ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

ファイナンシャルプランナーは独学で合格できる? 独学を考えるときに押さえておくべき3つのポイント

独学を考えるなら、押さえておくべきポイントが3つあります。


ファイナンシャルプランナー資格試験に挑戦してみよう、と思ったとき、まず気になるのは「どうやって勉強すればいいの?」ということでしょう。
受検勉強の方法には、おもに受検対策用のテキストを購入して自分のペースで勉強する「独学」と、資格取得を目指す通信教育やスクールなどが実施する対策講座の「受講」との2つがあります。

独学でも合格できる?
それとも通信教育やスクールで受講した方がいい?


あなたに合った方法がどちらなのか。それぞれのメリットとデメリットを見ながら、検討時の3つのポイントを整理していきます。

独学で勉強をしてもFPは合格できるの?

ファイナンシャルプランナー資格試験に挑戦してみようと思うけど、「できるだけ時間や費用をかけず手軽に済ませたい」と思う方は少なくないでしょう。そこで思いつくのが独学で受検勉強をする、という方法です。

独学には、仕事などが忙しく、勉強のためにスクールに通う時間がなくても自分のペースで進められる、費用を安く抑えられる、自分の好きなテキストを選んで勉強できる、といったメリットがあります。


では、独学でファイナンシャルプランナーは合格できるのでしょうか?


独学でもある程度の対応は可能ですが、独学で勉強をする際には、注意しなければならない点もあるのです。それは「教材選びの手間」「法改正」「受検資格」の3点です。

独学のデメリットとは?

ファイナンシャルプランナー資格試験の受検対策をする際には、最新の情報を反映した教材を選ぶことと、受検資格を満たすことが重要です。独学で勉強をする場合には、自力でこれらのポイントに対応していかなければなりません。「教材選びの手間」「法改正」「受検資格」、3点のポイントについて、詳しく解説しましょう。


1.教材選びの手間

独学の場合、自分で受検対策のためのテキストや参考書を選ぶことになります。ファイナンシャルプランナー資格試験の対策には、学科試験対策用のテキスト、実技試験対策用のテキスト、過去問の解説集の3つは最低限でも揃えておきたいものです。

ただ、ファイナンシャルプランナー資格試験の対策用の書籍は、数多く販売されています。対策の種類に合わせて、それぞれ自分に合った教材を選ぶのはかなり時間がかかるでしょう。
また、1冊の教材に含まれている内容やボリュームは、教材によって異なります。受検対策として充分に対応できるものかどうかを吟味するのは、なかなか難しいことです。
自分に合わない教材を選んでしまうと、十分な対策ができないおそれもあります。


2.法改正

ファイナンシャルプランナー資格試験の問題は、税法などの改正に合わせて作成されます。法改正が行われた分野はその直後の試験で出題されやすい、という傾向もありますので、法改正の内容を正しく理解しているかどうかは、合否を左右するポイントの1つになります。

ところが、過去に販売された過去問題の解答と、現在の法律に基づいて正解となるべき解答とが異なることも珍しくありません。独学で勉強をする場合は、最新の法改正情報を自分で集めなくてはならないため、その時間と手間が必要になります。

一方で、通信教育やスクールでは、最新の情報を反映した講座作りに取り組んだり、法改正情報を都度お知らせしたりしているところも多く、法改正の情報を漏れなく得ることができるでしょう。


3.受検資格

ファイナンシャルプランナー資格試験のうち、2級FP技能士では、受検資格として3級FP技能士等の保有、2年以上の実務経験、または日本FP協会の認定講座の修了のうち、いずれかを満たすことが要件とされています。

ファイナンシャルプランナー資格試験を初めて受検するときに、2級FP技能士の取得を目指すなら、実務経験か認定講座の修了が満たされていなければ受検することができません。つまり、実務経験がない方が独学で勉強すると、試験を受けられなくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

一方で、通信教育やスクールの受検対策講座には、実務経験や保有資格がなくても受検資格の要件を満たす認定講座が多くあります。認定講座を修了すれば、受検資格を満たせます。

より手堅く合格を目指すなら、3つのポイントを気にせず学習できる講座を受講して勉強をするのがオススメ

このように、ファイナンシャルプランナー資格試験の受検対策は、独学でもある程度の対応は可能です。ただし、注意すべき点が多いのも事実です。

初めてファイナンシャルプランナー資格試験に挑戦する方や、効率的に勉強したい方、より手堅く合格を目指したい方は、独学よりも「教材選び」「法改正」「受検資格」の3つのポイントを気にせず学習に集中できる「講座の受講」を通じて勉強をするのがよいでしょう。

この記事内の情報は、2013年9月20日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細