• 公開日:2020/06/24

MOS資格の取得を目指して独学で試験勉強をすすめているものの、独学のままで取得が可能なのか不安を感じている人もいるかもしれません。独学で資格を取得するには、出題範囲や学習ポイントなどを上手に押さえておくことが大切です。

この記事では、MOS資格の独学での学習方法や、独学以外の勉強方法なども紹介します。ぜひ役立ててください。

MOS資格は独学で取得可能?

独学でも、スペシャリストのレベルなら比較的取得しやすい!確実な合格には出題範囲と学習ポイントを押さえた対策を!

MOSの資格は、基礎的なことをしっかりと勉強して出題傾向などを把握しておけば、独学での取得も可能な資格です。特に、難易度が比較的低いスペシャリストレベルであれば、独学でも比較的取得しやすいといえます。

それでも、確実に合格するには、出題範囲や学習のポイントなどもきちんと押さえておく必要があります。独学では難しい場合は、通信講座なども上手に活用するといいでしょう。

MOS資格とは?

MOS資格とは、マイクロソフト社製の世界的ソフトウェア、マイクロソフトオフィス製品の使用スキルを測る資格です。正式名称を「マイクロソフトオフィススペシャリスト資格」といいます。

マイクロソフト社が正式に認定している資格で、世界中で信頼される国際資格の一つです。試験は実際にパソコンを使用して行われるため、WordやExcelのほか、PowerPoint、Outlook、Accessのスキルを実践的にチェックされます。

MOS資格の合格率とは?

MOS資格の合格率は公表されていませんが、合格率は約70~80%といわれています。レベル別に見ると、初心者向けであるスペシャリストは約80%、より難しいとされるエキスパートは約60%が目安です。

ひっかけ問題などもなく、合格率は高めですが、試験の難易度が低いというわけではありません。受験料が高いため、準備をしっかりしてから受ける人が多いからです。

独学でのMOS資格!取得までの期間とは?

独学で取得までの期間の目安は、初学者なら毎日2~3時間ほどの学習時間で1ヵ月程度です。

資格取得までの期間は、パソコンに慣れている人なら2週間程度が目安です。一方、パソコン初心者の場合は1~2カ月、場合によっては1年程度かかる場合もあります。

まずは、パソコンに慣れることから始めて、それから操作方法をしっかり学んでいきましょう。勉強時間や学習方法によっても、取得までの期間に差が出ます。

1日に必要な勉強時間の目安とは?

MOS資格を取得するために必要な1日の勉強時間は、初心者がスペシャリストを目指す場合は1日2~3時間程度が目安です。毎日続ければ1カ月程度で取得できるでしょう。パソコンに慣れている人がエキスパートを狙うなら、2週間程度の勉強が必要です。操作方法を覚えるには暗記も必要なので、集中して学習に取り組みましょう。

MOS資格学習!独学のメリット・デメリットとは?

独学のデメリットをカバーするには、早い段階で自分にあった効率的な学習方法を見つけること!

独学にはメリットとデメリットがあります。MOS資格を取得する上でどちらが自分に合っているのか、しっかり検討しましょう。

メリット

学習にかかる費用をできるだけ安く済ませられるのが、独学のメリットです。基礎知識がある人なら、参考書が1冊あればそれだけで済んでしまう場合もあります。専門学校やパソコンスクールのように、毎月の授業料、交通費なども発生しません。

自分のペースで勉強を進められることもメリットです。仕事や家事、学校の授業などで忙しい人には、勉強しやすい方法といえます。自分の空いている時間を利用して、スケジュールを組むことができます。

デメリット

独学の場合、一人で勉強を進めていくため、モチベーションを維持するのが大変です。ほかのことで忙しくなると、勉強の優先順位が下がってしまい、なかなか勉強に取り組めなくなってしまうこともあるでしょう。

自分でスケジュールを組み立てたり、わからないところも自分で調べたりしなければならず、労力がかかります。自分にあった効率的な勉強の方法を早い段階で見つけないと、モチベーションを維持できず、悪循環に陥ってしまうこともあります。

MOS資格を独学で!学習スケジュールの立て方とは?

独学の場合、学習スケジュールは短期集中型がおすすめ!予め、ゴールとなる合格目標の受験日を設定しましょう。

もっとも大切なのは、ゴールを決めることです。受験日を決めて、受験日から逆算して学習スケジュールを立てていくといいでしょう。

資格の取得までモチベーションを維持するためには、可能な限り短期集中で勉強を進めることが大切です。長い時間をかけて効率が悪くなってしまうくらいなら、試験日から逆算したうえで少し余裕がないくらいのスケジュール感で挑戦してみるのも一案です。

初心者の場合は勉強期間が長くなるため、勉強を進めていく過程で模擬試験を受けてみるのもおすすめです。ある程度のスキルが身についてきたら、早めに試験に申し込んでおきます。模擬試験に向けてモチベーションも維持しやすくなるでしょう。

MOS資格の独学での勉強方法とは?

参考書選びは、売れ筋より、自分にあっているかどうかがポイント!理解しやすく読み進めやすいものを選ぼう!

基本的には、書店などでテキストや問題集などの参考書を購入して勉強を進めます。MOS試験を実施するオデッセイコミュニケーション直営の学習支援サイトもありますので活用しましょう。

ここからは、参考書の選び方など、合格に近づくためのヒントを見ていきます。

参考書の選び方とは?

大切なのは、売れている参考書であるかどうかではなく、自身に合ったものかどうかです。自身に合ったものであれば、理解がしやすく、高いモチベーションをキープしたまま受験に臨めるでしょう。

内容を理解できるまで反復する必要もあるので、抵抗なく読み進められるものを選ぶことも重要です。特に初心者の場合は、パソコンの画面をそのまま掲載しているものや専門用語の解説入りのものを選ぶと、実際の作業をイメージしやすくなるでしょう。

MOS資格の参考書の共通点とは?

MOS資格の参考書としては、FOM出版と日経BPのものが有名です。これらの参考書には、実際の試験と類似の問題が多く掲載されているという共通点があります。

FOM出版の参考書は、試験との類似度がより高く、リアルな問題が多いのが特徴です。日経BPの参考書は、問題数が多いため、本番前にたくさん問題をこなしたい人に向いています。それぞれの特徴を知って、自分の好みに合った参考書を選びましょう。

参考書での独学!成功ポイントは?

まずは、参考書をひと通り読みましょう。実際にパソコンを操作しながら、基本的な知識を増やしていきます。練習問題でわからなかったところに印を付けて、あとで復習できるようにしておくことが大切です。次に、読み直して理解できなかった部分を重点的に復習し、繰り返し学習していきます。

参考書の内容の理解がある程度進んだら、模擬試験に挑戦します。模擬試験でわからなかったところにも印を付けて、苦手に感じる箇所がないレベルになるまで何度も復習しましょう。

MOS資格!独学以外の学習方法とは?

独学に不安を感じたら、パソコン教室や通信教育と組み合わせて学習する方法も有効です。

独学では不安な人は、別の学習方法を検討してみましょう。ここでは、より効率的に勉強できる方法を紹介します。

スクール

パソコンの操作経験がほとんどない人や、オフィス製品を使用したことがない人は、スクールでの学習が効果的です。MOSの取得に必要な知識だけでなく、パソコンの基本操作や基礎知識などを一から学べます。全くの初心者から大幅なスキルアップを果たすことも可能です。


●メリット

講師がそばにいるので、わからない点や難しい問題があっても、すぐに解決できることが独学の勉強方法にはないメリットです。サポート体制も整っているので、合格までの道のりはそれほど遠くありません。ほかの受講生と一緒に勉強することで刺激になったり、自身のレベルを把握したりしながら勉強を進められます。


●デメリット

スクールに通うには、まとまった費用を用意しなければなりません。限られた時間内で決められた場所に通わなければならないので、時間的に制限されてしまうこともデメリットです。スケジュール調整が難しいため、普段の生活が忙しいと休みがちになり、途中で挫折するリスクもあります。

通信講座

パソコンの簡単な操作ができて、自宅のパソコンにオフィス製品がインストールされているのであれば、通信講座で勉強を進めることが有効です。独学とは違い、サポート体制が整っているので初心者でも安心して学習が進められます。また、スクールとは違い、自分の好きな時に勉強できるので、忙しい人でも学習時間を確保しやすいでしょう。


●メリット

自分のペースで学習を進められ、サポートも受けられる点が通信講座特有のメリットです。仕事や家事、学校の授業の合間をぬって効率的に勉強を進められるでしょう。スクールほど高い費用も発生しません。もちろん独学よりはお金がかかりますが、教材やサポートの充実度を考えると費用対効果は高いといえます。

まとめ

MOSの資格は、独学でも取得可能です。しかし、合格するにはモチベーションを高く維持し続けながら、効率よく勉強しなければなりません。

ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)講座であれば、わかりやすいテキストで効率的に勉強を進められます。図解による操作方法など、理解しやすいのが特徴です。テキストでわからないところは、講師へメールで質問できます。最短1ヶ月でMOS試験合格も可能です。無料で資料請求もできるので、ぜひ検討してみてください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、PCスキルを証明する資格です。MOS資格の難易度は、「一般レベル」と「上級レベル(エキスパート)」に分かれています。一般レベルは、普段よく利用される基本的な機能が中心です。難易度は一般レベルのため、初心者でも合格を目指せます。上級レベルは、組織としての文書管理やデータ集計、グループワークを意識した機能や管理を目的とした機能など、ワンランク上の生産性の高い機能が中心です。難易度は一般レベルに比べて高く、より効率的なアプリケーションの使用を目指すレベルとなります。

TOP