• 公開日:2020/09/25

この記事では、受験者が増加傾向にある衛生管理者試験に関して、第一種・第二種の違いから試験の概要、合格発表まで、受験に必要な情報について解説します。効率的な受験対策のためにも、資格取得を検討中の人は衛生管理者試験についてしっかり理解しておきましょう。

衛生管理者とは?

衛生管理者の仕事とはどのようなものか、どうすればなれるのか、資格の種類などについて解説します。

資格取得により活躍が可能

事業場での衛生管理により、労働者の健康状態を守るのが衛生管理者の仕事です。衛生や健康について教育したり、健康障がいを防止する措置を講じたりします。法律では、常時50人以上の労働者がいる事業場では1人以上の衛生管理者を選任しなければならないと定められています。

衛生管理者になるには、国家試験である衛生管理者試験に合格することが必要です。資格を取得すれば、衛生管理者としてさまざまな職場で仕事に就くことができます。

第一種衛生管理者・第二種衛生管理者の違い

衛生管理者には第一種と第二種がありますが、仕事の内容は基本的に同じです。違いは「有害業務」を含む業種でも業務を担当できるかどうかです。それぞれの衛生管理者の違いについて解説します。


第一種衛生管理者

第一種衛生管理者は有害業務を含む、全ての事業場の業務を担当できます。有害業務とは、有害なガスや液体を扱う工場などで衛生を管理する仕事のことです。このような事業場では重大な労働災害が起きやすいため、第一種衛生管理者の責任は重大です。そのため、企業から常に高いニーズがあります。


第二種衛生管理者

第二種衛生管理者は、有害業務とは関連の少ない事業場の業務を担当できます。小売業や金融業、通信業など、有害物質を扱わない事業場で働くことになります。したがって、第二種衛生管理者の資格を取得したとしても、有害物質を扱っている業種や事業場では衛生管理者として働けない可能性があるので注意が必要です。

衛生管理者試験の概要とは?

衛生管理者試験の受験資格や試験日程、出題内容などについて紹介します。

受験資格

衛生管理者試験の受験資格には、学歴と実務経験の2つの条件があります。主な3つの受験資格として、「最終学歴が大学卒業・短期大学卒業・高等専門学校卒業で労働衛生の実務経験が1年以上」「高等学校または中等教育学校卒業で労働衛生の実務経験が3年以上」「労働衛生の実務経験が10年以上」があります。

学歴に関しては中卒から大卒まで幅広いため、ほぼ全ての人が条件を満たしているといえます。安全衛生技術試験協会のホームページには、より詳しい受験資格が記載されているので、必要に応じて確認してください。

  • 参考:受験資格(第一種衛生管理者・第二種衛生管理者)|公益財団法人安全衛生技術試験協会(https://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm)



添付書類

受験を申し込む際には、実務経験を証明するための「事業者証明書」と、学歴や資格を証明するための「卒業証書(写し)」「修了証明書(原本)」「合格証(写し)」の添付が必要です。事業者証明書とは、受験者の「労働衛生の実務」への従事を事業者が証明する書類です。


労働衛生の実務

全ての受験者には一定期間の「労働衛生の実務」への従事実績が求められます。この労働衛生の実務とは、健康診断実施のための業務や作業場等の衛生管理業務、看護師や保健所職員としての業務などです。労働衛生の実務としては13項目の業務が認められています。

事業者に事業者証明書を書いてもらえれば、一般的な清掃活動なども労働衛生の実務として認められる場合があります。確認してみましょう。

  • 参考:事業者証明書|公益財団法人安全衛生技術試験協会(https://www.exam.or.jp/exmn/eisei.pdf)


試験日程

衛生管理者試験は月1~5回程度実施されています。受験会場は九州・中国四国・近畿・中部・関東・東北・北海道の7カ所の安全衛生技術センターです。各センターで実施回数が違うため、試験日をチェックしておきましょう。なお、年に1回程度「出張特別試験」として各地域で受験ができます。近くにセンターがない場合に活用してはいかがでしょうか。

試験範囲

衛生管理者試験の試験範囲を紹介します。


試験科目

試験科目は大きくわけると「労働生理」「労働衛生」「関連法令」の3科目です。このうち、労働衛生と関連法令は、有害業務関連と非有害業務関連に分けられます。第一種の試験では両方が試験範囲となり、第二種では非有害業務関連のみ出題されます。


免除科目

第二種衛生管理者の資格を持っている人が第一種衛生管理者の試験を受ける場合は「特例第一種衛生管理者」という試験区分となり、試験科目のうち、労働衛生・関係法令の非有害関連・労働生理が免除されます。船員法による衛生管理者適任証書の交付を受け、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する人も労働生理が免除されます。

合格ライン

第一種・第二種衛生管理者の合格ラインは、各科目で40%以上の得点を取り、かつ全体で60%以上の得点を取ることです。

受験者数の推移

実施年度 第一種受験者数(人) 第二種受験者数(人)
2018 67,080 32,985
2017 65,821 31,537
2016 61,500 29,186
2015 55,129 25,716
2014 53,111 25,069

上の表は、過去5年の受験者数です。第一種・第二種ともに年々受験者数が増加しています。衛生管理者はもともと人気がある資格でしたが、さらに関心が高まってきているといえるでしょう。

衛生管理者試験の合格発表について

衛生管理者試験の合格発表日や試験結果が通知される方法について紹介します。

合格発表日について

原則として試験日から7日後です。正式には試験日に合格発表日をアナウンスすることになっています。念のため、試験会場で合格発表日を確認しておきましょう。

合格発表の方法について

合格発表の方法は3つあります。1つ目は合格発表日に各安全衛生技術センターのホームページで行われる受験番号発表です。合格発表の時間は通常9:30です。2つ目は各安全衛生技術センターの掲示板での受験番号の掲示、3つ目は郵送による通知になります。

郵送の場合、「免許試験合格通知書」または「免許試験結果通知書」が合格発表日に発送されるので、自宅に届くのは数日後になるでしょう。合格の場合は、何問正答したかなど試験結果の詳細は通知されません。


各安全衛生技術センターのホームページはこちら

試験結果を各安全衛生技術センターのホームページでチェックする場合は、以下のアドレスを参照してください。合格後は試験会場でもらった免許申請書に必要事項を記入して、免許試験合格通知書および必要書類を添付のうえ提出する必要があります。提出先は東京労働局免許証発行センターですので、間違えないようにしましょう。

  • 北海道安全衛生技術センター(https://www.hokkai.exam.or.jp/)
  • 東北安全衛生技術センター(https://www.tohoku.exam.or.jp/)
  • 関東安全衛生技術センター(https://www.kanto.exam.or.jp/)
  • 中部安全衛生技術センター(https://www.chubu.exam.or.jp/)
  • 近畿安全衛生技術センター(https://www.kinki.exam.or.jp/)
  • 中国四国安全衛生技術センター(https://www.chushi.exam.or.jp/)
  • 九州安全衛生技術センター(https://www.kyushu.exam.or.jp/)

衛生管理者試験の勉強時間の目安とは?

衛生管理者試験の平均的な勉強時間の目安は、100時間程度です。もちろん、実務経験が長い場合はより短時間の勉強時間で合格できるでしょう。出題範囲が狭い第二種では、より短時間の勉強時間でも合格が目指せる可能性が高まります。仕事や家事などが忙しくても、試験の4~6カ月ほど前から勉強を始めれば無理なく合格を目指せます。

第一種衛生管理者


合格率

2018年度の第一種衛生管理者試験の受験者数は6万7,080人、うち合格者は2万9,631人でした。合格率は44.2%です。


難易度

合格率をみると半数以上が不合格になっていますが、他の国家試験と比べると、合格率は高めです。難易度は高くないといえるでしょう。

第二種衛生管理者


合格率

2018年度の第二種衛生管理者試験の受験者数は3万2,985人、うち合格者は1万7,271人でした。合格率は52.4%です。


難易度

第二種衛生管理者の試験もそれほど難易度は高くないといえます。例年、第二種の合格率のほうが第一種より10%前後高い傾向にあり、2018年度も同様の結果になりました。

衛生管理者試験合格に向けた対策方法とは?

衛生管理者試験の勉強は、参考書や問題集を使った勉強が一般的です。出題範囲が労働生理・労働衛生・関連法令と広範囲にわたるため、効率的な学習が必要です。セミナーや講習会に参加するのが難しい人に適しているのは通信講座です。ユーキャンの衛生管理者合格指導講座なら、忙しい人でも自分のペースで効率的に学習を進められるでしょう。

まとめ

衛生管理者は、さまざまな企業でのニーズが高い国家資格です。学歴や実務経験など受験資格があるので、事前に確認しておきましょう。試験日や試験科目、合格発表の方法などは安全衛生技術センターで情報を収集できます。衛生管理者試験の難易度はそれほど高くないものの、独学では効率的な勉強が難しいため、通信講座を検討するのもおすすめです。

ユーキャンの衛生管理者合格指導講座には第一種・第二種の2コースがあり、最短4カ月で合格を目指せるカリキュラムが組まれています。最新の出題傾向にも対応した教材はイラストと図が満載でわかりやすく、スキマ時間にぴったりの短期速習テキストも付いてきます。質問・添削や試験情報の配信など、充実したサポートが受けられます。合格を目指すなら受講を検討してみてはいかがでしょうか。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

衛生管理者講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

労働災害を未然に防ぐプロフェッショナルとして注目されている衛生管理者。労働安全衛生法によって、業種に関わらず常時50人以上の従業員が従事する事業場では、衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。しかし、現在はこの資格の取得者が不足していることもあり、資格取得はまさに今がチャンス。衛生管理者になることができれば、キャリアアップはもちろんのこと、転職・再就職に有利ですので、総務・労務などのスペシャリストとして昇進・昇給を考えている方、総務・事務関連に転職を考えている方におすすめの資格です。
ユーキャンの「衛生管理者」講座では、過去5年以上の試験問題を分析し、よく出るところに的を絞った効率的なテキストをご用意。初めての方でも仕事や家事で忙しい方でも、無理なく合格を目指せます。

TOP