ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

FP資格は数字が苦手でも大丈夫! 2級・3級は日常生活と結びつけて無理なく学べる

ファイナンシャルプランナーは「お金の専門家」というイメージが強いですよね。このため、「資格試験も難しいのでは?」、「数字に強くないとダメなのでは?」と、とまどう方も多いようです。

でも、心配はいりません! FPは、初学者でも無理なく合格を目指すことができる資格です。具体的にどんな勉強をするのか、ご紹介しましょう。

FP資格は“お金の専門家”。でも、検定試験には誰でもチャレンジできる!

「ファイナンシャルプランナー」と聞くと、「お金の専門家だから、数字に強くなきゃ合格できない」、「計算問題が難しそう」というイメージを抱く方が多いようです。

でも、心配は不要!

検定試験は私たちが日ごろから使っているお金に関わる知識がベースになるので、初めての方でも抵抗なく学習できる内容ばかりです。

学習分野は、ライフプランニングと資金計画、金融資産運用、タックスプランニング、リスク管理、不動産、相続・事業承継の6つ。一見すると難しそうな響きですが、どれも私たちの生活に密着したテーマばかりです。

まずは日常生活に密着した3級レベルから 2級ではより“自分事“として勉強できる

FP技能士の基礎的なレベルである3級では、6つの分野について基本的な知識を確認します。

「人生ではどんなイベントがある?」
「健康保険制度のしくみはどうなっている?」
「介護保険は何歳から加入する?」
「公的年金はいつから受け取れる?」
「住宅ローンの金利にはどんな種類がある?」

など、日常生活でも話題に上る内容がメインです。


こうしたテーマについて、「じゃあ自分だったらどうなる?」と踏み込んで考えるために必要な知識や、計算のスキルが問われるのが、2級レベルです。3級に比べて、より“自分事“として考えながら取り組める問題が増えるので、誰でも自然と楽しみながら学習を進められます。

自分の生活や人生と結びつけて勉強できる だから無理なく2級レベルまで到達!さらに上を目指すなら1級も

2級FP技能士の試験では、人生のイベントをまとめたライフイベント表や、お金の流れを確認するキャッシュフロー表の作成、住宅ローンの選び方や返済方法、金融商品の運用方法や利回り、生命保険を受け取るときにかかる税金などに関する知識も問われます。

なかには計算問題が出てくることもありますが、極端に難しい計算はしなくても解答できます。また、どれも「もしも自分だったら……?」と考えながら解くので、数学の問題よりもずっと抵抗なく勉強できます。

もしもFP資格の勉強が面白くなってきたら、実務経験を積めばさらに1級までチャレンジすることも可能。試験の難易度はアップしますが、合格すればFPとして仕事ができるほどのエキスパートレベルになれます。

この記事内の情報は、2013年8月23日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細