• 公開日:2020/10/27

危険物取扱者試験とは、危険物を扱う際に必要な資格取得のための試験のことです。危険物取扱者の資格があれば、さまざまな仕事で役に立ちます。

この記事では、危険物取扱者試験を受験しようと考えている人に向けて、試験の種類や合格率、資格取得でできる仕事などについて解説します。キャリアプランに活かしたい人は、ぜひ参考にしてください。

危険物取扱者試験とは?

危険物取扱者は国家資格であり、取得すれば履歴書に記載できます。危険物取扱者になると、消防法で定められている燃えやすい危険物を業務で取り扱えます。危険物に含まれるものとは、たとえばガソリンや灯油などです。

受験資格

危険物取扱者試験は、甲種・乙種・丙種の3つの区分があります。乙種と丙種については受験資格が特になく、誰でも受験可能です。甲種の試験を受験するには、以下の受験資格のうちのいずれかを満たしていなければなりません。

  • 乙種危険物取扱者免状を有すること
  • 大学等で化学に関する学科等を修めて卒業
  • 大学等で15単位以上化学に関する授業科目を修得して卒業
  • 化学に関する学科または過程の修士・博士の学位を有すること

試験科目

危険物取扱者の試験科目は、甲種・乙種・丙種のいずれにおいても3科目です。すべての試験で「危険物に関する法令」と「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」の2科目が共通していますが、出題数はそれぞれ異なります。


甲種

甲種では「危険物に関する法令」が15問、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」が20問出題されます。甲種のみで出題される「物理学及び化学」は10問です。


乙種

乙種の試験科目と問題数は、「危険物に関する法令」が15問、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」が10問です。乙種のみで出題されるのは、「基礎的な物理学及び基礎的な化学」で、出題数は10問となります。


丙種

丙種では、「危険物に関する法令」が10問、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」が10問出題されます。さらに、丙種のみの科目である「燃焼及び消火に関する基礎知識」が5問です。

受験科目の一部免除

乙種または丙種の危険物取扱者試験を受験する場合、一定の条件を満たしていれば科目が一部免除になります。免除の制度を利用すれば、よりスムーズに複数の危険物取扱者の資格取得を目指せるでしょう。


乙種

乙種は第1類~第6類の資格にわかれており、そのうちの1つでも資格を取得していれば、ほかの類を受験する際に科目が免除となります。免除になるのは「危険物に関する法令」「基礎的な物理学及び基礎的な化学」の2科目の全問です。

また、火薬類免状を有している場合も、1類と5類の受験の際に科目の一部が免除となります。乙種のいずれかの類の資格と火薬類免状の両方があれば、免除される科目はさらに多くなります。


丙種

丙種の危険物取扱者試験で科目免除を受けるには、消防団員として5年以上の実務経験が必要です。さらに、消防学校の教育訓練において基礎教育または専科教育の警防科を修了していることも求められます。条件を満たしている場合に免除されるのは、「燃焼及び消火に関する基礎知識」の全問です。

試験日程

危険物取扱者試験は都道府県ごとに開催されているため、試験日程も全国一律ではありません。詳細な試験日程は、消防試験研究センターの各道府県支部(東京都の場合は中央試験センター)が示している情報で確認しましょう。

受験の申請

危険物取扱者試験の受験申請は、書面申請または電子申請で行います。書面申請の場合は願書の提出が必要です。一方、電子申請の場合はインターネットで申し込みの手続きができます。

試験手数料

危険物取扱者試験の受験にかかる手数料は、甲種が6,600円、乙種が4,600円、丙種が3,700円です。なお、試験手数料については、非課税となっています。支払いは郵便局の窓口で行います。

危険物取扱者試験|受験の注意事項

危険物取扱者試験を受験する場合、注意しておきたいことがあります。ここでは、危険物取扱者試験の受験に関する注意事項を説明します。

提出書類や手数料に関して

危険物取扱者試験の受験申し込みのために提出した書類や手数料は、後で返してもらうことができません。また、試験科目の免除を受ける場合、既得免状の写しが必要です。添付し忘れていないか提出前にしっかり確認してください。虚偽の内容を提出した場合は受験できないため注意しましょう。

受験票の到着タイミング

受験票は、試験日の7~10日前までに郵送で届きます。万が一、受験票が届かない場合は、問い合わせをしましょう。

持参するもの

危険物取扱者試験の当日は、受験票、HBまたはBの鉛筆、消しゴムを持参してください。受験票には、受験日前6カ月以内に撮影した写真を貼り付ける必要があります。写真は正面上三分身像とし、無背景かつ無帽でなければなりません。さらに、写真の裏面には氏名、年齢、撮影年月日を記載します。なお、試験会場では電卓、定規、携帯電話などは使用禁止です。

試験の種類や日程の変更

危険物取扱者試験は定期的に開催されています。ただし、各試験の申し込み締め切りを過ぎた後で試験の種類や日程を変更することはできません。受験する試験の種類や日程を間違えないように注意して申し込みましょう。

会場に関する注意事項

試験当日は公共交通機関を利用し、受験票に記載されている集合時刻までに集合してください。試験会場周辺での路上駐車は禁止です。また、会場内では指定場所以外での喫煙は認められません。

危険物取扱者試験の合格基準

危険物取扱者試験に合格するには、各科目でそれぞれ60%以上の正答率が必要です。正答率が60%を切った科目が1科目でもあれば、不合格となります。

危険物取扱者試験の合格率・難易度

危険物取扱者試験の合格率や難易度はどの程度なのでしょうか。ここでは、それぞれの合格率と難易度を紹介します。

甲種

甲種の合格率は約39%です。物理や化学が試験科目となっており、乙種に比べて難易度は高めとなっています。甲種の難易度が高いのは、資格を取得すると危険物のすべてを扱えるようになるためです。

乙種

乙種は、さらに第1類~第6類の資格にわかれています。乙種のなかでも人気の高い第4類の合格率は、約38%です。第4類以外の合格率はほとんど同じで、60%台となっています。乙種は甲種に比べると難易度は低めですが、苦手科目があれば苦戦する可能性もあります。

丙種

丙種の合格率は約50%です。危険物取扱者試験のなかで比べると、丙種は最も難易度が低いといえます。その理由としては、物理や化学が試験科目になく、燃焼や消火についての知識を問う問題が中心となっているためです。

受験から危険物取扱者の資格取得までの流れ

危険物取扱者試験を受験すると、試験結果通知書が送られてきます。合格していても、そのままでは危険物取扱者を名乗ることはできません。受験した各道府県の消防試験研究センター支部(東京都の場合は中央試験センター)に対して免状交付申請をし、手数料を納付する必要があります。

危険物取扱者試験合格によってできること

危険物取扱者試験に合格して免状を取得すれば、さまざまなことが可能になります。ここでは、危険物取扱者試験合格によってできることを紹介します。

資格取得で活躍できる場

危険物取扱者の資格があれば、さまざまな職業や場所で活躍できます。たとえば、消防士やガソリンスタンド、工場などがあります。たくさんの危険物を扱う現場では、消防法により定められたルールに従う必要があるため、危険物取扱者が求められているのです。

資格取得後の就職・転職先

危険物取扱者の資格取得後は、消防士やガソリンスタンドのスタッフなどさまざまな仕事に就ける可能性があります。また、それ以外にも幅広い就職先があるので、以下で紹介します。


工場

危険物取扱者は、さまざまな工場で活躍できます。たとえば、燃えやすい薬品を扱う化学工場や、石油を扱う工場があげられます。大量の食用油を使用する食品工場でも危険物取扱者の資格が必要です。


研究所

危険物に指定されている薬品は多いため、研究所でも危険物取扱者の資格が必要とされる場合があります。たとえば、アセトンや硝酸などは危険物の一種です。


タンクローリーの運転手

危険物を運ぶタンクローリーの運転手にも、危険物取扱者の資格取得が求められます。具体的には、乙4の取得が必要なケースが多く、危険物取扱者は危険物取扱者免状の携帯が求められます。運転手が資格を取得していない場合、有資格者が同乗しなければなりません。

資格取得後の受講義務

危険物取扱者試験に合格して資格を取得した後も、定期的に講習を受講する義務があります。講習は都道府県ごとに開催され、受講により危険物に関する新しい知識や技能を得られます。

初めて危険物取扱者試験に挑戦する場合には?

初めて危険物取扱者試験を受ける場合、どの資格から受験すればいいのでしょうか。ここでは、試験に挑戦する場合に押さえておきたいことを紹介します。

挑戦しやすくメリットが多い「乙4」

初めて危険物取扱者試験に挑戦するなら、乙4を選ぶといいでしょう。乙4とは、危険物取扱者乙種第4類のことです。なぜなら、仕事での需要も高く、資格を実務に活かしやすいからです。多くの人が受験するため、参考書の種類も豊富で自分に合うものを探しやすいでしょう。

「乙4」の合格率

乙4は、乙種第1類~第6類のなかで最も合格率が低いです。しかし、これは試験内容が難しいからというよりも、初めて受験する人が多く、なかには十分な学習をせずに試験に挑む人も一定数いるからだと推測できます。

「乙4」の試験対策

乙4は参考書がたくさん出版されているので、独学でも学習できます。ただし、独学でわからない部分があると、学習が進まなくなることもあるでしょう。そのため、自身のペースで学習しながら疑問点をしっかり質問できる通信講座を選んだほうが効果的です。

ユーキャンの危険物取扱者合格指導講座なら、いつでも質問できるシステムがあるので着実に合格を目指せます。


丙種から目指したほうがいい場合

化学系の資格の学習が初めてであれば丙種から受験するのも一つの手です。ガソリンのタンクローリー運転手や灯油の配達・移動販売などを行うなら、丙種でも対応できます。ただし、甲種の取得を目指したり工場へ就職したりしたいなら、丙種だけでなく乙種も受験したほうがいいでしょう。

危険物取扱者試験の学習|押さえておきたいポイント

危険物取扱者試験の学習では、押さえておきたいポイントがあります。ここでは、そのポイントについて具体的に説明します。

3科目をまんべんなく学習する

危険物取扱者試験に合格するには、3科目すべてをまんべんなく学習する必要があります。なぜなら、3科目すべてで60%以上の問題に正答しなければならないからです。各科目に共通する部分も少なからずあるので、関連付けて覚えるといいでしょう。

「質問できる」学習方法を見つける

危険物取扱者試験で出題される科目について着実に理解するには、わからない部分について質問できる学習方法を選ぶことが効果的です。独学では、わからないポイントについて質問することはできません。

ユーキャンの危険物取扱者合格指導講座なら、マイペースに学習を進められつつ、わからない部分があればそのたびに質問できます。効率的な学習のために、質問できる環境をあらかじめ確保しておきましょう。


まとめ

危険物取扱者試験に合格するには、科目ごとにしっかり学習することが大切です。すべての科目で60%以上に正答するには短期集中型の学習ではなく、時間をかけてコツコツ学習する必要する必要があるでしょう。

ユーキャンの危険物取扱者合格指導講座では、いつでも質問できる体制に加え、添削課題も充実しています。本番の国家試験を意識した2回分の予想問題にもチャレンジできるので、徹底的な学習ができるでしょう。効果的な学習方法を選び、着実に試験合格を目指してください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

危険物取扱者講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

TOP