社会福祉に関する、広い知識が問われる試験。

19科目から出題。効率よく学習を。

社会福祉士試験では、人体の構造や心理学、社会保障など19科目から出題されます。学習範囲が広いため、出題傾向を的確につかみ、効率のよく学習していくことが大切です。

60%以上の得点でOK!

合格基準は「60%程度(試験の難易度による補正あり)の得点」と「すべての科目で得点がある」こと。合格ライン60%の突破に狙いを定めた学習が、合格のカギになります!
試験は筆記試験のみで、全ての問題が解答しやすいマークシート方式。初めての方でも、十分に合格が狙えます。

試験範囲が広く、大学の勉強だけでは…
(30代・男性)

社会福祉士の国家試験は受験科目の範囲がとても広く、いろいろなところから出題されます。大学の科目を勉強して単位を取るだけでは試験合格のテクニックが身につかないので、受験対策に特化した勉強をしたほうがいい、ということを先輩からも聞いていました。
それで、ユーキャンの『社会福祉士合格指導講座』に申し込んだんです。

CHECK!

受験資格をご確認ください

社会福祉士の国家試験には、受験資格があります。次の(1)(2)のうち、いずれかに該当すれば受験可能です。

  • 学歴・実務経験に細かい規定がありますので、受験資格などについては必ずご自分で公益財団法人社会福祉振興・試験センター にご確認の上、お申込みください。
  • 精神保健福祉士の資格をお持ちの方は、受験申込時の申請により精神保健福祉士国家試験との共通科目が免除されます。

(1)大学等で「指定科目」を履修した方

・福祉系の4年制大学で指定科目を履修し、卒業(見込みを含む)した方
・福祉系の短期大学、専修学校で指定科目を履修、卒業し、指定施設で2年以上の実務経験(見込みを含む)を積んだ方(3年制の短期大学の場合、実務経験は1年以上で可)

(2)社会福祉士「一般養成施設・短期養成施設」を卒業した方

・一般の4年生大学を卒業後、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方
・一般の短期大学を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方(3年制の短期大学の場合、実務経験は1年以上で可)
・指定施設で4年以上の実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方
・福祉系の大学・短大・専修学校で基礎科目を履修し、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方 ただし短大・専修学校卒業生は指定施設で一定の年限実務経験が必要
・社会福祉主事養成機関を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方
・児童福祉司や身体障害者福祉司として4年以上実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方

  • 当講座は「養成施設」ではありません。
試験データ
試験時期 年1回 2月(2018年試験より)
合格発表は3月中旬です
願書受付 例年9月上旬~10月上旬まで
(願書「受験の手引」配布は8月上旬から)
受験資格 次のうちいずれかに該当すれば受験できます。

1)大学等で「指定科目」を履修した方
2)社会福祉士「一般養成施設・短期養成施設」を卒業した方
(※当講座は「養成施設」ではありません)
  • 学歴・実務経験に細かい規定がありますので、受験資格などについては必ずご自分で公益財団法人社会福祉振興・試験センター にご確認の上、お申込みください。
  • 精神保健福祉士の資格をお持ちの方は、受験申込時の申請により精神保健福祉士国家試験との共通科目が免除されます。
試験形式 マークシート形式(5択)
出題数150問、総試験時間240分
合格基準 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上を得点し、なおかつ各科目すべてにおいて得点のあること。
受験者数・合格率 H28年度
受験者数:45,849人
合格者数:11,828人
合格率:25.8%
受験料 15,440円
  • 精神保健福祉士と同時受験者の受験料は28,140円(社会13,980円+精神14,160円)、科目免除者の受験料は13,020円です。

よくある質問

資格の有効期限はありますか?

ありません。一度取得すれば、生涯有効な資格です。
ただし、氏名や住所などを試験センターに申請し、社会福祉登録簿に登録しなければ「社会福祉士」の名称を使用することはできませんので、合格したらすぐに登録申請されることをおすすめします。

学習開始の時期はいつがいいの?

思い立ったときが始めどきです!ユーキャンの社会福祉士講座では、1年中いつでも学習を開始できるよう、あなたの受講開始時期に合わせたスケジュールを作成してお届け。そちらを参考に学習していただければ、お忙しい方、初めての方でもムリなく合格が目指せます。

マトを絞った教材で、効率よく合格を目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

福祉サービスの専門家として、老人ホームや在宅ケアなどの分野で活躍したい方におすすめの資格が「社会福祉士」。高齢者やハンディキャップを持つ方、または環境上の理由などから福祉サービスを必要とする人々の相談を受け、的確な助言、指導その他の援助を行う専門職です。福祉社会を支える専門職として高い評価と信頼が得られ、生活指導員・相談員・ケースワーカー・ソーシャルワーカーなど、さまざまな形で活躍できます。
介護や福祉の仕事に携わっている方のキャリアアップはもちろん、福祉分野の職種で就職・転職を考えている方や、福祉大学や養成施設で勉強中の学生の方にとっても、就職・転職の強い武器になります。
ユーキャンの「社会福祉士」講座では、幅広い試験範囲から対策ポイントをしっかり押さえたテキストをご用意していますので、多忙な方でも効率よく学習を進められます。また専門用語も初歩から丁寧に解説していますので、初めて学ぶ方も安心です。

TOP