ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

子どもの教育費、一体いくら貯めておけばいい?

子どもが生まれたらどの家庭でも気になるのが教育費です。教育費は、人生の3大支出のひとつともいわれますが、一体いつまでにどのくらい貯めておけば良いのでしょうか?

そこで役立つのが、ファイナンシャルプランナーの知識です。

ライフプランニングと資金計画」の科目では、家族のライフプランを考えるうえでの教育費の考え方も学びます。ここで学んだ知識を使って、自分の子どもの教育費も計画的に準備することができるようになります。
具体的にどのようなことを学ぶのかをご紹介しましょう。

教育費は子ども1人当たり1,000万円とは限らない

子どもに必要な教育費は、よく「1人当たり1,000万円」といわれます。でも、実は全ての人が1,000万円というわけではありません。ファイナンシャルプランナー資格の「ライフプランニングと資金計画」の科目では、子どもの教育費の準備方法についても学びます。

必要な教育費の金額は、子どもの進路によって大きく幅があります。公立か私立か、大学に進学するか、専門学校に進学するか、理系か文系かなど、生まれてから社会人になるまでには何度も教育の内容を選択することになります。ここでの進路選択によって、必要な教育費が決まってきます。

オール国公立なら約750万円、オール私立なら2,000万円以上にも

文部科学省の調査(※1)によると、学校種別による平成22年度の学習費の総額は以下のようになっています。

幼稚園は公立約23万2千円、私立約53万8千円、小学校は公立約30万4千円、私立約146万5千円、中学校は公立約46万円、私立約127万9千円、高等学校(全日制、以下同じ。)は公立約39万3千円、私立約92万3千円。

つまり、幼稚園3年間でかかる学習費の平均は公立で約70万円に対して、私立なら約160万円、その差はおよそ90万円もあります。この差は子どもが大きくなるとさらに広がり、小学校6年間では公立で約180万円、私立で約880万円、中学校3年間では公立で約140万円、私立で約380万円、高校3年間では公立約120万円、私立約280万円になります。

また、大学に関する調査(※2)によると、国立大学では4年間の授業料等の合計は約240万円ですが、私立文系では平均して約390万円、私立理系では約520万円になります。卒業までに6年間かかる医歯薬系ではさらに学費がかかります。私立大学の医科系では6年間で平均約2,360万円、歯科系では約2,500万円にも上ります。大学だけでも、国立大学4年間と私立大学歯科系では約10倍以上もの差があるのです。

したがって、幼稚園から大学までの進路の選び方によって、子どもが一人前になるまでにかかる教育費の総額も大幅に変わります。幼稚園から大学まで、すべて国公立に進学した場合には約750万円ですが、すべて私立で、理系大学に進学した場合には2,000万円以上になります。子どもが生まれたらある程度の方向性を決めて、できるだけ早めに貯蓄を始めることが大切です。以下にコースごとの教育費の総額をまとめましたので、参考にしてみてください。

オール国公立コース:約750万円
(幼稚園・公立→小学校・公立→中学校・公立→高校・公立→大学・国立)

大学のみ私立文系コース:約900万円
(幼稚園・公立→小学校・公立→中学校・公立→高校・公立→大学・私立文系)

高校から私立、大学は私立文系コース:約1,060万円
(幼稚園・公立立→小学校・公立→中学校・公立→高校・私立→大学・私立文系)

中学から私立、大学は私立理系コース:約1,430万円
(幼稚園・公立→小学校・公立→中学校・私立→高校・私立→大学・私立理系)

小学校から私立、大学は私立理系コース:約2,130万円
(幼稚園・公立→小学校・私立→中学校・私立→高校・私立→大学・私立理系)

このように、子どもの教育費はまとまった資金が必要で、進路によって大きな差があります。ファイナンシャルプランナー資格で学ぶ知識を活かして、ご自身の大切なお子さんが希望する学校に進学できるよう、計画的に教育資金を貯蓄しましょう。

※1 文部科学省「平成22年度 子どもの学習費調査」
※2 文部科学省「平成22年度 国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について」
※2 文部科学省「平成22年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」

この記事内の情報は、2013年12月3日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細