• 公開日:2021/03/11

公務員は収入や待遇が安定していることから人気の職業です。公共事業に携われることにやりがいを感じる人もいるでしょう。この記事では、進路の一つや転職先として公務員を検討している人に向け、公務員になる方法、公務員になるまでの流れ、求められる人物像などについて解説しています。公務員になるための行動を起こす際の参考にしてください。

公務員になるには?

公務員になるにはどのようにしたらいいのでしょうか。ここでは、公務員の種類や公務員試験の概要について解説します。

公務員試験に合格することで公務員になれる

公務員の種類は、「国家公務員」と「地方公務員」に分けられます。国家公務員とは中央省庁や国の出先機関などで働く公務員のことであり、地方公務員とは市役所や県庁などで働く公務員や警察官・消防官のことです。

いずれの場合も公務員として働くには、公務員試験に合格する必要があります。ただし、いわゆる「特別職」である裁判官や検察官は司法試験への合格が必要であるなど、例外もあります。

受験資格に制限はあるの?

公務員試験は、基本的に、年齢以外の制限がありません。ただし、一部の職種では国籍要件や身体的基準、有資格者であることなどが求められます。

また、学歴不問ですが、求める学力レベルの目安として「大卒程度」や「高卒程度」などが設けられていることが公務員試験の特徴です。ただし、中には「院卒」であることなど、明確な規定を設けている試験もあります。

公務員試験の内容

公務員試験では1次試験で筆記試験が行われ、2次試験以降で面接が行われるのが基本的な流れです。1次試験では教養試験や専門試験、論文試験などが実施されることが多いです。2次試験では通常の個別面接に加え、集団面接や集団討論が実施されることもあります。

採用試験である公務員試験では、資格試験とは異なり、2次試験などで行われる人物試験をクリアする必要があります。

大卒程度と高卒程度の違い

「大卒程度」「高卒程度」という区別は試験で求められる学力の目安ではありますが、試験内容は大きく違うわけではありません。高卒程度の公務員試験は基本的に「教養試験」と「作文試験」で構成されます。

一方、大卒程度の基本構成は「教養試験」「論文試験」に加えて「専門試験」がかされることもあります。大卒程度の試験のほうが難易度は高く、合格するための学習時間も長くなります。

大卒の人が公務員になるには?

ここでは、大卒の人がどのような公務員試験を受けられるのか、勤務先としてどのような選択肢があるのかについて解説します。

「大卒程度」の公務員試験を受けて合格する

大卒の人が公務員になる最も一般的な方法は、「大卒程度」の公務員試験を受けて合格することです。具体的には、国家公務員試験の総合職・一般職・専門職、地方公務員試験上級(1類)、市役所試験、または、警察官・消防官試験などを受験します。なお、「高卒程度」の公務員試験が受験可能な場合もあります。

キャリアを目指す国家公務員総合職

国家公務員総合職はいわゆる「キャリア」と呼ばれ、中央省庁の幹部候補として採用されます。たとえば、財務省にキャリアとして入庁した場合は、国の予算作成などの重要な業務に携わります。国家公務員総合職は司法試験と比較されるほど難易度が高く、長期間の学習が必要です。

国家公務員一般職・地方公務員(上級)

国家公務員一般職(大卒程度)を目指す場合は、上級の地方公務員試験を併願することも一般的です。公務員試験は種類や地域によってスケジュールが異なることも多いため、どちらも受けることができます。また、教養試験(基礎能力試験)や専門試験の出題内容も重複しているため、効率的な学習が可能です。

警察官・消防官を目指す

人々の暮らしを守るやりがいのある仕事として警察官や消防官を目指す人もいます。警察官や消防官の試験は仕事の関係上、年齢制限だけでなく「国籍要件」や「身体的基準」を設けている点が特徴です。

また、試験内容も独特であるため、採用試験に特化した学習が必要です。専門の参考書や、通信教育講座にある警察官・消防官志望者向けの教材で試験対策を行いましょう。

市役所職員を目指す

市役所職員は市役所に勤務して福祉や教育、環境などの業務に携わります。大きく分類すると事務系と技術系の職員に分かれます。市役所の公務員試験は、年齢制限として22~30歳という条件を設けていることが一般的です。

また、事務系の公務員試験では専門知識が問われないところも多いです。筆記試験、論文試験、面接の3つを中心に、グループディスカッションのなどの対策をすることで合格を目指せます。

高卒の人が公務員になるには?

ここでは、高卒の人が公務員になる方法や就ける職種などについて解説します。

「高卒程度」の公務員試験を受けて合格する

高卒の人が公務員になるには、「高卒程度」の公務員試験を受けて合格することが一般的です。具体的には、国家公務員の一般職か専門職の高卒程度の試験を受けます。また、地方公務員の場合、「中級」か「初級」を受験する人がほとんどです。ただし、地方公務員の「上級」など学歴不問の試験なら、「大卒程度」の試験をでも受験することもできます。

高卒・転職でも公務員になれるが年齢制限に注意

高校を卒業してから企業に就職したり、フリーターになったり、一度別の仕事に就いたものの、「やはり公務員になりたい」と思う方もいるかもしれません。公務員の採用試験は経歴不問のため、このような場合でも試験に合格すれば公務員になれます。

ただし、年齢制限があるため、高校卒業後に一定の期間が経過してしまうと受験資格がなくなりかねません。公務員を志望するなら、早めに行動を起こしましょう。

専門職の公務員になる道もある

警察官、消防官などのいわゆる「公安系」を目指す人も多くいます。ほかにも刑務官や入国警備官、自衛官などさまざまな職種があるため、興味のある仕事の中から探す方法です。受験資格や条件は都道府県や省庁ごとに違うため、確認しておきましょう。試験では高度な専門知識については問われませんが、職種にあわせた試験対策が効果的です。

国家公務員になるまでの流れと注意点

ここでは、国家公務員になるまでの流れと、国家公務員試験特有の注意点について解説します。

国家公務員になるまでの流れ

総合職試験、一般職試験、専門職試験のいずれか、または不定期実施ですが、経験者採用試験を受験します。これらの試験に合格すると採用候補者名簿に名前が載り、官庁訪問をクリアすれば国家公務員になれます。

経験者採用試験合格者の場合は、一部を除き官庁訪問は必要ありません。採用試験に合格すれば国家公務員になれます。

国家総合職や国家一般職には官庁訪問がある

国家総合職や国家一般職には官庁訪問という仕組みがあります。官庁訪問とは、自分が働きたい官庁を訪問して、主に面接の場で自分の能力や人柄をアピールする機会です。2~3カ所、最大5カ所程度の官庁を回ることが一般的です。ここで内定をもらわなければ国家公務員にはなれません。

国税・財務専門官の場合は、官庁訪問の代わりに「職場訪問」という仕組みがあります。

地方公務員になるまでの流れと注意点

ここでは、地方公務員になるまでの流れと、地方公務員試験特有の注意点について解説します。

地方公務員になるまでの流れ

地方公務員になるためには、まず地方公務員試験上級(1類)、地方公務員試験中級(2類)、地方公務員試験初級(3類)、または市役所試験、警察官・消防官などの1次試験を受験します。合格者は2次試験以降へと進み、最終合格すると公務員になれます。退職者が出ないと採用活動をしない市区町村などもあり、希望の職場を選べるとは限りません。

地方公務員になるには地域情報のリサーチも必要

地方公務員の2次試験(面接)では、過疎化対策や災害復旧対策など地方の状況や行政について、意見を聞かれることもあります。事前に地域情報をリサーチしておき、熱意や適性をアピールしましょう。

地方自治体では新しいアイデアや考え方を求めており、地域の理想像を持っていたり新たな分野の業務を提示したりする、積極的な姿勢が評価される傾向があります。

公務員になるために求められる人物像について知っておこう

近年の公務員試験の全般的な傾向として「人柄重視」があります。どのような人物が公務員として求められているのでしょうか。

人柄重視の傾向が強くなってきている

公務員試験では、従来よりもコミュニケーション能力や協調性が重視されるようになってきました。面接だけでなく、論文試験のなかにも人物試験の要素が含まれている場合が少なくありません。そのため、教養試験や専門試験における知識の面だけでなく、バランスのよい試験対策が必要です。

面接のタイプに応じて練習しておく

公務員の面接方式はさまざまです。企業の採用活動で一般的な個別型や集団型に加え、集団討論型もあります。集団型や集団討論型がある場合は、個別型もあわせて行われることが一般的です。自分が受ける公務員試験の過去の実施状況をチェックしておきましょう。特に集団討論型の場合は、ディスカッションについての基礎知識を持っておく必要があります。

教養試験の学習が合否を分ける

どの自治体や機関を受けるにしても、多くの試験で教養試験が実施されます。この教養試験では、公務員として必要な広範囲でバランスのよい知識についてテストされます。理系から文系までほぼすべての学問分野を網羅しているため、独学ではムラが出やすく、非効率な学習になりやすいです。特に初めて公務員試験を受ける人は、カリキュラムやスケジュールが組まれている通信教育講座またはスクールで学習するのがおすすめです。

まとめ

公務員になるための最も一般的な方法は、国家公務員または地方公務員の試験を受験して合格することです。志望に合わせた効率的な学習が合格のポイントです。

ユーキャンの大卒公務員受験対策講座では、国家一般職・地方上級コース、教養試験対策コース、市役所コース、警察官・消防官コースの4つのコースをリーズナブルな学費で提供しています。志望先に特化した図や解説が豊富なわかりやすいテキストに加え、独学では学習しにくい論文や面接の対策も可能です。WEB学習にも対応しており、忙しい学生や社会人でもスキマ時間に学習できます。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

市役所コース講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

市役所職員の役割は、市民のより良い暮らしを実現すること。福祉・教育・観光など幅広い仕事を担い、住みよいまちづくりの実現を目指す、やりがいあふれる人気職です。福利厚生や給与面など、公務員としての安定した待遇も魅力。景気に左右されることなく、長く安定的に働くことができます。ユーキャンの市役所コース(大卒公務員受験対策講座)は、公務員試験専門塾の全面監修! 教養試験はもちろん、論文試験・面接試験の対策もバッチリ。初めてでも効率よく合格力を養うことができます。

TOP