• 公開日:2020/04/17

ファイナンシャルプランナー資格は、どうすれば取得できるのでしょうか?
試験日程は? 難易度や試験範囲は? 受検前に知っておきたい試験のことをご紹介しましょう。

試験はいつ行われているの? 誰でも受検できるの?

ファイナンシャルプランナーの資格試験は年3回実施されています。

これは、国家資格である2級FP技能士と、民間資格であるAFPのどちらを取得する場合でも同じです。

なお、2級FP技能検定はAFPの試験を兼ねていますので、2級FP技能検定に合格すれば日本FP協会へ登録するだけでAFPの資格も取得できます。

2級FP技能検定には受検資格があります。

以下のいずれかに該当していれば受検できます。

1.日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
2.3級FP技能検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
3.FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者

つまり1にあるように、認定された講座を修了すれば、保有資格や実務経験にかかわらず、誰でも受検することができるのです。

試験内容は?

試験は学科試験と実技試験からなります。
学科試験は4択式のマークシート方式、実技試験は記述式です。

実技試験の記述式には、択一、語群選択、空欄記入の各形式を含みます。 学科試験、実技試験とも正答率6割で合格できます。試験範囲は以下の通りです。


●学科試験

ファイナンシャル・プランニングに関する下記の分野から出題されます。

・ライフプランニングと資金計画
・金融資産運用
・タックスプランニング
・リスク管理
・不動産
・相続・事業承継


●実技試験

ファイナンシャル・プランニングの相談業務に必要な下記の項目について、各科目における図表等の読み取り、諸計算、提案書作成技術、係数表の利用、事例に沿った分析・提案などの技能を審査します。

1.関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
2.ファイナンシャル・プランニングのプロセス
3.顧客のファイナンス状況の分析と評価
4.プランの検討・作成と提示

学科試験、実技試験ともに、計算機(電卓)を持ち込むことができます。計算問題では計算機を使って解答することができるので、計算が苦手な方でも安心です。

受検の手続は試験日の約2ヵ月前から、郵送またはインターネットで行えます。また合否は試験日から約1ヵ月半後に発表され、インターネットから照会することができます。

試験に関する詳細は、実施団体である一般社団法人 金融財政事情研究会か、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のウェブサイトから確認できます。受検前には詳しい日程を確認しておきましょう。

学科のみ、実技のみの受検は可能?

学科試験と実技試験を同時でも別々でも受検することが可能です。

ファイナンシャルプランナー資格の特徴のひとつが、学科試験と実技試験を同時でも別々でも受検できること。合否判定も個別に行われ、一部合格はその試験実施日の翌々年度末まで有効です。
学科試験、実技試験のどちらか一方に合格した場合、もう一方の試験だけに改めてチャレンジできるので、忙しい方でも計画的に合格を目指すことができます。

まとめ

ファイナンシャルプランナーの資格試験について、試験日程や試験範囲について詳しく解説しました。

2級FP技能検定には受験資格がありますが、ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座は日本FP協会の認定講座のため、講座を修了することで受験資格が得られます。
また、ユーキャンなら「2級FP技能士」と「AFP」に対応しているため、1つの試験に合格すれば2つの資格が取得できます。

効率よくユーキャンではじめてみませんか?

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ファイナンシャルプランナー(FP)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

ファイナンシャルプランナー(FP)は税金、保険、年金などの幅広い知識と視野を持ち、ライフプランの設計を行うお金の専門家。 有資格者は、金融・保険・不動産など、さまざまな業界で求められるため、就・転職が有利に!独立・開業も可能なほか、身につけた知識は日常生活でも役立ちます。
ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、受講生の9割は初学者。わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が魅力の講座です。

TOP