ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

ファイナンシャルプランナー資格取得に必要な受験資格とは?認定研修を受ければ実務経験は不要

ファイナンシャルプランナー資格に興味があってとりあえず勉強を始めてはみたものの、いざ受検しようとしたら受検資格がなかった!なんてことになったら、せっかくの勉強も無駄になりかねません。

ファイナンシャルプランナー資格試験の受検資格には何があるのか
受検資格はどうすれば得られるのか


資格取得までの流れを確認しておきましょう。

実務経験は不要? ファイナンシャルプランナーの受検資格とは

ファイナンシャルプランナーのうち、2級FP技能検定には受検資格があります。以下のいずれかに該当していれば受検できます。

1. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
2. 3級FP技能検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
3. FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者

2.のように、3級FP技能検定などの合格が要件になっているのをみると、初めてファイナンシャルプランナーに挑戦する人は、「先に3級に合格しなければ、いきなり2級にチャレンジすることはできないの?」と思うかもしれません。

また、3.のように「実務経験」と記載されていると、「ファイナンシャルプランナーとして実際に仕事をしたことがなければ受検できないの?」と心配になる人もいるかもしれません。


でも、心配は無用です。


1.にあるように、認定された講座を受講修了すれば、3級の資格や実務経験がなくても誰でも受検することができるのです。
例えば、通信で勉強できるファイナンシャルプランナー(FP)講座は日本FP協会の認定講座になっているものもあります。講座を修了(必要な課題を提出しクリア)することで、上記受検資格1.に該当することになるので、保有資格や実務経験がなくても試験を受けることができます。

ファイナンシャルプランナー資格取得までの流れ

このように、ファイナンシャルプランナー資格試験は、初めての人でも認定講座を利用して受検勉強を進めれば、受講修了とともに2級FP技能検定の受検資格を得ることができます。3級FP技能士に先に合格する、実務経験を積むなどの手間や時間を取らなくても、無理なく2級FP技能士を目指すことができるのです。


では、同じファイナンシャルプランナーの資格でも、AFPはどのようにすれば取得できるのでしょうか。(FP技能士とAFPの違いを詳しく見る


AFPは、「2級FP技能検定の合格」と「AFP認定研修の修了」の両方を満たしたうえで、所定の期間内に日本FP協会に登録することで取得できます。ただし、どの受検資格を使用して2級FP技能士を取得したかによって、AFP取得の流れが少し変わってくるのです。

1.「認定講座の修了」によって2級FP技能検定を受検し合格した場合、AFPの取得要件を両方満たしたことになります。つまり、FP協会へ登録するだけでAFPの資格も取得することができるのです。

一方、2.「3級FP技能士等の資格」や、3.「実務経験」を利用して2級FP技能士を取得した場合、AFP取得のためには別途AFP認定研修修了が必要になります。


以上が、ファイナンシャルプランナー資格試験と取得の流れです。
どのような方法で2級FP技能士やAFPを取得すればよいかは、ご自身の状況や希望にもよりますが、もし「3級FP技能士等の資格」や「実務経験」をお持ちでない場合は、認定講座で2級FP技能検定の学習を進めながら、受検資格も同時に取得する方法が効率的と言えるでしょう。

ファイナンシャル・プランナー資格取得の流れの例

この記事内の情報は、2013年9月20日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細