薬剤師につぐ一般用医薬品のスペシャリスト

登録販売者とは

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売ができる医薬品販売の専門資格。いわば「薬のスペシャリスト」です!
登録販売者がいれば、一般用医薬品の大多数を占める第二類・第三類医薬品の販売が可能になるため、企業にとっては大きな戦力に!
企業から求められる、ニーズの高い注目の資格です。

登録販売者の仕事内容って?

2006年の薬事法改正によって誕生したのが登録販売者です。それまで、一般用医薬品の販売には薬剤師が必須でしたが、薬剤師の人手不足によりお客様に十分な情報が行き渡らないという実態がありました。
登録販売者の役目は、お客様に適切な薬をアドバイスすること!薬の説明書や外箱の表示は医薬の専門的な言葉が多く、一般の方にはわかりにくい内容です。
登録販売者は薬の成分や効能をわかりやすく説明し、副作用など注意すべき情報を伝える、とても大切な役割を担っています。

薬剤師とは何が違うの?

薬剤師との大きな違いは、次の2つです。
①処方箋に基づく薬の調剤ができるかできないか
②第一類医薬品が販売できるかできないか
一般用医薬品は、リスクの程度に応じて3つのグループに分類されています。
このうち登録販売者が取り扱えるのは「第二類医薬品」と「第三類医薬品」のみですが、一般用医薬品のなかで第二・第三類医薬品が占める割合は9割以上!そのため、登録販売者は薬剤師不足を補う人材として、重宝されています。

【女性・ Y.Kさん】
モチベーションアップと自信につながりました

「今から勉強なんてできるかしら?」と思ったのですが、確実にスキルアップして、知識が増えていくことが楽しかったです。 資格を取ったことで責任感が芽生え、モチベーションも上がりました。お客様にもきちんと知識を持って話せるようになりましたし、お客様からの質問に答えるたび、「プラスアルファでひとつでも多くお伝えしなくちゃ!」という気持ちで臨んでいますね。毎日、自信と責任を感じながら働いています。

就・転職が有利に!子育て後の再就職にも

一般用医薬品を扱うさまざまな小売業への就職・転職の際、この資格は大きなアピールポイントに!ドラッグストアや薬局は全国各地にあるので、希望する地域で職場を見つけやすいというメリットもあります。一度取得すれば生涯有効な専門資格なので、出産や子育てが終わってからの再就職にも活かせます!

収入アップやキャリアアップにもつながります

ドラッグストアや薬局のなかには、資格手当を設けていたり、時給を高く設定していたりするところも多数あります。資格取得によって、より良い条件で働くことも可能に!昇給や昇任も期待できるため、キャリアアップにもつながります。

お客様から頼られる存在に

医薬品について幅広い知識を習得できるので、お客様一人ひとりに合った医薬品を、自信を持っておすすめできるように!お客様に適切な情報を十分にお届けすることで、信頼アップにもつながります。やりがいや人の役に立つ喜びを大いに感じられる仕事です。

店舗管理者としてスキルアップも!

一定の経験を積んだ登録販売者は、その店舗の構造設備管理や医薬品などの物品管理といった店舗管理を行う「管理者」を担えるように!将来に向け、スキルアップも可能です。

  • 管理者になるには、登録販売者の資格取得後、一定期間の薬局等における従事期間が必要になります。

よくある質問

登録販売者の将来性について教えてください

チェーンのドラッグストアや薬局では、薬剤師不足によりお客様に十分な情報が行き渡りにくいという実態がありました。登録販売者は、その薬剤師不足を補う人材として、期待が寄せられています。
また、コンビニなど他業種でも医薬品販売業界への進出を目指す動きや、国による医療費抑制の施策によりセルフメディケーションも推進されているため、地域医療のサポート役としても、登録販売者のニーズは拡大傾向にあるのです。

受験に必要な資格や条件はありますか?

平成27年4月以降、登録販売者の受験資格が変更され、どなたでも目指すことができるようになりました。年齢・性別・学歴のほか、実務経験がなくても受験が可能です。

登録販売者になるには?

登録販売者になるには、まず登録販売者試験の合格が必要になります。試験は都道府県ごとに年1回実施されています。受験資格がないため、誰でも受験が可能です。試験合格後、販売従事登録証を発行してもらうための申請も必要です。さらに、登録販売者として一人で売り場に立てるようになるには、過去5年以内に2年以上の実務経験が必要です。実務経験は過去5年以内であれば試験合格前でも大丈夫です。そのため、実務経験がない場合、登録販売者として働き始めて2年が経つまでは、研修中となります。実務経験を積み、無事正式な登録販売者として認められれば、店舗管理者として勤務することができます。

登録販売者資格の試験内容は?

登録販売者試験では、「医薬品に共通する特性と基本的な知識」「人体の働きと医薬品」「主な医薬品とその作用」「薬事関連法規・制度」「医薬品の適正使用・安全対策」の5項目が出題範囲となっています。
これらは、厚生労働省が公開している「試験問題の作成に関する手引き」から出題されます。登録販売者は扱える医薬品に制限がありますが、登録販売者が扱えない第一類医薬品や要指導医薬品関するも必要となるため出題範囲が広いのが特徴です。
試験では、「主な医薬品とその作用」のみ40問出題され制限時間が80分となっています。それ以外の項目については、それぞれ20問ずつで制限時間は40分です。合計すると、計120問を240分で解くことになります。問題はすべてマークシート方式です。
合格基準は、全体の7割以上の得点を取り、さらに各試験項目において出題数の3.5割以上正解することとなっています。各試験項目の正解率は、都道府県によって4割以上としている場合もあります。つまり、全体的な点数は7割を超えていても、1つでも基準の正解率を下回る項目があると不合格となってしまうのです。
合格基準を満たすには、苦手項目を作らずに全体的にまんべんなく学習することが大切です。全項目で確実に正解率を上げることが、合格するためのポイントとなります。
登録販売者試験の合格率は、40~50%とされています。平成30年度の都道府県別では、19.5%~58.6%と、都道府県によっても差があるのも特徴です。約2~3人に1人は合格するため難易度はさほど高くはありません。また、登録販売者は受験資格がなく、老若男女問わず受験可能です。

登録販売者資格の取得方法は?

登録販売者になるには、登録販売者試験の合格が必要になります。
登録販売者試験の開催時期は、都道府県によって違います。毎年8月から12月にかけて試験が実施されており、試験の申込みは試験日の約3ヵ月前からとなっています。受験にあたっては、実務経験は特に必要ありません。また、学歴や年齢も関係なく受験できます。登録販売者の資格は、登録販売者試験に合格したのち、都道府県に販売従事登録証を発行してもらう必要があります。
販売従事登録証を発行してもらうためには、販売従事登録申請書の提出をおこないます。提出の際には、登録販売者の合格通知書や医師による診断書も必要です。登録手数料もかかりますが、金額は都道府県によって異なります。

登録販売者試験に合格し、販売従事登録をおこなった場合でも、すぐに登録販売者として働けるわけではありません。登録販売者として一人で売り場に立てるようになるには、過去5年以内に2年以上の実務経験が必要です。そのため、実務経験がない場合、登録販売者として働き始めて2年が経つまでは、研修中となります。
研修中は、薬剤師や店舗管理者や管理代行者など要件を満たしている登録販売者の管理下で指導を受けることで、医薬品の販売に従事できます。実務経験が2年以上になれば、実務従事証明書の申請が可能です。販売従事登録証の申請と同様に、都道府県に対して申請をおこないます。
登録販売者の実務経験年数の計算方法には、決まりがあり、登録販売者としての実務経験に含められるのは、登録販売者の仕事に80時間以上従事した月です。カウントできるのは同じ店舗で実務にあたった時間のみとされています。

標準学習期間8ヵ月。思い立った今が始めどき!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品の販売ができる医薬品販売の専門資格です。資格保有者がいれば、一般用医薬品の多数を占める第二類・第三類医薬品の販売が可能になるため、企業にとって大きな戦力に。国による医療費抑制の施策によりセルフメディケーションが推進されるなか、地域医療のサポート役として、ニーズも高く、医療関係の事務職のほか、小売業やドラッグストア、薬局などへの就職・転職を考えている方に人気の資格です。
登録販売者の仕事内容は医薬品の販売のほかにも、お客様への情報提供やご相談に対する対応・アドバイスも重要な仕事の1つ。購入者の視点に立って、医薬品の適切な選択を行えるように手助けすることも求められます。
登録販売者になるには、例年8~12月頃に行われる各都道府県で実施される登録販売者試験に合格する必要があります。全国どこで受験してもOK、受験資格もありませんので、どなたでもチャレンジできます。

TOP