身につくスキルOA・ITスキルオンライン受講可

デジタルリテラシー研修

デジタルリテラシーを身につけ、DX成功へ導く!

おすすめ対象者が多いほどおすすめ度が高い)
  • 内定者・新入社員 :おすすめ度0
  • 若手・中堅社員 :おすすめ度1
  • リーダー :おすすめ度2
  • 管理職 :おすすめ度3

デジタルリテラシー研修とは?

DX成功の鍵を握るデジタルリテラシーを短期間で習得!

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、現代ビジネスの重要なトレンドです。この変革の波をリードするためには、適切なデジタルリテラシーが必要です。
当研修ではビジネスリーダーたちに必要不可欠なデジタルリテラシーが身につきます。最新のテクノロジー動向を理解し、それをビジネス戦略にどう統合するかを学習。今日の市場をリードするキーテクノロジーを俯瞰する力を身につけることで、ビジネスを次のレベルへと導きます。

こんなご担当者様におすすめです。

  • 社内のDXを進める視点を身につけたい方

  • 最新のデジタルリテラシーのトレンドを抑えたい方

  • デジタルリテラシーからビジネス変革を進めたい方

  • デジタル化プロジェクトを牽引していく方

こんな未来が待っている!

未来を切り開くためのデジタルリテラシーを習得

基本知識と最新のデジタルトレンドが理解できる!

基本であるPC操作やインターネットの活用方法を徹底的に確認し、現代ビジネスにおいていかに不可欠であるかを再認識します。その上で、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AIといった、常に更新され続けるデジタルトレンドの最前線に触れ、どうビジネスに応用するかを探求します。未来志向のプロフェッショナルにふさわしい、先進的なスキルセットの構築を目指します。

生成AIを含めたデジタルツールが活用できる!

ChatGPTやCopilotといった生成AIツールを直接操作し、可能性と活用法を探ります。SlackやMicrosoft Teamsのようなコラボレーションツールを活用することで、チーム内コミュニケーションの効率化とプロジェクト管理の改善方法も学びます。
ノーコードツールを用いたアプリケーション開発を習得し、技術的なバックグラウンドがないユーザーでも直感的にデジタルソリューションを作り出せることを理解します。

DXのための開発手法が身につく!

DX推進のための最新の開発手法を深く学習します。アジャイルやデブオプスのような柔軟で効率的な開発フレームワークを学ぶことで、クラウドコンピューティングの利点とそのビジネスへの適用方法が身につきます。さらに、開発者と非開発者のコラボレーションを促進するコミュニケーションスキルやチームワークの重要性に焦点を当て、技術的な側面だけでなく、人的要素も踏まえた総合的なDX推進戦略を習得します。

デジタルリテラシー研修カリキュラム例

  • DXとデジタルトレンド

    DXを知り、ビジネスにおけるデジタルの意味を考える

    DX(デジタルトランスフォーメーション)がどのようなものかを知り、ビジネスにおいてデジタルがどのような意味を持っているか考えます。

  • PCリテラシーとインターネットリテラシー

    (1)PCリテラシー
    (2)インターネットリテラシー
    (3)SNSリテラシー

    基本であるPC操作やインターネットの活用方法やSNSのリテラシーを確認しますし、ビジネスへの適用を考えます。

  • 生成AIやデジタルツールの活用

    (1)生成AIとは?
    (2)生成AIを使ってみる
    (3)コラボレーションツールを使ってみる
    (4)ノーコードツールを使ってみる

    生成AIとは何かを概観した後に実際に生成AIを使ってみます。また、DXの現場でよく使われるコラボレーションツールやノーコードツールも使ってみます。

  • DXのための開発手法

    (1)アジャイル開発とデブオプス
    (2)クラウドの理解
    (3)開発者と非開発者のコラボレーション

    DXを推進するための開発手法であるアジャイル開発やデブオプスなどの手法を確認します。また開発に不可欠なクラウドについて理解を深め、開発者と非開発者のコラボレーションについて理解します。

研修の流れ

未来を切り開くデジタルリテラシーが身につく!

Step 01

DXの基本を理解する

研修は、デジタルトランスフォーメーションの基礎知識からスタート。DXの定義、重要性、ビジネスへの影響について学びます。これにより、デジタル変革の全体像がクリアになります。

Step 02

PC操作やインターネットリテラシーを学習

このステップでは、PC操作の基礎から応用、インターネットを使用した情報収集やセキュリティに関する知識を深めます。効率的な検索技術、データの保護、オンラインコミュニケーションのエチケットなど、日々の業務に役立つリテラシーを実践的に学びます。

Step 03

ツールの効果的な活用方法を学習

現代のビジネスに不可欠なデジタルツールやプラットフォームについて学びます。実践的な演習を通じて、各ツールを効果的に活用する方法を身につけます。

Step 04

開発手法や実践方法が理解できる

現代の開発手法とその実践に焦点を当てます。アジャイル、デブオプスなどの手法を学び、実際のプロジェクトでどのように活かすかが理解できるように。

ご担当者様へ

未来をリードする研修で組織が変わります!

ご担当者様

ビジネス成長のためにデジタルスキルは欠かせません

DXを推進し組織を変革するには、従業員のデジタルスキルにかかっています。当研修では、DXを核としたデジタルリテラシーを学び、変革を推進する力が身につきます。実践的なカリキュラムを通じて、ビジネスプロセスの効率化、イノベーションの促進、そして市場競争力の向上を図ります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

集合研修/オンライン研修のご利用の流れ

  • Step 01

    お問合わせ

    ウェブサイトのお問合わせフォームに必要項目をご入力ください。

  • Step 02

    ヒアリング

    営業担当がご要望や課題を伺ったのち、最適なカリキュラムを作成します。

  • Step 03

    講師・営業と面談

    三者面談を行うことで、講師の人柄や雰囲気をご確認いただけます。もちろん講師へ質問も可能です(※1)

  • Step 04

    お見積り

    カリキュラムの内容が確定しましたら、お見積もりいたします。

  • Step 05

    研修の実施

    事前の打ち合わせに基づき、研修を実施します。事前課題や講師による、研修後のフォローもご要望に応じて行います。

  • Step 06

    研修の振り返り

    研修内容やテーマにより、アフターアンケートの結果やフォローシートをもとにフィードバックいたします。

(※1)状況により、講師が直接お伺い、もしくはオンライン面談に参加できない場合がございます。

デジタルリテラシー研修

費用:お問合わせフォームよりお問合わせください

開催概要

  • 開催場所:オンラインまたは、対面(貴社、貸会議室等)
  • 開催場所によっては対応できかねる場合がございます。
  • 開催場所が遠方となる場合は講師の交通費や宿泊費等をご負担いただきます。
  • 総研修時間:1日(6時間程度)
  • ご要望の日程に応じて実施いたします。
  • 対象者:管理職
  • ほかの階層の方もご受講いただけます。
  • 参加可能人数:8人~

よくあるご質問

  • カリキュラム・講師のスケジュール調整等がございますので、場合によって異なりますが、最短で1~2ヵ月程度必要となります。可能な限りご要望にお応えできるよう調整いたしますので、お問合わせください。
  • はい、ございます。研修ご担当者様、講師、営業担当で事前にお打ち合わせをいたします。その際に講師と直接お話いただけますので、ご安心ください。
    ※オンライン研修をご希望の場合、特別なご事情がない限りオンラインでの面談となります。
    ※集合研修をご検討の場合も、エリアによってはお打ち合わせをオンラインにて対応させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
    ※スケジュールによって対応できない場合もございますので、ご了承ください。
  • ご利用の流れをご確認ください。
    ご不明点やご不安な点がございましたらお問合わせください。
  • 研修内容により適正な受講人数がございます。大人数の場合は、相談のうえ、1クラスあたりの人数を調整させていただくか、サブ講師をつける場合もございます。
  • 基本的なPC操作ができれば、特に事前に必要な専門知識はありません。研修は基礎から応用まで段階的に学ぶ内容になっており、各業界での事例も取り入れています。
  • 受講には、インターネットに接続できるPCまたはタブレットが必要です。特定のソフトウェアのインストールが必要な場合は、研修開始前に案内を送ります。
ページトップに戻る