• 公開日:2020/04/17

ファイナンシャルプランナー資格試験は、試験実施団体が2つあります。それが、「日本FP協会」と「きんざい」です。

同じ資格を取得するのに、団体が2つあると、どちらを利用すればよいのか迷ってしまうかもしれません。そこで、団体の違いや、どちらで受検手続きをすればよいかといったポイントを解説しましょう。

「日本FP協会」と「きんざい」の違いとは?

ファイナンシャルプランナー資格試験の試験実施団体には、「日本FP協会」と「きんざい(金融財政事情研究会)」の2つがあります。ファイナンシャルプランナー資格は、どちらの団体を通して受検をしても取得することができます。

では、一体何が違うのでしょうか?

2つの団体では、同じファイナンシャル・プランニング技能士資格を取得することができますが、試験問題の一部が異なります。試験日、受検資格、学習範囲、学科試験問題はいずれも同じですが、実技試験の問題が異なるのです。

たとえば2級FP技能士の実技試験は、それぞれ以下のようになっています。

1.日本FP協会

<出題内容>
「資産設計提案業務」をテーマとした下記の内容から出題される。
1 .関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
2 .ファイナンシャル・プランニングのプロセス
3 .顧客のファイナンス状況の分析と評価
4 .プランの検討・作成と提示

<出題形式>
筆記(記述式)全40問

<合格基準>
60点以上(100点満点)

2.きんざい

<出題内容>
「個人資産相談業務」、「中小事業主資産相談業務」、「生保顧客資産相談業務」、「損保顧客資産相談業務」の4つから1科目を選択して回答。

<出題形式>
筆記(記述式)事例形式で5題

<合格基準>
30点以上(50点満点)

自分に合った試験団体で受検しよう

日本FP協会ときんざいのどちらで受検をしても、同じファイナンシャル・プランニング技能士の資格を得ることができます。受検をする際は、どちらで実技試験を受検したいかによって試験団体を決めるとよいでしょう。

実技試験の過去問と解答は、各試験団体のホームページで公開されています。実技試験は学科試験で問われる知識をもとに回答できる内容になっています。
学科試験の対策を一通り終えて、学習内容を大まかに習得したタイミングで実技試験の問題に目を通してみると、どちらが自分に合っているか判断がしやすいでしょう。

まとめ

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ファイナンシャルプランナー(FP)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

ファイナンシャルプランナー(FP)は税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家。 有資格者は、金融・保険・不動産など、さまざまな業界で求められるため、就・転職が有利に!独立・開業も可能なほか、身につけた知識は日常生活でも役立ちます。
ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、受講生の9割は初学者。わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が魅力の講座です。

TOP