試験攻略のポイントをご紹介!

STEP1

難解な法律。まずは「全体像の把握」から

最初の0.5ヵ月は、2冊の「入門テキスト」で試験対策の土台となる「民法」と「行政法」の基礎を身に付けます。
法律の言い回しは独特で難解なものが多く、最初から細かく理解するのは至難の技。まずは法律の骨組みだけを理解し、全体像をつかむことが第一歩です!
入門テキストはマンガやイラストが豊富で、法律を噛み砕いて解説!初学者でもやさしく理解できます。

各テキストを読み始める前に「合格デジタルサポートパック」の動画講義で、テキスト学習のポイントをチェック!
ポイントをつかむことで、ムリなくテキストを読み進められます。

STEP2

身近な民法から始めて、憲法・商法は後回しでOK

「応用テキスト」で本格的に科目学習をスタート! まずは身近でイメージしやすい「民法」から。民法は問題数も多く範囲が広いため、早めの着手が肝心です。
応用テキストは、学びやすさに重点を置いているのが特長! 法律ごとに関連した項目をまとめて学べる構成になっているので、広範囲の内容を効率的に理解できます。

憲法、行政法、民法、商法…。膨大な範囲から、法令等科目は46問しか出題されません。すべての科目を優先順位をつけずに学習しようとすると、多くの時間が必要となります。
試験まで時間も限られているため、効率的に学ぶ工夫が大切になってくるのです。

わからないところはスマホで質問!

「疑問をそのままにしてしまった…」「調べるのに時間がかかってしまった…」など、独学では疑問点が出るたび、壁にぶつかることもしばしば。
ユーキャンでは、質問サービスをご用意!学習中、わからないことがあれば、メールや郵送でお気軽にご質問ください。知識豊富な講師が、わかるまで丁寧にお教えします!

STEP3

添削課題をペースメーカーに。実力もアップ!

添削課題は分野ごとに提出があるので、学習のペースをつかむのにぴったり!また、講師による、的確な個別アドバイスは必見です。わかりやすい解説で、苦手の克服や得点力アップにつながります。

合格デジタルサポートパックの「課題管理」を使えば、課題の消化率や残りの課題数から、合格に向けた現在地が一目瞭然。
前倒しで学習したり、遅れ気味の課題があったりすると、自動で次週のスケジュールを調整!ムリのないペース配分での学習を進められます。

あなどれない「一般知識等問題」

「一般知識等問題」は60問中14問が出題されますが、得点が40%未満の場合は不合格に!反対に、しっかり押さえておけば得点につなげるチャンスになります。
一般知識等科目だけに時間を割かなくても良いよう、各法令等テキストのなかで、一般知識等に関連する項目をセットで説明!法令等科目と関連付けて学ぶことで、一層理解が深まります。

STEP4

「過去問対策」が合格への最後のカギ

学んだ知識を使いこなして問題を解けるようになることが、最終的な目標です。そのためには、本試験レベルの問題の演習は欠かせません。
過去問は自分の実力を知り、解答力を身につける大切な試験対策です。ユーキャンの過去問集は、解説量が圧倒的!間違った問題は解説を読み込んで理解しておきましょう。添削の最終課題「総合実力診断テスト」もご活用ください。

合格デジタルサポートパックから、Webテストにもチャレンジ。結果から、あなたの苦手分野や優先すべき課題をピックアップしてくれるので、効率的な弱点の克服が可能に!試験直前の総仕上げにも役立ちます。

法改正など情報収集もお任せください

法改正情報や試験動向など、有益な情報は適宜お知らせ!とくに法改正された部分は試験にも出やすく、見落としてしまうと失点につながることも。
独学にはないサポートで、学習をバックアップします。

STEP5

いよいよ試験本番!

試験は例年、11月の第2日曜日に実施。解答しやすいマークシートが中心で、法令等から46問、一般知識等から14問出題されます。各科目ごとの基準点をクリアした上で、60%正解すれば合格となります!

ユーキャンの行政書士講座は、過去9年間で2,831名もの合格者を輩出してきました。たくさんの合格者を送りだしている実績が、ユーキャンにはあります。

  • 合格者数は、当社が当講座受講生に対して行ったアンケートへの回答で、各年度の試験を実際に受験し合格された方の数です。

行政書士登録をして活動!

行政書士として独立する場合、まずは行政書士会連合会に登録します。登録はいつでも可能。各都道府県では、地域に応じた研修も用意されています。

また、行政書士として登録をすると、行政書士だけが得られるバッジを取得できます。行政書士のバッジは「調和」と「真心」を示すもの。誠意を持って国民と行政をつなぐ「法律の専門家」であることを意味しています。

よくある質問

仕事や家事・育児と学習を両立するためのポイントは?

お忙しい毎日のなかで、仕事と学習を両立するには、とにかくよく出る分野に絞って効率的に学習すること。仕事や家事・育児と両立しながら学習されている方がたくさんいらっしゃいます。
ユーキャンの行政書士講座は、限られた時間のなかでムダなく学習できるカリキュラム!
とにかく、すきま時間を見つけて少しずつでも継続して学習することが合格への近道です。「まったく初めての方でもわかりやすく」をモットーに作られたテキストなので安心ですし、時間に縛られず、朝でも夜でもご都合のよいお時間に学習いただけます。

できるだけ早く合格を目指したいのですが、いつから始めるのが良いですか?

思いたったときが始め時です! ユーキャンの行政書士講座なら、ご受講開始時期に合わせてあなた専用の学習スケジュールをお届けします。そちらを参考に学習していただければ、お忙しい方、初めての方でも無理なく合格が目指せます。

ユーキャンの教材以外に、購入しなければならない本はありますか?

試験合格を目指すために必要なものを一式セットでお届けいたします。基本的には、それ以外に購入していただく必要はございません。

法律の知識を武器に、独立も目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

ユーキャンで目指せる国家資格の中で人気No.1の「行政書士」。市民と官公署とをつなぐ法務と実務のスペシャリストです。
資格取得後は、法律関連の業務全般について、書類作成業務や官公署への書類提出手続き代理業務、契約書等代理作成業務など、弁護士よりも気軽に市民の目線で相談できる「頼れる法律家」に。扱える書類は数千種類もあり、業務範囲の広い国家資格です。独立・開業して社会に役立つことはもちろん、企業への就職・転職にも有利になります! また近年は、行政書士法改正で「代理権」が付与され職域が拡大したこと、行政書士法人の設立が可能となる改正法の施行など、時代の流れはまさに追い風となっています。
国家資格の中では難関試験として知られている行政書士ですが、ユーキャンでは試験突破に向けて、仕事と両立しながら続けられるようにカリキュラムを工夫。まったく知識が無い方でも着実に資格取得までのプロセスを身につけることが可能な通信講座です!

TOP