イノベーション関連研修一覧

イノベーション関連

こちらのページでは、イノベーション関連研修の特長や、学習を成功させるポイントについて紹介します。

イノベーション関連研修の概要

イノベーション関連研修の対象者

  • イノベーションマインドを身につけたい方
  • 自社の強みを活かしつつ、顧客のニーズに合わせた提案をしたい方
  • 固定観念にとらわれず、ビジネスを変革したい方

イノベーション関連研修のゴール

  • イノベーションを生み出す思考法を身につける
  • イノベーション思考をビジネスの戦略にどうのせていくかを習得する
  • データ分析し、課題を見つけ改善につなげられるようになる

イノベーション関連研修のポイント

  • ワークを通じアウトプットすることで、イノベーション思考をより理解し、定着させる
  • 仮説思考を身につけることで、新規事業へのヒントが見つけられる
  • 既存のルーティンワークから脱却し、ビジネスを生み出す力を身につけられる

おすすめのイノベーション関連の研修

イノベーション関連の研修をスキル・テーマ別で紹介します。

ビジネスに変革を起こしたい

変革を起こしていくには、企業理念を核とすることが重要です。そもそも企業理念とは何か、なぜ重要かを再確認します。

リーダーシップ研修

リーダーシップ研修

リーダーの思考力を学び、自部門の課題の解決策がわかるように!

  • 想定研修時間:1.5~2日(9時間~12時間程度)
  • 受講者人数:8名~
  • 実施形態:オンラインまたは、対面(貴社、貸会議室等)

こんな方におすすめです

  • 不確実性の時代に求められる リーダーシップを学んでほしい

  • 日常の業務を超えた高い視座を 身につけてほしい

  • 管理職候補に一段上の立場に 立った思考を学んでほしい

  • 厳しい経営環境の下で、 新たな発想をしてもらいたい

お気軽にお問合わせください

カリキュラムの例

  • リーダーが果たす3つの役割

    ①決裁者、②育成者、③代表者について学ぶ

  • リーダーシップ理論の変遷

    リーダーシップ理論の変遷を簡潔に解説します。

  • 変革のリーダーたちに学ぶ

    変革を起こしたリーダーたちのエピソードからそのエッセンスを学ぶ。

仮説思考やイノベーション思考を身につけたい

現状の環境分析をすることで、新規事業につながるヒントがみつかります。新規事業開発、新販路開拓の具体的なプロセスとともに、仮説思考やイノベーション思考について学習します。

マーケティング実践研修

マーケティング実践研修

仮説思考をマスターし、イノベーション思考も身につく。

  • 想定研修時間:1日(6時間程度)
  • 受講者人数:8名~
  • 実施形態:オンラインまたは、対面(貴社、貸会議室等)

こんな方におすすめです

  • 従業員の売上に対する意識を高めたい

  • 顧客に対する意識を高めたい

  • 売上を高めることにこだわる人材を増やしたい

  • 売上アップに対する体系的な知識を学ばせたい

お気軽にお問合わせください

カリキュラムの例

  • マーケティングの基本と全体像の理解

    (1)マーケティングの概念
     セリングとの比較によるマーケティングの概念の理解
    (2)マーケティングの全体像
     アメリカ・マーケティング協会の定義にもとづくマーケティングの全体像の把握
    (3)社会志向のマーケティング
     近年の主流である社会志向のマーケティングの考え方や種類の学習

  • 環境分析の実践

    (1)環境分析のステップとポイント
     環境分析の2段階ステップで、各ステップでの留意するポイントの確認
    (2)情報収集の切り口
     情報を収集する際に押さえておきたいPESTや3Cの切り口の把握
    (3)情報分析の方法
     集めた情報を整理し方向性を導き出すためのSWOT分析、クロスSWOT分析の実践方法の理解
    (4)演習:自社や自部署の環境分析の実践

  • ターゲット・マーケティングの実践

    (1)ターゲット・マーケティングの概念
     マス・マーケティングとの比較によるターゲット・マーケティングの概念の整理
    (2)STPのステップとポイント
     代表的なターゲット顧客像の設定方法であるSTP(segmentation、targeting、positioning)の理解と実践する際のポイントの確認
    (3)コミュニケーション・ターゲット像の設定方法
     積極的に訴求したいコミュニケーション・ターゲット像の概念を把握し、独自の切り口でターゲット像を設定する方法の習得
    (4)演習:自社や自部署のコミュニケーション・ターゲット像の設定

顧客理解とソリューション営業研修

顧客理解とソリューション営業研修

漠然とした営業が確固たる提案へと変わる!

  • 想定研修時間:1日(6時間程度)
  • 受講者人数:8名~
  • 実施形態:オンラインまたは、対面(貴社、貸会議室等)

こんな方におすすめです

  • 社員の顧客への関心を高めたい

  • ソリューション提案を構築する力を養いたい

  • 営業担当者の思考力を底上げしたい

  • 顧客ニーズの変化への対応力を醸成したい

お気軽にお問合わせください

カリキュラムの例

  • 顧客について理解する

    営業と顧客ニーズとの関係の把握

    (1)マーケティングの考え方と営業の役割
     マーケティングの概念および全体像
     マーケティングにおける営業の位置づけ
    (2)ターゲット・マーケティングの考え方
     コミュニケーション・ターゲットの概念
     コミュニケーション・ターゲットの検討方法
    (5)顧客ニーズの理解
     動機の概念と種類
     ニーズの概念と構造化
     ニーズ分析のための質問法
    (6)営業スタイルと顧客ニーズの関係
     提供型スタイルと提案型スタイルの特徴
    (6)演習:コミュニケーション・ターゲット像の検討

  • 自社の商材の魅力を多角的に検討する

    商材の価値を構造化する情報構造化法の理解

    (1)MECE(ミーシィ)の考え方
     情報整理の基本となるMECEの概念
    (2)価値を構造化する方法の理解
     商材の価値を掘り下げるための4つの価値の考え方
     価値を高めるための公式
    (3)演習:自社の商材の魅力の整理

  • ソリューション提案とは何かを理解する

    ソリューションの全体構造とプロセスの学習

    (1)ソリューションの全体構造
     ソリューションに必要な要素
     ソリューションを構成する要素間の関係性
    (2)ソリューション検討のプロセス
     問題を探すための基本テップ
     原因を掘り下げるための深掘り法
     真因を特定するための帰納法
     課題を設定するための変換法
     解決策を立案するための分解法
    (3)提案の優先順位付け
     問題、解決策の優先順位を付けるためのマトリクス法

数字に強くなりたい

管理職として意思決定するための数値化技術と、人を動かすための数値化マネジメントを学び、仕事の質を高め成果へ繋げます!

管理職向け数値化マネジメント研修

管理職向け数値化マネジメント研修

新任管理職に特に必要な、数字化マネジメントのスキルを習得。

  • 想定研修時間:1日(6時間程度)
  • 受講者人数:8名~
  • 実施形態:オンラインまたは、対面(貴社、貸会議室等)

こんな方におすすめです

  • 新任管理職の方

  • 管理職としての成果を実感できていない方

  • 数字や論理思考を駆使して職場の問題解決をしたい方

  • 部下を適切に動かすコミュニケーションをしたい方

お気軽にお問合わせください

カリキュラムの例

  • オープニング なぜ数値化マネジメントなのか

    ・数値化マネジメントとは
    ・問い
    ・管理職の仕事とは

  • 管理職にとって「数字を使う」とはどういうことか

    ・数値化には2種類ある
    ・ファクトベースの基本的な仕事術(10の質問)
    ・アサンプションベースの基本的な仕事術(10の質問)

  • 「決める」ための数値化する技術

    ・重みづけ評価・オリジナル評価式
    ・価値の数値化
    ・期待値&意思決定ツリー
    ・ここまでのまとめ
    ・自分の仕事に結びつけよう

イノベーション関連研修の特長

イノベーション関連の研修の特長やポイントをご紹介します。

固定観念にとらわれない思考力が身につく

固定観念にとらわれない思考力が身につく

企業のビジネスモデルはどれほど新しいモデルであっても、時間とともに他社も類似したサービスを提供し始め、ありきたりになっていきます。一見すると収益性が高く安定したビジネスも、イノベーションが起きなければ時代の波に乗り遅れていくものです。これまでのビジネスモデルに固執し、固定観念にとらわれたままでは新しい発想が生まれることもなく、よりよいものを生み出す思考も生まれません。 イノベーション関連の研修では、既存のビジネスモデルを未完成なものと想定し、新しい視点や考え方を探究する思考力が身に付きます。

イノベーションの起こし方が学べる

イノベーションの起こし方が学べる

イノベーション研修では、過去のイノベーション事例を豊富に取り扱います。イノベーションを起こすには、ゼロベースの思考力を持つだけでなく、過去の事例から着想を得ることも重要だからです。自社の業界だけでなく、全く別の分野や異なるビジネスモデルの事例を学ぶことで、自社だけのイノベーションの起こし方を学べます。 またイノベーションを起こすだけでなく、イノベーションを起こした後のビジネスモデルの構築なども学ぶことでより、理解が深まります。過去の事例は既存の知から新しい知を見いだすヒントになるため、実践的なイノベーションの思考を持つ人材育成が可能です。

企業課題と問題への意識が高まる

企業課題と問題への意識が高まる

イノベーションから遠ざかっており、成長曲線が停滞した企業ほどさまざまな企業課題を抱えています。問題意識を持ちながらもどう解決したらよいのかわからず、課題をそのままにしてしまう社員も多くいるのではないでしょうか。イノベーション研修を受講することで、企業課題をどうやって明確化していくのかが理解でき、自社の問題に対する危機意識を高めることに役立ちます。 また、危機意識の高まりは社員ひとりひとりに当事者意識の芽生えを促し、積極的なイノベーションへの参画を後押しします。社員の意識の高まりはイノベーション創出につながり、企業の生産性向上と業務効率化にもつながっていくでしょう。

イノベーション関連研修の成功の鍵

自社のイノベーション研修を成功させるためには、どんなポイントを押さえるべきかご紹介します。

イノベーションを起こせる環境を作ること

イノベーション向け研修には、受講者のイノベーションへの意欲を高め、実践で学びを生かしたいと感じられるものも多数あります。しかし実際にイノベーションにつながる業務に携わらなければ、学びを実践で生かせず、次第にイノベーションへの意欲が低下していきます。そのためイノベーションの起こし方を学ぶだけでなく、社員がイノベーションを起こせる環境を企業側から用意すべきです。柔軟な発想力を発揮できる環境を用意することが、社員のイノベーションへの意欲を高めます。 すぐに実践の環境が用意できないとしても、受講者同士でイノベーションの意見交換を行ったり、合同イベントで異業界と交流を促進したりする方法も効果的です。停滞した環境はイノベーションを妨げる要因になるため、企業がイノベーションを支援する環境を用意しましょう。

公開研修の機会も利用すること

イノベーション関連の研修を利用する場合、社内の研修だけではなく、社外研修や公開研修の機会も利用するのがおすすめです。自社だけの研修では、他の業界の情報が入ってこないため、イノベーションにつながる発想力や刺激がなく、独創的な発想や思考が生まれません。公開研修はさまざまな人が集まるため、異業種との貴重な交流の場にもなります。例えばベンチャー企業との出会いがイノベーションにつながり、ICTやDXが促進された実例もあります。 新しい業界・企業との出会いは、新しい視点を生み出すきっかけになるため、貴重な機会を大切にすべきです。社外研修や公開研修でしか得られない交流や視点があるため、さまざまなカリキュラムを積極的に組み合わせましょう。

レベルに合ったカリキュラムを組むこと

イノベーション関連研修の最大の目的は、自社の課題を解決するとともにイノベーションを起こすことです。そしてイノベーションを生み出すには、受講者にイノベーションとは何かを深く理解してもらう必要があります。そのため受講者の知識レベル、イノベーションへの理解度に合わせてカリキュラムを選びましょう。 またイノベーション向け研修を実施する際は、社員全員を対象としてカリキュラムを組むことも重要です。イノベーションを起こすには一部の管理職が主導するだけでなく、社員もイノベーションへの意欲を高く保つ必要があるからです。研修の際は全体のレベルに合わせた内容にするか、年代や役職によってレベルを変えるかなども判断しましょう。イノベーションへの理解に合わせたカリキュラムを用意すれば、社員のイノベーションを起こす発想力を高められます。

ユーキャンのイノベーション関連研修講座の特長

ユーキャンのイノベーション関連研修の3つの特長について説明します。

  • 研修後の取り組みも支援できる

    研修後の取り組みも支援できる

    ユーキャンの集合研修・オンライン研修は研修実施だけで終わりではありません。OJT/研修担当者へのレクチャーや、フォローシート・アクションプランのご提案など、実践・定着に向けた研修後の取り組みも支援します。まずはお気軽にお問合せください。

  • eラーニングと組み合わせたご提案可能

    eラーニングと組み合わせたご提案可能

    受講者ごとの知識のばらつきをなくすため、事前にeラーニングで最低限必要な知識を動画学習しておくことで、当日の研修内容がさらに充実します。eラーニングは事前学習だけでなく、研修後の事後学習としてもご活用いただけます。

  • 変革を起こすためのマインドが身につく

    変革を起こすためのマインドが身につく

    急速に変化する社会の中で生き残るためには、時に従来のやり方やビジネスを大きく変える必要があります。会社の危機を救ったリーダー、優れた理念を示したリーダー、強力なリーダーシップで会社を大きく発展させたリーダーなど、実在するリーダーたちが何を考え、実践したかを学び、変革を起こすために何をすべきかを考えます。

よくあるご質問

  • お申込み完了後に、請求書を企業ご担当者様宛に発行・送付いたしますので、銀行振込(一括払い)にてお支払いください。
  • カリキュラム・講師のスケジュール調整等がございますので、場合によって異なりますが、最短で1~2ヵ月程度必要となります。可能な限りご要望にお応えできるよう調整いたしますので、お問合わせください。
  • ご利用の流れをご確認ください。
    ご不明点やご不安な点がございましたらお問合わせください。
  • 研修内容により適正な受講人数がございます。大人数の場合は、相談のうえ、1クラスあたりの人数を調整させていただくか、サブ講師をつける場合もございます。
  • リーダーや管理職に限らず、若手のうちからイノベーションの思考を養うことが重要です。

研修を探す

ユーキャンでは企業の様々な課題やお悩みを解決するために
目的に合わせた様々な研修・講座をご用意しております。