介護の現場で求められる国家資格

現場で働く、介護のリーダー的存在。

介護福祉士は、お年寄りや身体の不自由な方への介護を行う専門職。介護サービスの中心となる重要な存在です。高齢化が進む今、介護福祉士はますます必要とされています。

介護福祉士の主な3つのお仕事

介護福祉士は、主に3つの領域について介護業務を行っています。

①身体介護…食事や入浴、車いすでの移動補助など、生活動作の介助をします。

②相談・助言…利用者の方やそのご家族からの介護の相談に対し、アドバイスを行います。

③生活支援…生活に関わる家事や身の回りのお世話をします。

介護ヘルパーの指導や、介護計画の作成も。

ご家族の介護をする方や、介護現場で働くヘルパーさんなどに指導・助言をすることも。自分の持つ介護の専門知識や技術を伝え、実際に介護を行う仲間の負担を軽減します。
また、介護を必要とする方、一人ひとりに合わせた適切な介護計画を立てるのも、介護福祉士の仕事のひとつです。

活躍の場は、あらゆる介護・福祉の現場。

介護福祉士は広く認知された国家資格で、介護・福祉に関する専門的な能力と経験を持つ証明に!求人が多く、活躍の場が幅広いのも魅力です。
働く場所は在宅または施設に大きく分けられ、さらに業態や制度に応じて各種施設が設けられています。
お年寄りや身体の不自由な方が利用する社会福祉施設や、自宅での介護サービスを提供する訪問介護、有料老人ホームなど、あらゆる現場で求められています。

よくある質問

介護福祉士の取得メリットとは?

介護福祉士になると、無資格に比べて多くのメリットが生まれます。

(1)仕事内容の広がり
介護だけではなく、利用者の家族に対する助言や、ヘルパーへの指導・アドバイスなど、幅広い業務を担当できるようになります。

(2)待遇のアップ
一般的な介護職よりも給与が高いといえる介護福祉士ですが、無資格者と比べると月収が平均で約4.7万円アップする場合もあります。現場のリーダーとしての役割を期待されることから、昇進の機会に恵まれるのも大きなメリットです。
出典:介護求人専門サイト かいご畑(https://kaigobatake.jp/column/kaigofukushishi.php)

(3)就職や転職での優位性
事業所でサービス提供責任者などの役職を置く場合、介護福祉士資格を条件としているケースが少なくありません。また、介護福祉士を雇用すると国から補助金が交付されるため、介護施設では積極的な採用を行っています。
こうした理由から、就職や転職における介護福祉士の需要は高く、就職や転職で有利といえるでしょう。

介護士とは違うのですか?

介護士は一般的に介護施設などで働く方のことをいい、資格名ではありません。介護福祉士は国家資格で、「介護のプロ」として幅広い知識と実務経験を持つ証明となります。

受験の際、受験資格はありますか?

はい、介護福祉士試験を受験するためには、3年以上の実務経験期間が必要です。また、実務者研修の修了が必須となります。受験前には、必ず受験資格についてご確認ください。

ポイントを凝縮!効率よく学べるテキスト

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

オプションサービスのご案内

介護福祉士とは、お年寄りや身体の不自由な方の介護をする専門職。食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、利用者への相談・助言を行います。介護サービスの中心となる重要な存在として、介護関係の仕事に就いている方には広く認知された国家資格です。介護のプロとしての「証明」になるため、信頼や評価が大きくアップ! 資格手当などの待遇アップや昇給なども期待できます。介護の現場でさらに活躍したい方はもちろん、介護福祉関係の就職・転職を目指す方におすすめの資格です。
当講座は国家試験対策に特化しており、すでに実務者研修を修了、もしくは他社などで修了予定の方におすすめです。毎年多くの合格者を輩出しているユーキャン独自のノウハウで、働きながら資格取得を目指す方や初めて学習する方でも、ムリなく介護福祉士の合格が目指せる講座です。

TOP