カギは「試験範囲の絞り込み」

合格率15~20%、攻略のポイントは3つ

宅建の合格率は例年15~20%程度。一見難しいように感じられますが、実は法律系資格のなかでは、比較的取りやすい資格だと言われています。
宅建試験は例年、出題傾向には大きな変更がありません。対策がとりやすいので、しかるべき方法できちんと準備をすれば、法律の学習が初めての方でも十分合格が狙えます!

ポイント1:合格基準の7割の正解を狙う

試験は50問で、約7割正解すれば、ほぼ合格可能!
直近5年間の受験データでもわかるように、多少の上下はあるもののおおよそ7割前後の得点が合格基準点となっています。
宅建合格のためには満点を目指す必要はなく、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が肝要です。

CHECK!

合格のための7割にフォーカスした教材

宅建合格のために必要なのは、確実に7割の問題に正解すること!
頻出頻度の低い箇所には時間をかけず、高い箇所を重点的に学習することが必要です。
ユーキャンのテキストは過去問を徹底分析し、合格に必要な7割にフォーカス!基礎テキストはたったの3冊で、市販のテキストなどと比べてかなり薄いのが特徴です。

ポイント2:過去の出題に沿って学習

宅建試験での出題を分析すると、例年、過去問と同じ知識を問う「焼き直し問題が7~8割」を占めています。焼き直しとは「まったく同じ問題が繰り返し出題される」または「同じ問題が表現を変えて繰り返し出題される」こと。
そのため、過去に出題された内容に絞って学習すれば、学習を効率化できるのです!
ただ、過去問と言っても相当な分量があり、出題可能性の高いものもあれば、低いものもあります。膨大な過去問の中から「出題される可能性が高い範囲」を適切に絞り込み、繰り返し学習し定着させることが重要です。

CHECK!

重要な過去問攻略に的を絞った専用教材

膨大な量の過去問に、独学で取り組むのは大変です。そこでユーキャンでは、過去問の中でも特に出題率の高い問題を厳選した「過去問で鍛える!実戦テキスト」をご用意。
詳しい解説やアドバイス付きなので、基本知識の定着もいっぺんにできる、一石二鳥なテキストです。

ポイント3:膨大な試験範囲の適切な絞り込み

宅建の膨大な試験範囲から出題されるのは50問だけ。たとえば「権利関係」だけでも、膨大な範囲から問題が絞られています。
学習範囲の絞り込みをせず、あるいは的外れな絞り込みをして学習してしまうと、膨大な時間がかかってしまうだけでなく、多くの得点源を逃すことに。適切な試験範囲の絞り込みと、それを定着させる学習が必要です。

CHECK!

スマホやタブレットで、いつでもどこでも学習!

従来のテキスト・教材に加えて、デジタルテキストをご用意!
テキストや問題集をあなたのお手持ちのスマホやタブレットに!
外出先や移動などのスキマ時間に学習することで、効率的に合格力アップ!

学習を全力でバックアップいたします

当講座で教えている講師陣は、なんと20名以上! 1年中宅建のことを考えている、まさに宅建のプロです。試験の傾向をしっかりつかんでいますので、頻出ポイントを押さえてムダなく学ぶことができます。わかりやすく丁寧な解説で好評を得ている講師ばかりですので、安心してお任せください!

6ヵ月でムリなく合格が目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

不動産関連の仕事に直結するエキスパート資格である宅建。不動産売買や賃貸の仲介に不可欠な国家資格です。宅建資格取得によって、物件の取引条件や手付け金、登記、不動産に関する条件など重要事項の説明や、重要事項説明書の作成・交付・押印、契約後のトラブル防止となる37条書面の記入・押印など、不動産関連の職種での重要な手続きに携わることができます。
ユーキャンの「宅地建物取引士(宅建士)」講座なら、不動産業界で働く方はもちろん、転職や独立を考える方にぴったり! テキストは驚くほどスリムな3冊のみで、専門的な法律用語をわかりやすく解説し、忙しい方でも短期間で効率的に合格力が身につきます。

TOP