マンション管理に不可欠な2大国家資格

マンションを適切に管理するプロ

いまや約10人に1人が分譲マンション住まいという時代。「マンション管理士」「管理業務主任者」は、マンションを適切に管理するプロとして不可欠な存在です。
マンション管理業界や不動産業界から注目を集める国家資格として人気が高く、両資格をダブルで取得する方も増えています。

マンション管理士・管理業務主任者の活躍シーン

マンション管理士は、マンション管理組合や住民からの相談に応じ、法的見地からアドバイスを行うコンサルタント。マンションで発生するさまざまなトラブルに対し、解決をサポートします。
管理業務主任者は、主にマンション管理会社の従業員として活躍。管理委託契約時の重要事項説明や、組合に対して管理状況の報告などを行います。
両資格とも資格は生涯有効。末長く活用できる強力な国家資格です!

社会的ニーズも上昇中!

国土交通省のデータによると、2019年には築30年超の高経年マンションは213.5万戸を上回り、これらの大規模修繕や建替え問題への対応は急務に。
最近では災害対策の強化や、手すりやスロープの設置など高齢者・障害者対策の必要性も高まり、両資格のニーズも多様化しています。

独立・開業も可能!定年後の対策にも

マンション住民からの相談に乗り、助言をするマンション管理士。管理・運営のコンサルタントとして独立開業も可能です!
これまでの社会人経験が活かせて社会貢献にもつながることから、定年後のセカンドライフの武器として、取得する人が増えています。

就職・転職や昇進・昇給の切り札に

法律によって、マンション管理会社は一定数の「管理業務主任者」を設置することが義務付けられています。
そのため、有資格者は即戦力としてみなされ、不動産業界やマンション管理業界への就職・転職が有利に!昇進や昇給も期待できます。

CHECK!

両試験のダブル合格が狙えます

「マンション管理士」と「管理業務主任者」の試験の特徴は、出題分野に重なる部分が多いこと。効率よく学習すれば、一度に両試験を合格することも可能です。

他資格と組み合わせて業務拡大も!

宅建士やFPといった他資格との関連性が高く、組み合わせて資格を取ることで業務の拡大が望めます。
特に宅建士は試験内容の多くが重複しているため、すでに宅建士を取得している方には特におすすめな資格です!

よくある質問

専門知識がなく、学習も初めてですが大丈夫でしょうか?

ご安心ください。ユーキャンのテキストは、初めて学習する方のことを考えて、専門用語もかみ砕いて解説。文章だけでイメージしづらい箇所はイラストや図解で表しているので、スムーズに理解ができます。
さらに、質問サービスや添削指導など、サポートも充実。初めての方でも安心してユーキャンにお任せください!

生涯役立つ2大国家資格を7ヵ月で取得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

マンション数が650万戸を超え、いまや約10人に1人が分譲マンション住まいという時代。「マンション管理士」「管理業務主任者」は、マンション管理業界の2大国家資格として人気を集めています。
マンション管理士は、マンション管理組合や住民からの相談に応じ、マンションで発生する様々なトラブルを法的見地から解決したり、アドバイスを行うコンサルタントです。管理業務主任者は、主にマンション管理会社の従業員として管理委託契約時に重要事項を説明したり、組合に対して管理状況の報告をするなど、幅広くマンション管理のお仕事に携わることが可能です。宅地建物取引士や建築士など不動産関連の職種や、行政書士・司法書士などの法律関連の資格とも連動させることで、活用の幅が広がります。また「マンション管理士」「管理業務主任者」の試験の特徴として、受験資格に制限がなく、試験の出題分野に重なる部分が多いため、効率よく学習すれば、一度に両試験に合格することが可能です。
ユーキャンの「マンション管理士・管理業務主任者」講座なら、広範な試験範囲のうち「よく出るところ」に絞ったテキストで効率良く学習を進められます。テキスト以外にも、気軽にできるWEBテストや動画解説が見られるインターネットサービスなど充実したサポート態勢で、初めての方も、忙しい方も、無理なく合格が目指せます。

TOP