• 公開日:2020/04/17

人と接する機会が多く、薬に関する知識も自然と身につく調剤薬局事務は、人気の仕事のひとつです。しかしその分、「大変なことも多い仕事なのでは?」と思う人も多いでしょう。

この記事では、調剤薬局事務の仕事内容や平均年収、大変な面、無資格・未経験での就職や転職について解説します。メリットや仕事への適性も紹介するので、調剤薬局事務に興味を持っている人や資格取得を考えている人は、ぜひお役立てください。

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務は決して難しい仕事ではないのですが、業務は多岐にわたります。ここでは、具体的な主な仕事内容を紹介します。

患者の受付や電話対応

受付では患者への対応を行います。来局した患者から処方箋や保険証、お薬手帳を受け取ります。このとき、保険証の情報を確認したり、処方箋の有効期限を確認したりします。薬局には電話での問い合わせもあるなど、対面だけの対応に限りません。薬局の顔として、明るくはきはきした対応が求められます。

レセコンへの入力業務

レセプト(調剤報酬明細書)を作成するためにレセコン(レセプトコンピューター)へ処方箋の内容を入力します。同じ薬でもさまざまな規格があるため、正確に入力することが必要です。

現在では、処方箋に付いているバーコードを読み取るだけでいい場合もあります。そのため、最終確認は必須ですが、以前よりも効率的に作業できるようになりました。

調剤報酬の請求

患者は保険証を提示することで、薬の費用負担を1~3割に抑えられます。一方、残りの費用を負担するのは、保険証を交付する健康保険組合や市区町村などです。調剤薬局事務は作成したレセプトをもとに、健康保険組合などに残りの費用を請求します。レセプトの作成には、保険や調剤報酬についての専門的な知識が必要です。

会計業務

薬代の患者負担額を計算し、患者へ請求する業務です。受付でお金を受け取り、領収書を発行します。薬代はレセコンへの入力時に自動計算されるため、作業としてはそこまで難しくはありません。ここでは現金の受け渡しミスに気を付ける必要があります。

薬剤師のサポート

場合によっては、薬剤師の仕事を補助することもあります。たとえば、患者へ薬を宅配したり、薬剤師の指導のもとで薬の調剤の補助を行ったりするケースもあります。薬局は医薬品を扱う場所なので、清潔感を保つことも必要です。そのため、倉庫の片づけや局内の清掃を任されることもあります。

医薬品の発注・点検・入庫

消費した医薬品を発注するのも、調剤薬局事務の仕事です。頻度は少なく、対応することは稀です。届いた医薬品は注文した内容と合致しているかを点検した上で、最終的に薬品庫などへ入庫します。また、送られてきた伝票の整理も行わなければなりません。発注状況によっては、1日に何度も納品や点検、入庫作業を行うこともあります。

調剤薬局事務の平均年収

調剤薬局事務の全国的な平均年収は300万円前後です。月収でみると18万円前後となっています。ただし、平均年収は地域によって違いがあります。たとえば、北海道での平均年収が270万円程度であるのに対して、大阪では360万円程度、東京では420万円程度です。また、一部の年齢層を除き、年齢が上がるにつれて平均額も上昇する傾向にあります。

  • 参考:調剤薬局事務の年収について詳しく解説!|平均年収.JP(https://heikinnenshu.jp/iryou/chozaijimu.html)

無資格・未経験でも就職や転職は可能?

調剤薬局事務の求人では、実際に無資格者や未経験者を募集しているケースもあります。しかし、レセプトや処方箋をあつかう中では専門知識も必要となるため、資格を持っていたほうが仕事をスムーズに進められます。また、就職や転職の際に有利となる場合もあるでしょう。

ユーキャンでは、調剤薬局事務検定試験の対策のための「調剤薬局事務講座」を開講しています。検定試験は毎月実施されており、自宅にいながら検定を受けることが可能です。イラストや図を使ったわかりやすいテキストを使い、1日30分の勉強時間で合格を目指せます。調剤薬局事務の仕事を希望している人はぜひ活用してください。

調剤薬局事務の仕事の大変なところ

調剤薬局事務には大変な部分もあります。ここでは、仕事の中で大変なところについて解説します。

事務作業だけでなく保険の知識も必要

調剤薬局事務の仕事は入力作業や電話対応だけではありません。レセプトの作成をはじめ、調剤薬局事務には保険の専門的な知識が必要な場面も多いです。ただし、知識は仕事や資格の勉強をすることで身につけることができるので、必要以上に不安になることはありません。最初はわからないことだらけでも、きちんと覚えようという意欲を持つことが大切です。

仕事内容は多岐にわたる

仕事の幅が広いことも、人によっては大変と感じるかもしれません。受付業務や事務作業の合間に、納品された医薬品の検品や入庫作業をすることもあります。また、開局や閉局作業のほか、薬剤師のサポートをすることもあるでしょう。ひとつの事柄だけに取り組むのではなく、広く対応できる能力が求められます。

丁寧で正確な接遇が求められる

調剤薬局は医薬品を扱う場所であり、人の健康に関わっています。医師や薬剤師のほか、事務担当者にも丁寧で正確な接遇が求められます。たとえ混雑している薬局であっても、そのことに変わりはありません。病気やケガを抱えた患者はデリケートです。時には不安に寄り添い、患者が安心できるような行動を心がけることも必要になります。

店舗により営業形態が異なる

調剤薬局は路面店舗で運営している場合もあれば、大型のドラッグストアに併設されている場合もあります。そのため、営業形態は店舗によってさまざまです。店舗によってはパートやアルバイトでも、土曜日や休日の出勤が必要になるケースもあります。求人案件を探すときには、勤務条件もよく確認しておくことが大切です。

調剤薬局事務の仕事のメリット・魅力

調剤薬局事務は、大変なことばかりではありません。ここでは、調剤薬局事務のメリットや魅力に着目してみましょう。

全国どこでも仕事がある

調剤薬局は病院やクリニックと同様、全国のどこの地域でも必要とされています。引っ越しや家族の転勤などで場所を移ったとしても、仕事に困ることはないでしょう。しかも、薬局ごとの細かな違いを除けば、仕事内容は基本的に同じです。そのため、仕事の進め方を一度覚えてしまえば、どこででも働けるというメリットがあります。

薬や医療の知識が自然と身につく

仕事上、薬剤師の説明を近くで聞くことも多いため、薬や医療の知識が自然に身につくのも調剤薬局事務の魅力です。また、レセプト業務を通じて保険制度についても詳しくなれます。こうした知識は、普段の生活にも関わってくるものです。患者として自分や家族が医療機関にかかる時には、身につけた知識を活かせるでしょう。

正社員、パート、アルバイトなど働き方が選べる

調剤薬局事務の求人は、正社員だけではありません。パートやアルバイト、派遣社員など、さまざまな形態での募集があります。フルタイムのほか、シフト制での勤務も多いのが特徴です。家事や育児、介護との両立など、ライフスタイルの変化に応じて働けるのが魅力です。家事と仕事を両立したい人や、Wワークを行いたい人にとっても働きやすい職種といえます。

調剤薬局事務の仕事に向いている人

医薬品を扱う調剤薬局では清潔感が大切です。したがって、普段の身だしなみに気を配れる人が望ましいといえます。

仕事では患者への対応をはじめ、薬剤師さんや他のスタッフとの連携も必要です。誰に対してもコミュニケーションを取れることが求められます。接遇に不安がある場合は、勤務先を見学させてもらうといいでしょう。

事務職とはいえ、受付業務のほかに医薬品の検品、入庫作業など、立ち仕事も多い職業です。ある程度は体力に自信がある人のほうが向いているといえます。

調剤薬局事務の将来性

超高齢社会の影響を受けて、病院や調剤薬局は今後も継続的に需要があるといえます。実際、処方箋の受付枚数や調剤薬局の数は増加傾向となっています。最近は、ドラッグストア内に調剤薬局を併設するケースも見られるようになりました。

そのため、将来的に調剤薬局事務がなくなることはまずないでしょう。今のうちに仕事を経験しておけば、今後のキャリアアップが見込める可能性もあります。

まとめ

調剤薬局事務の仕事には、大変なところもあります。しかし、知識や適性があれば、それほど苦にはなりません。むしろ、調剤薬局事務のやりがいや将来性に着目してみましょう。調剤薬局事務の仕事で得られる知識と経験は、自分や家族にも活かせるものばかりです。調剤薬局事務の資格を取得することで、事前に知識を得られれば、仕事の大変さも軽減するでしょう。

ユーキャンの調剤薬局事務講座は、理解しやすいテキスト構成なので、勉強時間の目安は1日30分程度です。就職活動のためのサポートも充実しているので、就職を成功させたい人にもおすすめです。ぜひ受講を検討してみてください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

調剤薬局事務講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

調剤薬局で保険証の確認や調剤報酬明細書(レセプト)の作成を行う調剤薬局事務。窓口での接客、会計など事務仕事全般も行います。
調剤薬局事務は勤務時間が比較的一定です。フルタイムやパート勤務など働き方を選べることもあり、家事や育児と両立しやすく、特に女性におすすめの技能です。また、職場は全国にあるので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心。医療関係の事務職でスキルアップや就職・転職を考えている方にピッタリです。
ユーキャンの調剤薬局事務講座なら、わずか3ヵ月の短期速習で資格取得が目指せます。テキストは実際の業務がイメージできる図をたっぷりと掲載し、専門用語もわかりやすく解説。初めて学習する方でも安心のカリキュラムです。

TOP