える内容は少なめなので、確実に押さえておきましょう。土地や建物に関する統計データからも出題されるため、最新データを確認しておく必要があります。得点しやすい問題と得点しにくい問題がはっきり分かれるので、勉強にあまり時間をかけたくない科目です。

過去問を解く

資格取得や試験の勉強では、過去問を解くことが重要です。過去実際に出題された問題を繰り返し解くことで、問題の傾向がわかります。過去問を確実に正解できるようになれば、応用問題が出ても焦らずに対応することが可能です。

試験問題は、過去に出題された内容を別視点から作り直すことも多く、過去問で問われている主旨、論点を把握しておくことが点数につながります。過去問を繰り返すときは、弱点発見や問題傾向の把握など、目的を決めて勉強するようにしましょう。

模試の利用

資格スクールで定期的に実施されている模試は、独学で勉強するうえで非常に有効です。実際に試験の雰囲気を感じながら、時間配分の練習ができます。模試を受けると、自分が今どのレベルにいるのかわかるので、自分の学習状況を測るのに便利です。今後の学習計画の見直しもできます。

また、模試では、過去問ではなく、最新の問題にチャレンジできることもメリットです。独学で合格を目指すのであれば、本番前に一度は模試を受けておきましょう。

まとめ

宅建は難易度の高い資格試験ですが、独学でも合格することは可能です。しっかりとした学習計画を立て、効率のよい勉強方法を選ぶことが大切です。

効率的に勉強を進めたいなら、通信講座を検討してみてはいかがでしょうか。ユーキャンでは、「宅地建物取引士講座」が受講できます。独学では行き詰まりがちな問題も、充実のサポート体制があれば安心です。ユーキャンの宅地建物取引士講座で、効率的に合格を目指してみてはいかがでしょうか。

受講のお申し込みはこちらから