ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

ファイナンシャルプランナー資格試験の受検申し込み手続き方法

資格試験を受検するときに、必ず行わなければいけないのが受検手続きです。限られた申し込み期間に正しい方法で出願をしなければ、せっかく勉強しても合格することはできません。

実は、ファイナンシャル・プランナー資格試験は、インターネットでも手続きをすることが可能です。

忙しい人でもきちんと出願できるよう、受検の申し込み手続き方法を確認しておきましょう。

出願方法は郵送とインターネットの2種類

個人の方がファイナンシャル・プランナー資格試験を受検するには、「受検申請」という手続きを行います。受検申請は、書面の受検申請書を郵送する方法と、インターネットで手続きをする方法の2種類があります。それぞれの申請方法は以下の通りです。


1.郵送による申請
書面の受検申請書を記入、郵送して受検の申請を行う方法です。

まず、受検申請書を取得します。受検申請書は、全国の書店や認定教育機関、試験実施団体である日本FP協会窓口で配布しています。
日本FP協会では、電話で申し込むと郵送してもらえます。またAFP認定研修を受講すると、認定教育機関で入手することもできます。
もう一つの試験実施団体である金融財政事情研究会(きんざい)では、ホームページから申請書をダウンロードできます。

受検手数料を振り込んだうえで、振込控を受検申請書に貼付して協会へ郵送します。郵便局窓口で簡易書留にて郵送しましょう。受検申請期間内の消印有効です。受検手数料を振り込んだだけでは、受検申請は完了しませんのでご注意ください。


2.インターネットによる申請
試験実施団体である日本FP協会や金融財政事情研究会のホームページにて、ウェブ経由で受検の申請を行う方法です。

申請期間中に所定の申込フォームに個人情報を入力し、受検手数料をコンビニエンスストアで支払います。支払いが確認されると、支払い完了メールが配信され、申請手続きが完了します。


忙しい人に便利なインターネット申請

インターネット申請では、インターネット上で受検手続きが完了します。申請は申請期間最終日の21時まで受け付けています。また、支払いは申請後にコンビニエンスストアで行うので、先に支払いをしてから郵送する方法に比べて、申し込みができる期間に余裕があります。

郵送での手続きが間に合わなかった場合でも、インターネットなら間に合う、ということもあります。忙しくて申請書類を郵送する手間を取りたくない、という人でも、時間や場所を問わず受検の手続きをすることができるのです。


※手続き方法は記事掲載時点のものですので、今後変更になる可能性もあります。最新の情報は必ず以下の試験実施団体までご確認ください。
・日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
・一般社団法人 金融財政事情研究会


この記事内の情報は、2013年10月25日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細