• 公開日:2020/06/09

医療や福祉などさまざまな現場で活躍の場が広がっている社会福祉士は、年代を問わず注目されている職業です。社会福祉士になるためには、社会福祉士の国家試験に合格する必要がありますが、その前に受験資格を得なければ試験を受けることができません。

この記事では、受験資格を得る12通りの方法を中心に、社会福祉士になる方法を詳しく説明します。資格取得を目指す際に、参考にしてください。

社会福祉士とはどんな仕事?

社会福祉士は「ソーシャルワーカー」とも呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。主な仕事の内容は、身体や精神、経済面などにハンディキャップがある人からの相談に対応し、より充実した生活を送れるよう支援することです。

同じ国家資格でも、医師や看護師、弁護士などのような業務独占資格(資格を持っていなければできない仕事)ではなく、資格を持つことで「社会福祉士」の名称を使用できる名称独占資格です。

実際の現場では、社会福祉士の資格を持っていない人も同様の仕事をしていますが、国家資格を持つことで、利用者から信頼を得ることができたり、就職や転職が有利になったりといった効果が期待できます。

社会福祉士になるには?

社会福祉士の試験は、毎年2月上旬頃に実施されます。実施は年1回なので、合格のチャンスを逃さぬように照準を合わせた準備が必須です。試験に合格して登録を受けると、晴れて社会福祉士を名乗れるようになります。

実施要項は、公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページ(http://www.sssc.or.jp/index.html)などで、最新のものを確認しておくといいでしょう。受験にあたっては、受験資格を満たしていることを確認する必要があります。以下で、受験資格を得る方法や試験概要等を説明します。

  • 参考:社会福祉国家試験|公益財団法人社会福祉振興・試験センター(http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/index.html)

受験資格を得る

社会福祉士試験の受験資格を得る方法は、第32回(2019年度)時点で、全部で12通りあります。詳細は後述しますが、代表的な方法は、福祉系の4年制大学・短大、短期養成施設等、一般養成施設等のいずれかを卒業(修了)することです。

どの学校や養成施設を卒業(修了)したとしても、それだけで社会福祉士の資格が得られるわけではありません。卒業(修了)はあくまでも受験資格を得る手段であり、その後は独学や通信講座、スクール等で試験本番に備え、合格を目指しましょう。

社会福祉士の試験を受ける

受験資格を取得したら、受験の準備に入ります。試験日は年1回、2月上旬ごろであり、申し込みは9月上旬~10月上旬、受験費用は15,440円です(いずれも第32回(2019年度)時点)。試験はマークシート形式で行われます。併せて精神保健福祉士も受験する場合や、共通科目免除が適用される場合は、受験費用が異なるので注意しましょう。


出題範囲について

社会福祉士試験では、以下の19科目が出題範囲として提示されています。

1)人体の構造と機能及び疾病
2)心理学理論と心理的支援
3)社会理論と社会システム
4)現代社会と福祉
5)地域福祉の理論と方法
6)福祉行財政と福祉計画
7)社会保障
8)障害者に対する支援と障害者自立支援制度
9)低所得者に対する支援と生活保護制度
10)保健医療サービス
11)権利擁護と成年後見制度
12)社会調査の基礎
13)相談援助の基盤と専門職
14)相談援助の理論と方法
15)福祉サービスの組織と経営
16)高齢者に対する支援と介護保険制
17)児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制
18)就労支援サービス
19)更生保護制度


社会福祉士としての職務は、さまざまな状況における人々の相談を受け、適切なサポートを行うことであり、そのためには幅広い知識が必要です。そのため、出題範囲も多岐にわたりますが、社会福祉士として活躍するためには必要な知識だと心得ておきましょう。


難易度について

社会福祉士試験は、60%程度の正解率が合格ラインです。合格率は30%程度で、難関試験といっても過言ではありません。

合格率が低い背景には、科目数が多いうえに出題範囲が広いため、学生や社会人の受験生には勉強時間の確保が難しいことが挙げられます。時間的に余裕を持った計画を立てると同時に、より効率的で自分に合う勉強方法を見つけることが重要です。

社会福祉士として登録申請を行う

社会福祉士試験に合格した後は、実際に社会福祉士として働くために登録申請を行います。登録手順は以下のとおりです。

1)定められた必要書類を簡易書留で、公益財団法人社会福祉振興・試験センターに提出する
2)試験センターで受理後、審査・登録簿への登録が行われる
3)登録証が交付される

提出した書類等に不備がなければ、1カ月程度で登録証が発送されます。必要書類の中には、登録免許税15,000円の収入印紙と登録手数料4,050円の振替払込受付証明書も含まれているため、不備のないよう準備することが大切です。

また、外国籍である場合や介護福祉士養成施設を卒業している場合は、必要書類が多くなる点にも注意しましょう。

社会福祉士試験の受験資格を得る方法とは?

ここからは、先に触れた社会福祉士試験の受験資格を得る12通りの方法について説明します。今から社会福祉士を目指すためにはどうすればいいのか、自分にとって最適な方法を選択するための参考にしてください。

ルート一覧

福祉系の大学・短大等での指定科目履修によって

受験資格を取得する場合

短期養成施設等での修学によって

受験資格を取得する場合

一般養成施設等での修学によって

受験資格を取得する場合

福祉系大学等(4年)で指定科目を履修・卒業する 福祉系大学等(4年)で基礎科目を履修・卒業し、短期養成施設等で6カ月以上必要な知識及び技能を修得する 一般大学等(4年)を卒業し、一般養成施設等で1年以上必要な知識及び技能を修得する
福祉系短大等(3年)で指定科目を履修・卒業し、相談援助実務を1年以上経験する 福祉系短大等(3年)で基礎科目を履修・卒業し、相談援助実務を1年以上経験し、短期養成施設等で6カ月以上必要な知識及び技能を修得する 一般短大等(3年)を卒業し、相談援助実務を1年以上経験し、一般養成施設等で1年以上必要な知識及び技能を修得する
福祉系短大等(2年)で指定科目を履修・卒業し、相談援助実務を2年以上経験する 福祉系短大等(2年)で基礎科目を履修・卒業し、相談援助実務を2年以上経験し、短期養成施設等で6カ月以上必要な知識及び技能を修得する 一般短大等(2年)を卒業し、相談援助実務を2年以上経験し、一般養成施設等で1年以上必要な知識及び技能を修得する
社会福祉主事養成機関(2年以上)を修了した後、相談援助実務(2年以上)を経験し、短期養成施設等で6カ月以上必要な知識及び技能を修得する 相談援助実務を4年以上経験し、一般養成施設等で1年以上必要な知識及び技能を修得する
指定資格の実務を経験4年以上経験し、短期養成施設等で6カ月以上必要な知識及び技能を修得する

以上が社会福祉士試験の受験資格を得る12通りの方法です。以下では、これらの方法の詳細を説明します。
  • 参考:受験資格(資格取得ルート図)|公益財団法人社会福祉振興・試験センター(http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html)


実務経験として認められる職種とは?

社会福祉士試験の受験資格において、重要なポイントとなるのが実務経験です。一部の方法を除いて、1年以上の実務経験が必要となり、実務として認められる職種が多いという特徴があります。実務経験として認められる職種として挙げられるのは、児童分野、高齢者分野、障害者分野、その他の分野、現在廃止事業の分野です。

児童分野では、保育士や児童指導員等の職種の実務経験が該当します。高齢者分野では生活相談員や支援相談員等、障害者分野では身体障害者福祉司等の実務経験が認められます。その他にも数多くの職種が該当するため、あらかじめ詳細を確認しておきましょう。

特に、これまでに社会経験がある人は、現在廃止事業の分野も確認する必要があります。社会福祉士は、40代以上の社会人が実務経験を活かして活躍できる職種である一方、過去に働いていた事業が現在は廃止されている可能性もあるためです。自分に該当する実務経験がないか、しっかりと把握しておきましょう。

  • 参考:社会福祉国家試験|公益財団法人社会福祉振興・試験センター(http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/s_11.html)

実務経験として認められない職種とは?

社会福祉分野の職種は多岐に渡り、一見実務経験として認められそうな職種でも、社会福祉士試験においては認められないケースもあります。

指導員のうち「介護等の業務を行なう指導員」である場合、児童指導員のうち「入所者の保護に直接従事する児童指導員」である場合は、実務経験として認められません。保育士のうち「入所者の保護に直接従事する保育士」である場合は、実務経験として認められません。

他にも、障害者福祉サービス経験者、包括的支援事業に係る業務を行う職員、第一号通所事業を行う施設での生活相談員、生活指導員などが実務経験として認められない職種に該当する可能性があります。「社会福祉分野の事業所で働いていた経験があるから実務経験として認められる」とは限らないので注意しましょう。

社会福祉士の資格は働きながらでも資格取得できる?

社会福祉士を目指そうと思っても、現在の仕事を辞めるのは難しいというケースは多くあります。学校や養成施設への通学が必須となれば、資格取得を断念せざるを得ないと考える人も多いでしょう。

しかし、実際には働きながらでも勉強することは可能です。大学への編入を検討している場合は、通信制という選択肢があります。また、養成施設では夜間コースなどの設定もあり、資格取得へのサポートは比較的充実しているといえるでしょう。

そうはいっても、これまでの生活スタイルを変えることなく社会福祉士の資格を取得するのは難しいのが実情です。先述のとおり、難関の試験でもあるため、勉強の効率化を図りながら、時間の使い方を検討していく必要があります。

社会福祉士の資格取得におすすめの勉強方法は?

19科目の試験科目があり、総得点の60%以上の得点が必要な社会福祉士試験は、全科目をまんべんなく勉強することが必要です。福祉分野の法改正は頻繁に行われており、古いテキストでは現状にそぐわない勉強となってしまう可能性もあるため、教材はできるだけ最新のものを使用するようにしましょう。

教材の選び方から勉強の時間配分まで、すべてを自分ひとりの力で行うのは限界があります。確実に合格するためには、最新のテキストと最適なカリキュラムで、合格までサポートしてくれる通信講座の受講をおすすめします。難関の試験を突破するための心強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

社会福祉士として活躍するためには、社会福祉士試験に合格することが大前提です。社会福祉士試験は、合格率が30%程度という難関試験で、受験資格を取得した後にも勉強が重要です。

ユーキャンの社会福祉士合格指導講座は、試験を熟知した講師陣が作成したテキストで、7カ月で合格圏へ導く無駄のないカリキュラムです。きめ細かい添削など充実の指導サポートにより、受講生の大半が仕事をしながら受講、これまでに6,000人以上を合格に導いてきました。より合格に近づく勉強を実践するためにも、ぜひ受講を検討してみてください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

社会福祉士講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

福祉福祉サービスの専門家として、老人ホームや在宅ケアなどの分野で活躍したい方におすすめの資格が「社会福祉士」。社会福祉士の仕事は社会福祉援助(ソーシャルワーク)と呼ばれ、①障害や病気などの理由により福祉サービスを必要とする人々からの相談を受け、②他の福祉サービスの提供者・医療機関と連携し、③相談者の自立に向け、専門的な知識と技術で的確な助言や指導、その他の援助を行います。

社会福祉士の仕事である「社会福祉援助」
ユーキャンの「社会福祉士」講座では、幅広い試験範囲から対策ポイントをしっかり押さえたテキストで、効率よく学習を進められます。初歩から丁寧に解説していますので、初めて学ぶ方も安心です。

TOP