ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

ファイナンシャルプランナーってどんな資格? 取るとどんな魅力があるの?

ファイナンシャルプランナーという資格の名前は有名ですが、具体的にどんなことを勉強するのでしょうか? 取るとどんなスキルや知識が身について、どんなメリットがあるのでしょうか

ファイナンシャルプランナーの魅力について詳しくご紹介します。

ファイナンシャルプランナーとはどんな資格?

「ファイナンシャルプランナー」という資格名は聞いたことがあっても、「何かお金の勉強をするらしい……。」というイメージで止まっている人も多いのではないでしょうか。
「お金」といっても、世の中で出回っているお金にはさまざまな形があります。私たちのお財布の中にあるお金から銀行の預金、株式などの投資に回されるお金、国や地方公共団体が徴収する税金、企業が融資を受ける借入金など……。

ファイナンシャルプランナーは、これらの幅広いお金のうち、以下の6つの分野を扱います。節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

自分の生活にも、キャリアにも、さらには独立の道も! FP資格の魅力は“可能性”にあり

幅広い範囲を扱うFP資格は、取得することでさまざまな可能性が広がります。たとえば、以下のように活用することができます。

自分の生活に役立てたい人

ファイナンシャルプランナーが扱う分野には、生活に密着したものがたくさんあります。

「結婚したら、保険に入った方がいいの?」
「マイホームを買うにはどの住宅ローンを選べばいいの?」
「子どもが生まれたら、教育費はいくらかかるの?」
貯蓄や投資はどのようにすればいいの?」
「年金だけで老後の暮らしは大丈夫?」

など、日々の生活から将来まで、生涯にわたって考えたいお金の疑問を解決することができます。

キャリアに役立てたい人

ファイナンシャルプランナーの知識は、ビジネスシーンでも大いに活用することができます。

特に、銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界では、業務上でFPの知識が役立つこともしばしば。すでにこれらの業界で働いている方は仕事上の強みになりますし、社内登用でのアピール材料にすることもできます。

また、これらの業界への就職・転職を希望している方なら、FP資格を持っていれば、即戦力として採用の可能性も広がります。
さらには、知識を活かして独立開業の道、という選択肢もあります。

自分の生活や人生と結びつけて勉強できる だから無理なく2級レベルまで到達!さらに上を目指すなら1級も

ファイナンシャルプランナーが扱う分野は、金融や経済、税法などと深く関わっています。これらは、世界情勢や市場の状況、法改正などに伴って常に変化しています。ですから、FPとしての知識もアップデートしていくことが大切です。

日本FP協会や各教育機関では、継続研修やセミナーを随時実施しています。定期的にブラッシュアップをすることで、より生きた知識として活用することができるでしょう。



この記事内の情報は、2013年8月23日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細