• 公開日:2020/05/07

簿記の資格は就職や転職活動、ビジネスに役立つため、毎年多くの人が受験する人気の資格です。日商簿記の資格は最もやさしい初級から最も難易度の高い1級まであります。その中で、簿記3級はもともと知識がない人でも勉強すれば受かるレベルと言われています。

この記事では、これから簿記の勉強を始める人に向けて、簿記3級の資格を取得するための効率のよい勉強方法や必要な勉強時間などを紹介しています。

簿記検定3級とは

簿記とは、企業や個人事業主の日々の経営活動を記録、計算、帳簿や財務諸表の管理をして、営業成績や財政状態を明らかにするための技術です。具体的に説明すると、「帳簿」というファイルに売買や企業の財産などに関する記録をつけていき、その企業の財政状況を把握します。たとえば、500円で商品の服を仕入れたときは、「500円の服を仕入れたこと」と「お金を500円使ったこと(減ったこと)」を帳簿に記録します。

一般的には、簿記といえば、商業簿記のことを指します。商業簿記とは、商品を仕入れて販売するという仕事に関わる簿記のことで、日商簿記3級の出題範囲にもなっています。そのため、3級では商業簿記の基礎を学ぶ必要があります。仕訳の仕方、総勘定元帳と財務諸表の作成方法などを習得しなければなりません。

簿記3級の難易度

簿記3級は、はじめて簿記を勉強する人でも受かる可能性があり、簿記の入門資格と言われています。難易度はそれほど高くなく、しっかり対策を立てて勉強すれば合格できるでしょう。しかし、最初は計算方法や専門用語が理解できないかもしれません。そのため、独学のほかにも専門学校に通ったり、通信教育を受けたりして勉強する人もいます。

難易度はそれほど高くないですが、普段仕事などをしていて勉強する時間をとりづらい人は、効率の良い勉強方法を選ぶことが合格へのカギです。

簿記の勉強に向いている人

新しい用語を理解して覚えることや反復練習が得意な人は、簿記の勉強に向いています。しかし、反復練習が苦手だからといって、簿記の勉強に向いていないわけではありません。簿記の資格は、学習経験や実務経験がない人でも取得できます。

独学で勉強を続ける自信のない人は、スクールに通って同じ目標を持つ仲間と協力して勉強したり、通信講座などを上手に利用したりすれば、確実に資格の取得を目指せるでしょう。

簿記3級に合格するまでに必要な勉強時間

ただし、簿記の予備知識があれば、100時間よりも短い勉強時間で合格できる可能性があります。たとえば、商業高校出身の人や経理業務経験者は、ある程度学習経験があるためスムーズに勉強を進められるでしょう。

最短で合格したい人の学習スケジュール

最短で合格したい場合は、1日あたり4〜6時間の勉強が必要です。1日あたり4〜6時間の勉強時間であれば、半月から1カ月程度で目標となる100時間を達成できます。具体的な学習スケジュールは、まず内容を理解するためにテキストを読み、問題に慣れながら理解を深めていきます。テキストの内容が理解できたら、直近の3回分の過去問題を解き、基準の合格点を目指しましょう。

間違えた箇所はそのままにせずにしっかりと見直して、理解を深めることが大切です。また、最短で合格を目指したい人は、インプットに時間をかけすぎず、予想問題や過去問題を解く時間を増やすことが合格への近道です。

じっくり勉強したい人の学習スケジュール

じっくり勉強したい人は、約3カ月の学習期間を目安に学習スケジュールを立てましょう。たとえば、試験が6月なら3月頃から学習をスタートする必要があります。最初の2週間はテキストを読んで内容の理解を目指します。次に、予想問題を解いて簿記の問題に慣れていきましょう。最後は、過去問題に挑戦し、合格点をとれるようにします。

仕事などで平日勉強時間をとれない人は、休日に勉強時間を増やす工夫をしてスケジュールを立てることが大切です。

簿記3級の勉強方法

簿記3級を取得するには、事前に最適な勉強方法を把握しておく必要があります。以下を参考に、効率よく学習を進めていきましょう。

参考書を1冊読み通す

まずは、簿記の基礎をしっかり理解するために参考書を1冊読み通すことが大切です。時間がないという理由で基礎ができていないまま、問題を解こうとすると難しく感じ、簿記に対して苦手意識を持ってしまう可能性があるからです。苦手意識を持ってしまうと、モチベーションが下がり、勉強の効率も下がってしまいます。

また、参考書は何冊も用意せず自分が理解しやすいと思うものを1冊選び、理解ができるまで何回も読み込みましょう。わからない用語などを理解せずにそのままにしておくと、いざ問題に挑戦するときに困ることになります。参考書を読む時間をなかなかとれない人は、通勤時間など空いた時間を有効活用することがおすすめです。

過去問題を解く

簿記の基礎を理解できたら、次は過去問題を解くことに集中しましょう。過去問題は直近の3回分に絞って解くことが大切です。3回分くらいの過去問題を解けば、ある程度の出題傾向を把握できるようになります。

とはいえ、簿記3級の試験では、類似問題や応用問題も出題されます。そのため、過去問題の答えを丸暗記するだけでは合格できません。実際の試験で対応できるようにするには、どんな問題が出題されても対応できる計算方法や、簿記の知識を身につけておく必要があります。

不正解だった問題を参考書で見直す

過去問題を解くなかで、不正解だった問題は参考書を活用するなどして見直すことが大切です。見直しをする際は、間違えた原因をしっかり把握するようにしましょう。そして、もう一度同じ問題に挑戦し、解けるかどうか確認します。問題を解いて、見直しをするという学習を何度も繰り返し、全問正解できれば正しく理解が進んだといえるでしょう。

簿記3級では、過去問題と同じような問題が出題されることもあります。そのため、試験前の総仕上げとして過去問題は完璧に解けるようにしておくことが重要です。最低でも1週間から20日程度は過去問題に集中する期間を設けましょう。

試験当日の対策

簿記の試験対策は、試験前の学習だけではなく、試験当日もいくつか意識しておくポイントがあります。ここでは、試験当日の対策を紹介します。

解く順序を決める・自信のある問題から解く

試験の問題をどの順序で解くのか、事前にある程度決めておきましょう。たとえば、第1問は15分で解き、第2問は20分で解くなど問題ごとに解答時間を割り振っていく方法があります。その際、最後に見直しをする時間も確保しておくことが大切です。

しかし、試験当日は緊張や不安から問題を解くのに時間がかかってしまい、予定通りに問題を解くことができないケースもあるでしょう。その際は、焦らずあわてず自信を持って解けるものから解いていくなど、臨機応変に対応することも大切です。本番でわからない問題があった場合、時間をかけて考えこまず、すぐに解ける問題にシフトするくらいの気持ちで挑みましょう。

計算機は使い慣れたものを選ぶ

簿記の試験では、計算問題が出題されるため、計算機(電卓)の持ち込みが可能です。普段から使い慣れているものを選びましょう。受験生が試験でミスしやすいのは、計算問題です。計算ミスをしてしまう原因の一つに、使い慣れていない計算機を使用していることもあげられます。使い慣れてない計算機だと、打ち間違いをしやすいためです。

簿記の試験の計算問題は、機能性に優れている計算機は必要ありません。簿記の試験はスピーディーに解くことが重要なので、大きめのサイズで数字が打ち込みやすい計算機を使用しましょう。

まとめ

簿記3級の資格は、簿記の学習経験がない人でも最適な勉強方法で効率よく勉強すれば、合格を目指せます。独学やスクールなど勉強方法にもいろいろありますが、効率よく勉強するならユーキャンの簿記3級講座がおすすめです。

ユーキャンの簿記3級講座は、2019年オリコン顧客満足度®調査通信講座 簿記で1位を獲得しており、多くの人が受講しています。また、わずか3カ月で合格に必要な学力が身に付くので、忙しい人でも効率よく勉強できます。簿記3級試験の合格を目指す人は、ぜひユーキャンの簿記3級講座をご活用ください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

簿記(3級)講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

簿記とは、帳簿をつけるために必要な技能のこと。実務で役立つ経理、会計の基礎知識が習得できるので、会計や財務の知識を得ようというときの、はじめの一歩にぴったりの資格。将来的に、簿記2級へとステップアップも見込めるため、経理・会計のスペシャリストへの第一歩になる資格です。
簿記の有資格者はニーズが安定しているので、職・転職が有利に!資格は生涯有効なので、出産・子育て後の再就職にも役立ちます。

ユーキャンの「簿記3級講座」では、簿記の基本となる仕訳を中心に学び、書き込み形式の演習でトレーニング。初学者にもやさしいテキストや嬉しいサポートで、ムリなく合格が目指せます。

TOP