行政書士

試験攻略のポイント

資料請求(無料)

基礎をしっかり理解し、的を絞った効率学習が合格の秘訣!

  • 1. 難解な法律。まずは全体像をつかもう!
  • 2. 広い出題範囲。優先順位を意識した学習が大事!
  • 3. あなどるなかれ、一般知識等対策
  • 4. 合格へのカギを握る過去問対策

難解な法律。まずは全体像をつかもう!

法律の言い回しは独特で難解なものが多く、最初から細かく理解しようと思っても、なかなか難しいもの。
いきなり全てを覚えようとした結果、途中で挫折してしまうこともしばしば…。
まずは、法律の骨組みだけを理解し、全体像をつかむことが合格への第一歩です。

法律は難解で独特の言い回しが多い…

ユーキャンなら「入門テキスト」のストーリーマンガでイメージをつかめる!

ユーキャンは、本格的な学習に進む前に、「入門テキスト」を用意しました。各課の冒頭に4Pのストーリーマンガを設け、学習の概要をわかりやすく説明。イメージで理解しながら、難解な法律の全体像をつかむことができます!

広い出題範囲。優先順位を意識した学習が大事!

憲法、行政法、民法、商法…
膨大な範囲から、法令等科目はわずか46問しか出題されません。ただでさえ範囲が広い中、すべての科目を優先順位をつけずに学習しようとすると、多くの時間が必要となります。
試験まで時間も限られていますから、なるべく効率的に学ぶ工夫が大切です。

法令等科目の出題範囲は広いが…

ユーキャンなら優先順位の高い科目から効率的に学習!

ユーキャンでは重要度の高い科目を優先的に学習します。
最も重要な科目は民法と行政法の2つ。まずはこの2科目から学習をスタートさせて、効率的に学習を進めていきます。

あなどるなかれ、一般知識等対策

一般知識等問題は60問中14問が出題されます。
たった14問と思うかもしれませんが、一般知識等で得点が40%未満だった場合、即不合格に! いくら法令等科目で高成績を上げても、無意味になってしまいます。
つい後回しになってしまう一般知識等対策ですが、しっかり勉強することで確実に得点を稼げるチャンスに!

一般知識等対策は後回しにしがちだが…

ユーキャンなら一般知識等を専門テキストに関連づけて勉強!

ユーキャンは独立した一般知識等テキストを使いません。
代わりに各専門テキストの中で、一般知識等に関連している項目をセットで説明
法令等科目と関連付けて学ぶことで、一層理解力が深まりますし、後から一般知識等科目だけに時間を取る必要もなくなります。

合格へのカギを握る過去問対策

過去問対策は、自分の実力を知るためにも非常に大切な試験対策です。
そして問題集において、特に大事なのが「解説」!
解説の質と量」が理解度を大きく左右しますし、丁寧であればあるほど、その場で知識の復習が可能になります。まさに「過去問の解説」が合格のカギを握ると言えるでしょう。

ユーキャンなら通常の2〜3倍の解説量を実現!

多くの市販書籍が各設問に1P程度の解説にとどまるなか、ユーキャンの過去問は「2〜3P」という圧倒的な解説量を実現しました。
試験直前はテキストや問題集を行ったり来たりになりがちですが、この解説量であれば、過去問の検討だけで、十分テキストの復習も可能となっています。

さらに、ユーキャンなら…

合格デジタルサポートパックで効率学習!

従来の教材に加えて、豊富なデジタルツールがあなたの学習を強力サポートします。
学習状況や弱点をデジタル分析し、最適プランで合格までナビゲート!
ナビに従って毎日の課題に取り組むだけ!
スマホやPCで、学習進捗状況の管理や弱点の分析・対策ができたり、Webテストを解いたり、デジタルテキストや動画で知識を吸収したり。いつでもどこでも学習が進められる環境が実現します。
より着実に合格力アップがはかれる特別パックです。

挫折防止のため、質問・添削サポート万全!

通信教育というと、自分だけの孤独な戦いと思うかもしれませんが、心配無用です。
当講座の講師はなんと約50名(2019年9月現在)!
質問への対応や添削といったサポートを通じて、経験豊富な講師陣があなたに最適なアドバイスをお伝えします。

  • 質問の回答には、多少お時間をいただきます。なお、質問回数に制限を設けさせていただく場合があります。通信料はお客様のご負担となります。

法律を学習する際のコツとは?

行政書士試験の学習では、たくさんの法律が出てきます。行政書士講座のテキストが届いて、「えっ、こんなにあるの?」「大変そう…」と思われる方もいらっしゃることでしょう。でも大丈夫。法律の学習にはコツがあり、このコツをつかめば、要領よく学習を進めることができるのです。

コツは二つあります。一つ目は法律を分類することです。つまりグループ分けをして、グループの特徴をつかみます。いきなり細かい内容から入るのではなく、まずは大きな特徴を捉えることで、それぞれの法律も理解しやすくなります。そして二つ目は、「法令用語」に慣れることです。法律には独自の「法令用語」が使われていて、これが法律のわかりにくさの原因にもなっています。例えば、法令用語の「善意」「悪意」は、「善人」「悪人」とは違った意味で使われます。最初に法令用語を理解すれば、テキストも格段に読みやすくなりますよ。

主任講師:海野 高弘(当講座「入門テキスト」コラムより)

教材・テキストについて詳しく!