• 公開日:2020/09/25

労働者が常時50人以上いる事業場では、1人以上の衛生管理者を選任する必要があります。そのため、企業から継続的に高いニーズがあるのが衛生管理者です。転職やキャリアアップのために、資格取得を検討している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、衛生管理者試験の合格率や難易度、衛生管理者の仕事内容などを詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

衛生管理者とは?

衛生管理者とは、職場の衛生環境を管理して労働者の健康と命を守る職務を担う人です。「労働安全衛生法」にもとづく国家資格を取得すれば、衛生管理者と認められます。

第一種衛生管理者・第二種衛生管理者の違いは?

第一種衛生管理者と第二種衛生管理者の違いは、「有害業務を含む業種でも業務を行えるかどうか」です。「有害業務」とは、有害な粉末・ガスが発生する工場など、適切に管理しないと労働者の健康に重大な影響が出る環境で行う業務のことを指します。

第一種衛生管理者免許は有害業務を含む全業種に対応可能です。一方、第二種衛生管理者免許では有害業務が行われる職場を担当することはできません。それ以外の業務は基本的に同じです。

衛生管理者の仕事内容

衛生管理者は主に4つの業務を行います。1つ目は「労働者の危険・健康障がいを防止する措置を行う」ことです。2つ目は「労働者に健康・衛生に関する教育をする」ことで、3つ目が「健康診断の実施など健康の保持・増進のための措置を行う」ことです。4つ目は「労働災害の原因を調査し再発防止の措置を取る」ことです。

これらに加えて、「作業場などを週に1回巡回する」「衛生委員会を必要とする職場では衛生委員を担当する」ことも衛生管理者の仕事です。

衛生管理者を置かなかった場合は?

労働安全衛生法違反になり、50万円以下の罰金が科されます。事業主は選任義務が発生した日から14日以内に衛生管理者を選任し、すみやかに所轄の労働基準監督長へ報告しなければなりません。

衛生管理者になるには、どうしたらいい?

衛生管理者になるには、第一種衛生管理者試験または第二種衛生管理者試験に合格すること必要があります。ここでは受験資格や費用などについて紹介します。

受験資格

衛生管理者の受験資格は第一種衛生管理者試験と第二種衛生管理者試験とで共通しています。主な受験資格として次の3つの条件があり、いずれかを満たしている人が受験できます。1つ目は「最終学歴が大学卒業・短期大学卒業・高等専門学校卒業で、かつ労働衛生の実務経験が1年以上ある人」です。

2つ目は「最終学歴が高等学校卒業または中等教育学校卒業で、かつ3年以上の労働衛生の実務経験がある人」3つ目が「10年以上労働衛生の実務経験がある人」です。なお、第二種衛生管理者免許を持っている場合、第一種衛生管理者試験で一部の科目が免除されます。

更新は必要?

更新の必要はありません。第一種衛生管理者・第二種衛生管理者ともに有効期限はなく、一度取得すればずっと有効です。ただし、法律が変わることもあるため、定期的に最新の情報をフォローしておきましょう。

費用はどのくらいかかる?

第一種衛生管理者・第二種衛生管理者ともに試験手数料は6,800円です(※国家試験のため非課税)。ただし、銀行や郵便局からの払込費用が別途かかります。安全衛生技術センターなどで直接申し込む場合は現金で支払えます。

衛生管理者の試験内容は?

衛生管理者の試験は第一種衛生管理者・第二種衛生管理者ともに「関係法令(労働基準法、労働安全衛生法)」「労働衛生」「労働生理」の3つの科目から出題されます。

第一種衛生管理者試験の試験内容

第一種衛生管理者試験では、関係法令の問題は非有害業務関連が7問、有害業務関連が10問で計17問出題されます。労働衛生からの出題は非有害業務関連が7問、有害業務関連が10問で計17問です。労働生理からは10問出題されます。全ての出題数を合計すると44問、試験時間は3時間です。

第二種衛生管理者試験の試験内容

第二種衛生管理者試験では、関係法令から非有害業務関連が10問、労働衛生からは非有害業務関連が10問、労働生理からは10問出題されます。有害業務関連がないことから、第一種衛生管理者試験と比べて問題数は少なく、全30問です。試験時間は3時間です。

衛生管理者試験の合格率は?

第一種衛生管理者試験・第二種衛生管理者試験ともに、科目ごとの正答率が40%以上、かつ全体の正答率が60%以上という合格基準が定められています。合格者数に定員はないため、この基準をクリアすれば合格です。

第一種衛生管理者試験の合格率

実施年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
2018 67,080 29,631 44.2
2017 65,821 29,636 45.0
2016 61,500 28,003 45.5
2015 55,129 30,587 55.5
2014 53,111 29,922 56.3

第一種衛生管理者試験は、受験者数が毎年増加している人気資格です。5年間の合格率の平均は49.3%となっており、他の国家資格に比べて合格率が高いといえます。

第二種衛生管理者試験の合格率

実施年度 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
2018 32,985 17,271 52.4
2017 31,537 17,302 54.9
2016 29,186 16,189 55.5
2015 25,716 16,983 66.0
2014 25,069 17,365 69.3

第二種衛生管理者試験も受験者数が毎年増加している人気資格といえます。5年間の合格率の平均は59.6%であり、国家資格としては高い合格率です。第一種衛生管理者試験と比べても、合格率が10%ほど高い傾向にあります。

衛生管理者試験の合格率が低下している理由は?

合格率が年々低くなっていることに気づいた人もいるのではないでしょうか。国家資格としては依然として高い合格率を保っていますが、試験を受ける人にとっては少し心配になるところでしょう。

合格率が低くなっている理由としては、出題傾向が変わったことが指摘されています。このため、試験対策としては最新の問題集に取り組んだり講習会に参加したりするなどして、最新の出題傾向をつかむことがより必要になってきているといえるでしょう。

衛生管理者試験の難易度は?

前述した通り、合格率は年々下がってきているものの、結論から言えば、衛生管理者試験はしっかりと勉強をした人であれば、誰でも合格可能な試験です。常時50人以上の労働者が働く事業場においては衛生管理者を必ず選任しなくてはならず、多数の有資格者が求められている現状からも、他の専門的な国家資格に比べれば決して難易度が高いわけではありません。

それでも、一定の勉強時間を確保しなければ、合格は難しいといえます。また、知識をただ暗記すればいいわけではなく、理由や背景をしっかり理解しなければ合格は難しいでしょう。単に解答を覚えるのではなく、基本をしっかり押さえながら知識を関連付けていくことが、合格への近道です。

衛生管理者試験に合格するための勉強法とは?

資格取得を目指すとなると、やはり「どれぐらい勉強すればいいのか」「合格者はどんな方法で勉強したのか」などが気になるところです。ここでは衛生管理者試験に合格するための方法を紹介します。

独学でも合格は可能?

衛生管理者の試験は、独学でも合格可能です。過去の問題はインターネットなどでもダウンロードできますし、参考書も販売されています。セミナーや講習会を受講する時間が取れない人でも、独学で資格取得を目指すことができます。

一発合格は可能?

第一種衛生管理者・第二種衛生管理者ともに、科目ごとの正答率が40%以上、かつ全体の正答率が60%以上で合格となります。これはあまり高くないハードルのため、一発合格も可能と言えるでしょう。

一方で、試験が年に何度もあることから一回の試験へのモチベーションが低くなってしまい、合格するまで何度も受験が必要になる人もいます。一発合格を狙うためには、集中して試験対策に取り組むことが大切です。

どのくらいの期間の勉強が必要?

第一種衛生管理者試験に合格するには、一般的には100時間程度の勉強時間が必要です。1日の勉強時間にもよりますが、4~6カ月前ぐらいから勉強を始めるといいでしょう。第二種衛生管理者試験の場合は、出題範囲がやや狭いこともあり、これよりも必要な時間は短いでしょう。

第二種衛生管理者試験合格者のなかには1~2カ月程度の集中学習で合格したという人もいますが、仕事や家事などでなかなか時間を取れないことも多いため、あせらず無理せずコツコツと学習していくことが大切です。

衛生管理者資格の取得メリットとは?

衛生管理者資格は、年々受験者が増えている人気資格です。どのようなところに資格を取得するメリットがあるのでしょうか。

キャリアアップ・就職・転職に有利

近年、コンプライアンスを重視する企業が増えています。そうした背景もあり、衛生管理者資格を持っていると、就職・転職活動で有利になるでしょう。衛生管理者資格の取得を昇進要件のひとつにしている企業もあります。管理職や総務・労務のスペシャリストとして活躍できるなど、キャリアアップが見込めます。

有資格者が少なく、ニーズがある

継続的に企業からのニーズがあることも、衛生管理者の資格を取得するメリットです。常時50人以上の労働者が働く事業場では、必ず1人以上選任しなければならない衛生管理者ですが、その絶対数が十分ではありません。就職や転職の時に、資格を取得していると有利になることも多いでしょう。

資格手当がつく場合もある

多くの企業では衛生管理者に対して資格手当を支給しています。額は企業によって違いますが、月あたり数千円以上の収入アップが見込めることもあります。転職を考えていない場合でも、経済的なメリットがあるのが衛生管理者資格なのです。

まとめ

衛生管理者試験は、しっかり勉強すれば誰でも合格できる合格率の高い国家資格です。就職や転職に有利なほか、キャリアアップにも役立つなどのメリットがあることから、人気が高まっています。

衛生管理者試験の合格を目指すなら、ユーキャンの衛生管理者合格指導講座がおすすめです。第一種衛生管理者試験と第二種衛生管理者試験の2つのコースを選べ、最短4カ月で合格を目指せるカリキュラムが用意されています。

スキマ時間を有効活用できる短期速習テキスト、イラストや図解を多用したわかりやすい説明で効率的に学習ができます。また、独学では情報のキャッチアップが難しい法改正情報や最新の出題傾向にも対応しており、安心して勉強を進められます。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

衛生管理者講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

労働災害を未然に防ぐプロフェッショナルとして注目されている衛生管理者。労働安全衛生法によって、業種に関わらず常時50人以上の従業員が従事する事業場では、衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。しかし、現在はこの資格の取得者が不足していることもあり、資格取得はまさに今がチャンス。衛生管理者になることができれば、キャリアアップはもちろんのこと、転職・再就職に有利ですので、総務・労務などのスペシャリストとして昇進・昇給を考えている方、総務・事務関連に転職を考えている方におすすめの資格です。
ユーキャンの「衛生管理者」講座では、過去5年以上の試験問題を分析し、よく出るところに的を絞った効率的なテキストをご用意。初めての方でも仕事や家事で忙しい方でも、無理なく合格を目指せます。

TOP