人と福祉サービスをつなぐ専門家

高い評価と信頼が得られる国家資格

高齢者をはじめ、身体や精神に障害がある方、日常生活を営むのが困難な方など、福祉サービスを必要とする方の相談に応じ、助言や援助をするのが、社会福祉士の役目。
専門的な知識と相談技術を持つ、いわば「福祉社会を支えるスペシャリスト」!高い評価と信頼が得られる国家資格です。

社会福祉士は、まだまだ足りない。

在宅ケアサービスや有料老人ホームの増加もあり、社会福祉士のニーズは拡大中。その一方で、有資格者はまだまだ不足しています。
社会福祉士の資格を取得すれば、介護や福祉の仕事に携わっている方のキャリアアップにはもちろん、福祉大学や養成施設で勉強中の方の就・転職にも大いに役立ちます。

行政機関から民間企業まで、幅広く活躍。

社会福祉士の活躍の場は多彩!様々な社会問題が広がる昨今、活躍の幅が広がっています。

相談支援がメイン。人生経験が活かせる仕事です。

困っている人の相談を聞き、内容に応じたサービス、制度の提示、自立に向けた援助などを行います。
相談者との会話で人生経験が活かされることも。
相手の気持ちに寄り添い、信頼関係を築くことが重要な仕事です。

ユーキャンでは、30代や40代から社会福祉士を目指して学習する方が多く、当講座では約22%(※)が50代でチャレンジされています。

  • 2019年内に当講座の受講を開始した方の数値です。

よくある質問

まったく初めての学習なんですが、大丈夫でしょうか?

ご安心ください!ユーキャンの社会福祉士講座は、まったく初めての方でもスムーズに学べるよう、質問・添削などのサポートを充実。テキストはイラストや図表を豊富に使い、専門用語もわかりやすく解説しています。

受験資格はありますか?

はい、社会福祉士試験を受験するためには、所定の受験資格が必要です。受験資格を満たしていない場合には、受験することができません。
受験資格を満たしていれば、キャリアアップにつながる大きなチャンス!資格を取得して、これまでのキャリアを活かしてみませんか?

マトを絞った教材で、効率よく合格を目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

福祉福祉サービスの専門家として、老人ホームや在宅ケアなどの分野で活躍したい方におすすめの資格が「社会福祉士」。社会福祉士の仕事は社会福祉援助(ソーシャルワーク)と呼ばれ、①障害や病気などの理由により福祉サービスを必要とする人々からの相談を受け、②他の福祉サービスの提供者・医療機関と連携し、③相談者の自立に向け、専門的な知識と技術で的確な助言や指導、その他の援助を行います。

社会福祉士の仕事である「社会福祉援助」
ユーキャンの「社会福祉士」講座では、幅広い試験範囲から対策ポイントをしっかり押さえたテキストで、効率よく学習を進められます。初歩から丁寧に解説していますので、初めて学ぶ方も安心です。

TOP