• 公開日:2020/04/17

調剤薬局事務の資格は求人数が多く人気があります。しかし、資格を取っても未経験から仕事を始められるのか、心配になる人もいるでしょう。

この記事では、調剤薬局事務が未経験でもつとまるのか、仕事内容や魅力、そして大変さなどを解説します。これから調剤薬局事務関連の資格の取得を考えている人は、就職などを検討する際の参考にしてください。

調剤薬局事務の仕事は未経験でも大丈夫

調剤薬局事務の仕事を行うにあたって必要な国家資格はありません。求人に応募して採用されれば、未経験からでも就業が可能です。ただし、調剤薬局事務には民間の資格があり、取得しておくと就職活動の際、採用されやすいなどのメリットがあります。

医療事務との違い

医療事務も調剤薬局事務と同様に、受付や診療報酬明細書(レセプト)の作成などを行いますが、医療事務では広範な医療処置と診療報酬に関する知識が必要です。調剤薬局事務の場合は、医療保険に関する知識、調剤報酬に関する知識が必要となります。医療事務の主な勤務先は病院やクリニックで、調剤薬局事務は調剤薬局です。

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務では、幅広い業務を行います。ここでは、主な仕事内容を4つにわけて紹介します。

受付・会計

受付では患者と対面し、処方箋や保険証などを受け取ります。会計では薬代を請求します。金額はパソコンで算出されるので、誤入力さえなければ計算ミスの心配はありませんが、患者とのお金のやりとりでは注意が必要です。

データ入力

レセコン(レセプトコンピューター)に、処方箋に記された情報を入力します。最近は手入力が不要なシステムが使われることが多くなりましたが、誤入力を防ぐための注意は必要です。

調剤報酬請求

処方箋の内容から調剤報酬点数を算出・集計し、調剤報酬明細書(レセプト)を作成します。このレセプトをもとに、保険者(市区町村や健康保険組合等)に調剤報酬を請求します。レセプトの作成をする際には専門知識が必要です。

医薬品の発注・検品

稀に発生する業務として、医薬品の発注・検品があります。薬剤師の指示を受け、その日に消費した医薬品を発注する業務で、パソコンを使います。医薬品が届いたら、注文どおりの内容であるか検品を行い、棚や倉庫に収納します。1日に何度も配送されてくる場合は、その都度、対応が必要です。

調剤薬局事務の魅力

他の仕事にはあまり見られない調剤薬局事務の魅力を紹介します。

薬に詳しくなれる

調剤薬局で仕事をしていると、患者に対する薬の説明を聞く機会が多いです。自分や家族などが使用していたものを含め、薬の知識が身につきます。それぞれの薬における調剤報酬点数も自然と認識でき、薬の価格も分かるようになります。

患者との会話を楽しめる

調剤薬局には、長期通院している患者も来ます。顔なじみになれば、病気に関すること以外の会話も弾みます。仕事を通じて患者の笑顔が見られることは、何物にも代えがたい魅力と言えます。

全国どこでも働ける

病院や調剤薬局は生活に欠かせない医療機関であり、どの街にも存在しているため、全国どこでも働けるという魅力があります。仕事の進め方に大きな違いはないため、仕事内容を覚えてしまえば、勤務先が変わっても同じように働けます。

自分の都合の良い時間に働ける

調剤薬局事務は正社員だけではなく、派遣社員やパートなど、さまざまな雇用形態で働けます。フルタイムで働くのが難しければ、午前中のみ、週3日などのシフト勤務も選べます。自分のライフスタイルに合わせて働けるのが魅力です。

調剤薬局事務の大変な点

調剤薬局事務の大変な点を紹介します。

求人が医療事務より少ない

病院やクリニックと比較すると、調剤薬局の数は多くなく、求人数は医療事務より少ないです。しかし、調剤薬局事務はライフスタイルに合わせて働く人が多く、人の入れ替わりも少なくないので、うまくタイミングが合えば雇用の機会はあります。

患者へのデリケートな対応が必要

調剤薬局にやってくる患者は、体調が悪く、不機嫌なことも多いです。長時間待たせないように素早い対応を行うことが重要です。病気によっては患者へのデリケートな対応が求められることもあります。

調剤薬局事務に向いている人

調剤薬局事務には、どんな人が向いているのか紹介します。

薬について詳しくなりたい人

薬について詳しくなりたい人は、調剤薬局事務に向いています。病院や薬局で処方される薬の効能や価格が理解できるなど、仕事を通じて薬の知識が身につき、日々の生活に役立てられます。

コミュニケーション能力のある人

薬局の受付として患者に応対することが多いため、コミュニケーション能力がある人も向いています。不安を抱える患者の気持ちをくみ取り気持ちよく会話できる人や、患者と会話することにやりがいを感じられる人には、おすすめの仕事です。

パソコンを使える人

レセプト業務では、レセコンへの入力を行う際に基本的なパソコンスキルが必要です。少なくとも、キー入力といった基本操作のスキルが求められます。事前にパソコン操作の練習をしておくといいでしょう。

家事と両立させたい人

雇用形態の多様さから勤務時間に融通が利くことも多く、仕事と家事との両立を重視する人にも向いている仕事です。また、Wワークとして副業を考えている人にも向いています。ライフスタイルに合わせた働き方が実現できます。

医療事務の資格を持っている人

医療事務と調剤薬局事務の仕事には共通する部分があり、両方の資格を取得すれば、仕事の幅が広がります。医療事務と調剤薬局事務のダブルライセンスを目指すのもいいでしょう。

調剤薬局事務として働くためのポイント

未経験者が調剤薬局事務として働くためのポイントは、関係する資格を取得することです。ここでは、資格の種類と取得方法を紹介します。

調剤薬局事務関連の資格の種類

調剤薬局事務は、未経験でも採用されますが、資格や知識があると働きやすいです。調剤薬局事務の資格はいずれも民間の資格で、よく似た名前の資格であるため、どの資格を取るかを検討する際は注意しましょう。特定の講座と試験がセットになっているものもあります。

ここでは、調剤薬局事務関連の主な資格を5つ紹介します。


調剤薬局事務検定試験

受験資格に制限はなく、年12回試験が実施されます。検定試験は毎月実施され、自宅にいながら受けることが可能で、合格率は非公開です。

ユーキャンでは、調剤薬局事務検定試験の試験対策ができる「調剤薬局事務講座」を開講しています。イラストや図を使ったわかりやすいテキストを使い、1日30分の勉強時間で合格を目指せます。


医療保険調剤報酬事務士

医療保険調剤報酬事務士の資格を取得するには、医療保険学院が開設している講座を受講し、中間テストに3回合格する必要があります。試験は毎月実施されています。合格率は非公開です。


調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務技能認定の資格を取得するためには、日本医療教育財団のカリキュラムを受講して技能を習得した上で、修了試験に合格する必要があります。合格率は非公開です。


調剤報酬請求事務専門士

調剤報酬請求事務専門士は、調剤事務の資格の中では最も難しいといわれています。受験資格に制限はなく、年に2回試験が実施されます。更新制度が設けられており、有資格者は2年に1度の更新が必要です。合格率は1級20%、2級40%程度、通信2級30%~40%、通信3級50%~60%です。


調剤事務実務士(R)

調剤事務実務士(R)の資格試験は、年2回実施されており、受験資格に制限はありません。合格率は約61%で、教育指定校での受験もしくは団体受験が必要になります。

調剤薬局事務関連の資格を取得する方法

調剤薬局事務の資格試験には、特定の講座の受講がセットになっているものがあります。講座受講が不要な資格としては、「調剤事務管理士(R)」「調剤事務実務士(R)」「調剤報酬請求事務専門士」などがあります。独学でも取得できますが、短期で合格を目指すなら、通信講座を受講することをおすすめします。以下では、独学と通信講座、それぞれの勉強方法を紹介します。


独学の場合の勉強方法

独学の場合、まず適切な参考書を選び、読み込むことから始めましょう。初学者の場合は、最初に専門用語などを理解しておくことが必要だからです。ある程度理解できたら、過去問題集を活用し、多くの問題を解き、出題傾向を把握しましょう。

ある程度勉強が進んだら、直前模試などを受け、実際の試験における解答の時間配分などを身につけるといいでしょう。


通信講座を利用した場合の勉強方法

通信講座のテキストは図解やイラストが豊富で、初学者にも理解しやすい作りになっています。薬の価格を示す調剤薬局報酬の改定など、業界の制度の変更点にもきちんと対応し、最新の情報が掲載されています。通学の必要がなく、自宅などで自分のペースに合わせて勉強ができます。参考書やテキストを自分で選ぶ必要がなく、添削指導などによるアドバイスもあるので安心です。

まとめ

調剤薬局事務の仕事は未経験でも充分に対応できます。受付から会計など、直接患者と対応することもあり、コミュニケーションが得意な方には非常に向いています。データ入力やレセプトの作成を行う必要もあるため、パソコンのスキルがあるといいです。

様々な雇用形態で働けるため、家事との両立がしやすく、自分のライフプランに合った働き方ができるなど、多くのメリットや魅力があります。

資格不要で勤められる調剤薬局事務ですが、調剤薬局事務の資格を持っていれば雇用されやすいのでおすすめです。ユーキャンの調剤薬局事務講座は、イラスト付きの解説で理解しやすくなっています。1日の勉強時間は30分程度で、充実したサポートも受けられます。調剤薬局事務の仕事を検討している場合は、講座の受講もぜひ検討してみましょう。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

調剤薬局事務講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

調剤薬局で保険証の確認や調剤報酬明細書(レセプト)の作成を行う調剤薬局事務。窓口での接客、会計など事務仕事全般も行います。
調剤薬局事務は勤務時間が比較的一定です。フルタイムやパート勤務など働き方を選べることもあり、家事や育児と両立しやすく、特に女性におすすめの技能です。また、職場は全国にあるので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心。医療関係の事務職でスキルアップや就職・転職を考えている方にピッタリです。
ユーキャンの調剤薬局事務講座なら、わずか3ヵ月の短期速習で資格取得が目指せます。テキストは実際の業務がイメージできる図をたっぷりと掲載し、専門用語もわかりやすく解説。初めて学習する方でも安心のカリキュラムです。

TOP