• 公開日:2020/06/24

MOSを持っていると就職や転職に有利だと聞き、資格取得を目指す人は多いです。では、具体的にどのような点で有利なのでしょうか。 この記事では、MOSの概要や試験内容、就職活動に役に立つ理由などを紹介します。MOSの取得を検討している人はぜひ参考にしてください。

MOSは就職に有利なのか?

MOSが就職で有利な点は大きく2つ。①面接で説得力を持ってスキルレベルを伝えられる ②オフィスで役立つ社会人必須のスキルが身につく

MOSは就職に有利な資格といわれています。実際、事務職や営業職などオフィスでの仕事を希望する場合は、資格があると有利なケースが多いです。MOSはWordやExcelといったオフィスソフトの操作スキルを証明する資格なので、パソコンを使う職場では重宝されるためです。

就職面接で「パソコンスキルはどの程度なのか」と問われた場合も、資格があればスキルレベルを明確に答えられます。逆に、たとえパソコンスキルがあったとしても、レベルが曖昧では説得力がありません。

MOSってどういう資格?

WordやExcelなどOfficeソフトの操作スキルを証明!認知度の高い人気の国際資格です。

MOSの正式名称はMicrosoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)といいます。会社の業務でよく使用される「オフィスソフト」の操作スキルを証明する資格です。国際的に認められている人気資格です。

MOSの試験には、「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「Outlook」の5つの科目があります。試験は、実際にそれぞれのソフトを使用して操作を行う実技試験です。ソフトを使った基本操作や応用的な操作ができるかが問われます。

MOSの試験内容とは?

実務を証明するMOSは、知識を活かして実際に手を動かせるかが問われます。試験はPCを操作する実技のみ、筆記試験はありません。

MOSの試験は具体的にどのような内容なのかを解説します。試験対策の参考にしてください。

ワード(Word)

Wordとは、文書を作成するためのソフトです。文字を入力するだけでなく、文書に図表や画像を入れたり、色を付けたりすることも可能です。Wordの試験勉強を進めることで、Wordでより高度な資料作成ができるようになります。試験では、文字サイズやフォントの変更、ファイル管理など、Wordの機能が使えるかどうかが問われます。

エクセル(Excel)

Excelは、主に表の作成や計算を行うためのソフトです。複雑な計算も自動で行えるため、多くの企業で使われています。また、業務の予定表などを作成することも可能です。

Excelの試験では、関数を使用したり、セルのデータ管理などを行ったりします。試験勉強を進めることで、基本的な関数の使い方やセルの書式設定の操作などを理解できるようになります。

パワーポイント(PowerPoint )

PowerPointは、プレゼンテーション資料や企画書をつくるためのソフトです。写真やグラフ、文字などを目的に合わせて自由に配置できます。また、アニメーションやスライドショーで動きをつけることも可能です。

試験では、実際にプレゼンテーション資料を作成したりします。PowerPointの試験勉強を進めることで、パンフレット作成や資料作成に役立てられます。

アクセス(Access)

Accessは、データを保存・管理するためのソフトです。膨大なデータを取り扱うため、他のソフトに比べて難易度が高いのが特徴です。試験では、データベースの作成や管理を行います。Accessの試勉強験を進めることで、データを管理するスキルが身につけられます。

アウトルック(Outlook)

Outlookは、マイクロソフト社が提供するメール・情報管理ソフトのことです。試験では、メッセージを作成したり、スケジュールの管理を行ったりします。Outlookの試験勉強を進めることで、業務管理をスムーズに行えるスキルが身につきます。

取得すると役立つソフトの資格は?

文書や報告書の作成に必須のWordと、数字を扱うあらゆる業種で欠かせないExcelは、ビジネスの定番。多くの企業で評価されます。

MOSのなかでも、オフィスで特に役立つのがWordとExcelです。WordとExcelはさまざまな職種で利用するため、資格を取得しておくと求職時の選択肢が増えるでしょう。WordとExcelのほかにも、Accessの試験も選択肢として挙げられます。Accessは専門性が高く、難易度も高いため、取得しておくとアピールの材料にできます。

試験には幾つかバージョンがありますが、最新バージョンの資格を取ることをおすすめします。最新バージョンの勉強をしておけば、オフィスでソフトが更新されたときにも対応できるからです。試験を受ける際は必ずバージョンの確認をしましょう。

MOSが就職に有利な理由

PCはできて当たり前な昨今、多くの企業が重視するのは、どれだけ使いこなせるか。MOSはPCスキルを客観的に証明するから就職の強みに!

MOSはなぜ就職に有利なのでしょうか。ここでは、就職に有利な理由を具体的に解説します。

パソコンはできて当たり前

インターネットが発達した現代では、ビジネスシーンにおいてパソコンスキルがあることは必須です。そもそもパソコンスキルがないと、できない仕事もたくさんあります。MOSを持っていることでパソコンスキルを証明できるので、就職する際の強みになります。

若年層にはパソコンが使えない人が多い

スマートフォンの普及により、メールや検索をすべてスマートフォンで済ませる若い人が増えています。そのため、パソコンを使用する機会がなく、使いこなせない人が増えています。そのなかでMOSを持っていると、他の求職者と差をつけることができます。

企業は応募者のパソコンスキルのレベルが知りたい

企業としては適切な採用を行うためにも、応募者のパソコンスキルのレベルが具体的にどのくらいあるのかを把握する必要があります。MOSを持っていると、企業は応募者のパソコンスキルのレベルを客観的に判断することができます。

MOSを持っていると就職・転職でアピールできる

就職や転職では、自己アピールが求められることが多いです。その際、アピールポイントがないと、ほかの応募者と差がつけられません。MOSは業務に直結するスキルを証明できる資格なので、面接でも十分、アピールすることが可能です。

MOSを持っていると役に立つ職種

MOSはWordやExcelを使うすべての職種で役立つ!事務全般、営業職のほか、アパレル関係や法律事務所などでも。

MOSを持っていると、事務職以外にも、アパレル関係や法律事務所など、さまざまな職種で役立てられます。
ここでは、持っておくと有利な職種を紹介します。

総務・経理などの事務職、営業職

事務職においては、何においてもパソコンスキルが求められます。総務や経理などは表計算や資料作成などを頻繁に行うため、WordやExcelを使用できるスキルは必須です。また、営業職では顧客や取引先に対してプレゼンテーションを行う機会が多いため、PowerPointも使います。MOSは幅広い職種で役立ちます。

アパレル関係

アパレル関係でも、店舗の売上管理や報告書などの作成でオフィスソフトを使用する機会が多いです。実際に、アパレルの求人には、WordやExcelの操作スキルが応募条件として記載されていることが多くあります。

法律事務所、税理士事務所

法律事務所や税理士事務所で作成する書類は、基本的にパソコンで作成します。パソコンスキルがないと書類作成に時間がかかってしまうため、MOSで求められているレベルは必須といえます。幅広い操作方法を知っておくと便利です。

まとめ

MOSを持っていると、さまざまな職種、業務で役立ちます。MOSの試験は実技試験になるため、ソフトの操作方法をしっかり勉強し、理解しておくことが大切です。

ユーキャンの「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座」は、実際の操作をイメージしながら学習を進めることができます。また、学習を進めるなかで不明点などがあれば、メールで講師に質問することができるため安心です。これからMOSの試験を受ける人は、ぜひ受講をご検討ください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、PCスキルを証明する資格です。MOS資格の難易度は、「一般レベル」と「上級レベル(エキスパート)」に分かれています。一般レベルは、普段よく利用される基本的な機能が中心です。難易度は一般レベルのため、初心者でも合格を目指せます。上級レベルは、組織としての文書管理やデータ集計、グループワークを意識した機能や管理を目的とした機能など、ワンランク上の生産性の高い機能が中心です。難易度は一般レベルに比べて高く、より効率的なアプリケーションの使用を目指すレベルとなります。

TOP