新入社員研修の内容やカリキュラムとは?

  • 新入社員研修の内容やカリキュラムとは?

    公開日:2022.09.26

    更新日:2023.11.07

    仕事に関する知識が身につく新人社員研修は、企業が成長する上で非常に重要です。新入社員研修の対象は中途採用、新卒採用に分かれますが、この記事では、人事部の担当者にむけて、新卒で採用した新入社員研修のポイントや注意点について解説します。新入社員研修を実施する際にぜひご活用ください。

新入社員研修とは

新入社員研修は、入社後に新入社員が滞りなく業務を遂行できるよう、受講者に仕事に関する知識が身につく目的で実施されます。人材育成の一環である新入社員研修は、新卒採用と中途採用で、内容が大きく異なります。この記事では、主に新卒採用における新入社員研修について解説します。


新入社員研修を行う目的

新入社員研修を行う目的は、次の4つが代表的です。
・社会人としての意識付け
・ビジネスマナーの習得
・業務への理解促進
・コミュニケーションの活性化
新入社員研修は新人が社会人として意識を切り替え、企業に相応しい振る舞いを身に付けるために実施されます。研修を通して業務に必要な知識とノウハウを学び、指導者や管理者ともコミュニケーションを活性化する意図もあります。新入社員研修では、新入社員が企業に適応することを促進し、仕事や職場の人間関係と誠実に向き合ってもらうことが大切です。
長く企業で活躍する人材を育成するためにも、新入社員研修をどうやって成功に導くかが将来への鍵になります。

新入社員研修を自社で行うメリット・デメリット

新入社員研修は、自社で実施する方法と外部に委託する方法に分けられます。自社で新入社員研修を行う場合のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

自社で実施する新入社員研修には、外注する場合と比べて費用を抑えられるメリットがあります。研修の講師役を社員が兼任するので特別な手当てを支給しない場合は、経費がかかりません。また、自社での社員研修は講師役の社員のスキルアップにも繋がります。研修を重ねるなかで人材育成スキルやプレゼンテーションの能力、構成力などが鍛えられます。

デメリット

自社で行う新入社員研修は、研修担当や人事部社員の負担が大きくなるデメリットがあります。社内のリソースを活用するため、本来の業務に支障をきたしかねません。また、社内講師はプロではないため、講師全体に同一のスキルは期待できません。講師によって研修内容のクオリティに差が出てしまいます。

新入社員研修の内容やカリキュラムを作成する手順を解説


新入社員研修のカリキュラムを作成する際には、事前に確認しておくべきポイントがあります。カリキュラム作成の手順にそって解説します。

新入社員のレベルを把握する

新入社員向けのカリキュラムを作成する場合、最初に新入社員全体のレベルを把握することから始めましょう。新入社員のレベルを確認する場合は、次の4項目でチェックするとよいでしょう。

・企業への理解
・社会人としての自覚・マナー
・ビジネススキル
・業務に必要な専門知識

大まかな内容ですが、4項目がどの程度身に付いているか確認し、新入社員のレベルに応じた研修内容を設定してください。研修内容のレベルが高すぎても低すぎても、新入社員全体への教育としては良くありません。
全体のレベルをチェックし、不十分なレベルになっているところを手厚く、十分なレベルに到達していれば振り返り、またはさらなるレベルアップを図りましょう。

経営陣や現場のヒアリングを行う

社員のレベルを把握したら、次は経営陣や現場にヒアリングを行います。ヒアリングでは、次のようなポイントを聴取してください。

・新入社員に身に付けてほしいスキル
・仕事で困った場面
・新入社員研修に入れてほしい内容

経営陣や現場へのヒアリングを行うことで、実務に必要な能力、実践的なスキルを新入社員研修に盛り込むことができます。新入社員研修は社会人としての意識を高め、早期に戦力になってもらうことが大きな目的です。ヒアリングを行うことで客観的に不足している能力、現場レベルで必要な能力を把握できるため、新入社員に最も適した研修内容を決めるのに役立ちます。

新入社員研修の目的を設定する

新入社員研修を行う場合は、研修の最終目標や目的の設定も重要です。社会人としての意識を高める、早期戦力化、ビジネススキルを身に付けるなども目的ではありますが、研修全体を通してどのように成長を促したいかという目的を設定すべきです。目的・目標を設定することで、カリキュラム作成の方向性が定まり、より効果的な研修内容を選択できます。また目的を定める際は、新入社員が何をどの程度までできるようにしたいか、という大まかな目標を決めておきましょう。新入社員のレベルと、経営陣や現場へのヒアリング結果も材料にしつつ、最適な目的を設定してください。

新入社員研修の期間・内容を決める

目的設定が終わったら、次は研修の期間と内容を決定します。自社の目的や教育手法によっても適切な期間・内容は異なるため、総合的に検討していく必要があります。短期間で終わる企業は1カ月以内というケースもあれば、1年かけてしっかりと教育を行うケースもあるため、目的とレベルに応じて設定してください。教育方法にはOFF-JTやOJT、ロールプレイ、ケーススタディ、グループワークなどさまざまな種類があります。実務を通して研修を行うOJTは長期間の研修が基本になりますが、ケーススタディやグループワークは短期間でも可能です。自社の教育方法によって期間を考慮しましょう。

新入社員研修のカリキュラム内容

新入社員研修におけるカリキュラムには、導入研修と職種別研修の2種類があります。
それぞれの内容について詳しくご紹介します。

導入研修

導入研修では、社会人として将来まで必要になるビジネスマナー、仕事への責任感、基本スキルを習得することを目的にしています。導入研修という名称の通り、新入社員が最初に受けるべき研修で、社会人意識のほか、企業理念や社会人としての行動の責任、コミュニケーションスキルなども指導します。新入社員の間は仕事への意欲はあるものの、仕事への向き合い方や組織の規則などを正しく理解していないことが多いです。導入研修では責任ある社会人としての働き方、組織の理念と守るべき基本ルールなどを学び、自発的に行動できる従業員を育てることが最終的な目標です。ただし一度の研修ですべてを身に付けることは困難であり、一般的には1~3カ月ほどの研修期間を想定します。期間中は業務よりも優先して研修に参加してもらい、成長の機会として活用してもらうことがポイントです。

職種別研修

職種別研修とは、営業であれば交渉力や提案力、事務ならパソコン操作や経理など職種毎に必要なスキルを身に付ける研修です。身に付けるスキルはそれぞれ異なるため、社内でのOJTや専門の外部講師に研修を依頼することもあります。オンラインを活用した通信教育やe-ラーニングという手段もあり、企業と職種に合わせた研修を用意することが重要です。職種別研修は職種によって期間が異なり、事務職や経理、営業なら3カ月以内とされています。一方で専門職は6カ月または1年間かけて行うこともあるため、職種と専門性の高さで大きな差が出ます。ただし長期間の研修は受講者のストレスと気の緩みにもつながるため、内容にメリハリをつけたり、定期的に理解度の確認をしたりすると効果的です。

新入社員研修カリキュラムの主な手法

新入社員研修では、達成する目的にあわせたさまざまな手法が有効です。新入社員研修のカリキュラム事例を紹介します。

レクリエーション

簡単なゲームやスポーツ、ペアになった相手を紹介する「他己紹介」などレクリエーションを新人研修に取り入れている企業もあります。受講者の緊張をほぐしつつ、結束を高められる効果があります。

座学

座学は、受講者が座った状態で講師の話しを聞く形式で行われます。受講者全体に情報を伝えられるメリットがありますが、長時間の座学は集中力が落ちるため注意が必要です。

グループワーク・グループディスカッション

新入社員同士、複数人のグループにわかれて課題に取り組んだり議論したりする、実践的な研修方法です。課題に取り組むなかで、プレゼン能力やコミュニケーションの取り方、ロジカルシンキングの方法などを学んでいきます。

ロールプレイ

実際の業務を想定して、お客様役、営業役などの役割にそって演技を行う研修方法です。ロールプレイを通して、相手の気持ちを考えられるようになる、実際の現場での間違った対応を回避できるなどのメリットが生まれます。

OJT

OJTは「On-The-Job-Training」を省略したもので、実際に配属される部署で行う実務形式の研修です。受講者全体で研修を受けた後、各配属先にわかれて行われます。職務ごとに異なる業務やPCスキルなどの知識を身につけるのに適しています。
※参考:OJTに関する記事はこちら

新入社員研修の注意点

新入社員研修を成功させるためには、研修の時間配分や事前の情報共有などにも着目することが大切です。新入社員研修を行う際の注意点について、解説します。

カリキュラムを詰め込まない

新入社員研修では、カリキュラムを詰め込みすぎないように注意しましょう。スケジュールが詰まっているとただでさえ緊張や不安でいっぱいの新入社員には、大きな負担になる可能性もあります。また、当日のイレギュラーな事案にも対応ができません。時間に余裕のあるカリキュラム設定を行い、適度に休憩も入れましょう。

研修内容に変化をつける

新入社員研修では、研修内容に変化をつけて飽きさせない工夫が必要です。長時間の研修は集中力が続かず、新入社員研修の効果が薄れる恐れがあります。研修内容は座学とワーク、社員講師と外部講師などを組み合わせて、変化をつけながら実施することが大切です。60分に1回休憩を入れる、20分ごとに内容を変えるなど、モチベーションを保てる工夫を取り入れましょう。

新入社員研修の案内を確実に行う

新入社員研修の内容や日程、開催場所などは決まり次第、新入社員と共有します。研修当日までに新入社員に準備して欲しい資料や考えてほしいこと、筆記用具やテキストなど当日持参するものなどは、齟齬がないようにしっかりと伝達します。また、研修の概要についても、社内で周知して配属先の上司や研修担当とも共有しましょう。

受講者にアンケートをとる

新入社員研修の終了日や1日の終わりには、受講者である新入社員に振り返りのアンケートや報告書を提出してもらいます。振り返ることは、新入社員の研修内容の定着に繋がります。自身の理解度や課題が明確になるため、今後の目標を設定しやすくなるでしょう。企業にとっても、研修の効果や課題が浮き彫りになり、今後の新入社員研修の改善に役立ちます。

助成金が利用できないか確認する

新入社員研修では「人材開発支援助成金」の支給を受けられるケースがあります。人材育成や職業訓練など、キャリアアップの促進に対して支給される「人材開発支援助成金」は、カリキュラムの時間や環境により支給条件が異なります。自社の新入社員研修が助成金の支給対象となるかは、事前に確認しましょう。
※参考:人材開発支援助成金|厚生労働省

まとめ

新入社員研修は、入社後にスムーズに業務を遂行できるようビジネスマナーや知識が身についたり、社会人としての意識を高めたりする目的で行われます。目的や課題に合わせて、座学やグループディスカッションなどの方法で実施します。プロ講師による受講が可能、自社社員の負担が減らせるなどの点から、新入社員研修は外部への委託がおすすめです。

ユーキャンでは、丁寧なヒアリングで課題を選出し、企業に適した提案を行います。新入社員研修は法人取引実績5,000社以上のユーキャンにお任せください。

内定者・新入社員向け研修一覧

お気軽にお問合わせください

ページトップに戻る