受験しやすい、人気の資格

初めてでも十分に合格が狙えます。

日商簿記3級は、年間25万人前後の人が受験する人気資格です。
また、合格率は40%前後。しっかり準備していれば、初めての方でも合格するのはそれほど難しくありません!

受験資格 とくにありません。どなたでも受験できます。
実施団体 日本商工会議所
試験科目 商業簿記
試験時期 年3回(2月、6月、11月の日曜日)
試験時間 2時間
合格基準 70点以上
受験料 2,850円(税込み)
その他 中学生以上の方は、原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できる身分証明書が必要です。詳しくは、試験実施団体の日本商工会議所でご確認ください。
日本商工会議所検定試験ホームページはこちら

数字が苦手でも、まったく問題ありません。

「数字が苦手なので難しそう…」という方もご心配なく!
簿記は基本的に足し算・引き算の組み合わせで、高度な数式は必要ありません。基本的な計算方法さえ身につければ、問題なく試験に臨めます。

試験は年3回、会場は全国に!

年齢や実務経験といった受験制限は一切なく、どなたでも受験できます。試験は年に3回と、受験チャンスが多いのも魅力です。
さらに、試験会場は全国に!お近くの会場で受験できます。

よくある質問

簿記3級と2級、どっちを取ればいいの?

簿記3級の資格を持っていなくても、簿記2級を受験することはできますが、2級には3級の知識が必要となります。
簿記3級は経理業務の入門的資格であり、難易度は低め。まったく初めての方は3級からの学習をおすすめします!

受験の際に「身分証明書」が必要って本当?

はい。原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できる身分証明書(運転免許証、旅券(パスポート)、社員証、学生証など)が必要となります。ただし、小学生以下の方は必要ありません。詳しくは、試験実施団体の日本商工会議所でご確認ください。

試験で使用可能な筆記用具について教えてください。

使用可能な筆記用具は、HBまたはBの黒鉛筆、シャープペン、消しゴムに限られています。ラインマーカーや色鉛筆、定規等の使用はできません。

試験で使用可能な電卓とはどのようなものですか?

使用可能な電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限られています。以下の機能があるものは持ち込めません。
・印刷(出力)機能
・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
・辞書機能(文字入力を含む)

簿記3級講座はオリコン顧客満足度(R)調査 通信講座 簿記 No.1

経理の基礎知識がやさしく学べる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

簿記とは、帳簿をつけるために必要な技能のこと。実務で役立つ経理、会計の基礎知識が習得できるので、会計や財務の知識を得ようというときの、はじめの一歩にぴったりの資格。将来的に、簿記2級へとステップアップも見込めるため、経理・会計のスペシャリストへの第一歩になる資格です。
簿記の有資格者はニーズが安定しているので、職・転職が有利に!資格は生涯有効なので、出産・子育て後の再就職にも役立ちます。

ユーキャンの「簿記3級講座」では、簿記の基本となる仕訳を中心に学び、書き込み形式の演習でトレーニング。初学者にもやさしいテキストや嬉しいサポートで、ムリなく合格が目指せます。

TOP