比較的とりやすい、人気の資格

解答がしやすく、合格率も高め!

調理師試験は筆記試験のみで、しかも4択式のマークシート方式。記述問題や実技試験はありません。
受験する都道府県にもよりますが、合格率はおおむね60%と高め!人気のある資格の中では、比較的、通りやすい試験です。

正答率60%以上が合格の目安

全科目の合計で「60%以上の得点」が合格の目安と言われています。
定員制試験ではありませんので、合格ラインに達すればどなたでも合格することが可能です!

  • 1科目でもその平均点を大きく下回る場合は、不合格となる場合があります。

かけもち受験可能もOK!

試験は例年、6月~11月に都道府県ごとに実施され、どこでも受験可能。複数の都道府県で「かけもち受験」もOKです!
例えば、東京都で受験後、神奈川県などで再チャレンジ…といったことができるので、チャンスの多い試験と言えます。

2年以上の「調理の実務経験」が必要です

調理師試験には受験資格があります。原則として中学校卒業以上で、飲食店や施設などで「2年以上、調理業務の経験がある」ことが条件。また、調理業務に従事していたことを証明する「実務経験の証明書」が必要です。

  • 受験資格についての詳細は各都道府県の担当課、または保健所までお問合せください。
実務経験に認められます!

パートやアルバイトでもOK!

パートやアルバイトの方でも、週4日以上かつ1日6時間以上勤務している場合は、実務経験として認められます!
現在、その職場で働いていなくてもOK。過去に飲食店などで働いていたという方なら、チャンスがあります!

合算で2年以上ならOK!

2年以上の実務経験は、ひとつの職場で満たす必要はありません。過去に働いていた飲食店などでの実務経験を「合算して2年以上」であればOKです!
例えば、以前別の飲食店で1年半の実務経験があり、現在の職場で半年以上の実務経験があれば問題ありません。

  • 実務経験は過去の職場ごとに証明する必要があります。実務経験証明書は職場分ご用意ください。
試験データ
試験時期 例年1回、各都道府県で行われ、どこでも受験できます。
  • 神奈川県では年2回行っています。
受験資格 原則として、中学校卒業以上で、2年以上調理の実務経験がある方なら受験できます。※
試験科目 1.調理理論
2.食品衛生学
3.公衆衛生学
4.栄養学
5.食品学
6.食文化概論   の6科目
試験形式 筆記試験(全て四肢択一のマークシート方式)
合格ライン 全科目の合計で60%以上の得点が合格の目安。
  • 1科目でもその平均点を大きく下回る場合は、不合格となる場合があります。
受験料 各都道府県にお問い合わせください。
問合せ先 受験を予定している各都道府県の担当課または保健所
  • 2年以上の調理の実務経験については、当ページ内「実務経験に認められます」をご覧ください。

資格は生涯有効です!

試験合格後、各都道府県に申請すると「調理師免許証」が交付されます。
調理師免許証に有効期限はないので、資格は生涯有効!調理の現場で、ますますご活躍いただけます。

  • 申請の際には登録料が必要です。

よくある質問

試験に合格する以外に調理師になる方法はありますか?

調理師試験に合格する以外に、「厚生労働大臣の認可した調理師養成施設を卒業する」ことで調理師免許が取得可能です。

  • 学校卒業後に各都道府県に申請をする必要があります。
実務経験が2年に満たない場合、どうしたらよいでしょうか?

実務経験が2年に満たない方は、飲食店などで実務経験を積みながら学習を進めましょう!効率よく資格取得を目指せます。
学習で得た知識は、職場でも活かせるので一石二鳥です!

調理師免許は飲食店の経営に必須ですか?

調理師免許は調理の仕事や飲食店の経営に必須ではありません。また、調理師免許を持っていなくても、飲食店に就職して調理の仕事をすることはできます。お店を開くためには「保健所の承認」と「食品衛生責任者の資格」が必要となります。
食品衛生責任者になるためには講習会を受けるなどいくつかのルートがありますが、調理師免許を持っていれば「食品衛生責任者」の資格を申請だけで取得が可能になります。社会的な信頼も厚くなりますので、ぜひとも取得をおすすめします!

合格率は約60%!合格を狙いやすい!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

飲食店を将来的に開業したい方や、料理に対する正確な知識を習得したい方におすすめの資格が「調理師」。調理師とは、食品の「栄養」や「衛生」、「適切な調理法」などの知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロです。
食品の安全や健康への注目が高まる中、飲食店はもちろん、福祉の現場や病院、学校・会社の食堂など、活躍の場は多彩。飲食業界への就職・転職の武器になり、職場でのキャリアアップ・収入アップも期待できます。また、食に関する知識を広げられるため、普段の料理にも役立てられます。
ユーキャンの「調理師」講座は、調理師の勉強が始めての方でもスムーズに学習いただけるよう、専門用語もわかりやすく解説したテキストをご用意。1日約60分、6ヵ月で合格力が身につくカリキュラムですので、働きながらでも着実に合格を目指せます。調理師の試験はすべてマークシート方式ですが、本試験と同じ設問形式での練習問題もご用意していますので、効果的に実践力を高めることができます。

TOP