• 公開日:2020/04/17



ファイナンシャルプランナー資格試験には「実技試験」が含まれています。
「実技」というと、ファイナンシャル・プランニングを実際に行うもの、とイメージされる方も多いことでしょう。

「試験ではどんな問題が出るの?」「実務経験がなくても大丈夫?」など、実技試験に関わる疑問を解決しておきましょう。

どんな知識が問われるの?

実技試験では、実際にファイナンシャルプランナーとして業務を行うにあたって必要な知識が審査されます。

ファイナンシャルプランナー資格試験には、学科試験のほかに実技試験があります。実技試験では、実際にファイナンシャルプランナーとして業務を行うにあたって必要な知識が審査されます。

そのため、実務経験がない人は、ファイナンシャル・プランニングの相談事例や、顧客への適切なアドバイスについてのイメージが湧きにくいかもしれません。

でも、心配することはありません。
ファイナンシャル・プランニングに関する知識が身についていれば充分に解答できます。

試験実施団体によって問題は異なるの?

実技試験の問題は、試験実施団体によって異なります。

日本FP協会では、「資産設計提案業務」というテーマで出題されます。
金融財政事情研究会の実技試験では、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務の4つのうちから1科目を選択して回答します。どの選択科目を受検しても構いません。

たとえば、日本FP協会の実技試験である資産設計提案業務では、以下の4つのポイントが問われます。

1.関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
2.ファイナンシャル・プランニングのプロセス
3.顧客のファイナンス状況の分析と評価
4.プランの検討・作成と提示

具体的には、以下のような問題が出題されます。

・株式の割安性や収益性の計算
・マンションの物件情報を読み取る
・保険証券を読み取る
・確定申告での控除額の計算
・相続税の計算
・住宅購入での非課税制度の活用方法
・キャッシュフロー表の作成
・住宅ローンの借入可能額の計算
など。

試験問題は筆記(記述)形式で、ファイナンシャル・プランニングの事例にもとづいて出題されます。計算機(電卓)を使用することも可能です。

合格ラインは正答率6割以上。初めて勉強する方は心配に思うかもしれませんが、実務経験がなくても、ファイナンシャルプランナー資格試験の知識があれば無理なく解ける内容になっています。実技試験対策の問題を重点的に解いておく、計算問題は自分で電卓をたたいて計算演習を繰り返す、などの対策を充分にしておきましょう。

まとめ

こちらでは実技試験で問われる内容および日本FP協会が実施する実技試験の問題テーマについて解説しました。
ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座は、日本FP協会実施の実技試験対策もしっかりカバーしています。さまざまな事例をもとに出題される試験問題に対応できるよう、科目ごとによく問われる定番問題を収録した実技試験攻略BOOKをお届けします。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ファイナンシャルプランナー(FP)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

ファイナンシャルプランナー(FP)は税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家。 有資格者は、金融・保険・不動産など、さまざまな業界で求められるため、就・転職が有利に!独立・開業も可能なほか、身につけた知識は日常生活でも役立ちます。
ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、受講生の9割は初学者。わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が魅力の講座です。

TOP