• 公開日:2020/09/18

2014年に新設された、介護関連資格のレクリエーション介護士。高齢者が楽しめるレクリエーションを企画し、安全に実行する方法を学べる資格です。介護の現場では近年レクリエーションの重要性が高まっているため、取得したいと考える方も増えているのではないでしょうか?
ここでは、レクリエーション介護士資格取得を具体的に考えている方向けに、レクリエーション介護士2級・1級の概要や資格取得までの流れ、試験問題の傾向についてご紹介します。

レクリエーション介護士2級・1級の違い

一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が認定するレクリエーション介護士には、2級と1級があります。まずはそれぞれの違いを確認しましょう。

【レクリエーション介護士2級】

レクリエーション介護士2級では、レクリエーションを実践するための基本的な技術や考え方を学ぶことができます。また、高齢者とのコミュニケーションのポイントや、具体的なレクリエーションの企画・実施、見直しの方法なども学ぶことが可能です。

受験に経験や年齢、特定資格の有無などは問われず、誰でも受験可能。また、試験は通信講座を選択した場合は在宅受験、通学講座の場合はスクールでの会場受験となります。いずれの方法を選択するにしても、合格のためにはマークシートの筆記試験で60点以上を獲得し、添削課題をクリアしなければなりません。

【レクリエーション介護士1級】

レクリエーション介護士1級は、2級の上級資格。1級ではより高度な知識・経験が要求されます。レクリエーションの企画や実施の他、高齢者一人一人に合わせたレクリエーションのアレンジ力が身につきます。また、介護施設によって異なるレクリエーションの捉え方や方針に合わせて対応できる応用力についても学ぶことができます。さらに、他のスタッフに対して指導を行ったり、レクエーションを実施するリーダーとして活躍したりできるようになるでしょう。

レクリエーション介護士1級の受験には、レクリエーション介護士2級の資格取得が必須。試験は指定された日程・会場でしか行われず、在宅受験はできません。

レクリエーション介護士資格の取得の流れ

【レクリエーション介護士2級取得の流れ】

レクリエーション介護士2級を取得するためには、協会が認定する講座を受講する必要があります。講座は通信講座と通学講座の2種類から選択可能です。

通信講座は自宅でレクリエーション介護士について学ぶことができ、自分のペースで勉強できる点が魅力。分かりやすく書かれたテキストやDVD教材を利用できるため、1人でも問題なく学習を進めることができるでしょう。また、通信講座の場合は在宅受験が可能です。
自分で計画を立てて学習していくため、自己管理ができる方に適しています。また働きながら資格取得を目指す方は、空き時間を上手に活用できる通信講座がおすすめです。

通学講座は、短期間で資格を取得したい方に適しています。しかし、講座を実施しているスクールは限られており、住んでいる地域によっては通学が困難な場合もあるでしょう。自宅、または職場の近辺にスクールがあるかどうか、事前に確認しておいてください。

【レクリエーション介護士1級取得の流れ】

レクリエーション介護士1級取得には、資格認定団体主催のアイスブレイク体験会への参加、必須講座(4日間)の受講、フォローアップ研修と現場実習の実施、認定試験の合格全てが必要です。認定試験は、150満点中60%以上で合格となります。
以上全てをクリアすれば、レクリエーション介護士1級の認定を受けることができます。

レクリエーション介護士2級は2016年現在1万人近い取得者がいますが、2016年4月に創設されたばかりのレクリエーション介護士1級は、まだ取得者も少ない状況です。

レクリエーション介護士2級の試験問題傾向

レクリエーション介護士2級の通信講座、通学講座では、ともに試験が実施されます。
試験は受講した講座の内容確認問題という意味合いが強いことが特徴です。講座をしっかりと受講し、それぞれの内容やポイントをしっかり理解しておきましょう。

また、レクリエーションそのものに関する問題だけではなく、高齢者の心理問題も出題されます。高齢者に関する知識もしっかりと頭に入れておきたいところです。

まとめ

重要度が高まってきている、高齢者の生活を豊かにするレクリエーション。レクリエーションを専門的に学んだことの証明になるレクリエーション介護士は、高齢者にとっても、そして介護士のキャリアアップやスキルアップにも役立ちます。また、現在介護の仕事に就いている方、これから介護の仕事を始めたいと考えている方の入門資格としてもおすすめです。ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

レクリエーション介護士2級講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

オプションサービスのご案内

レクリエーション介護士2級は2014年に誕生した資格です。近年、物質的な豊かさだけでなく、精神的な充実も考えるQOL(Quality Of Life)つまり“生活の質”という考え方が注目されています。レクリエーションは高齢者のQOL向上を促し、健康維持・促進をサポートする方法の一つとして、強く求められています。介護レクリエーションを体系的に学習したいという方におすすめなのが、ユーキャンの「レクリエーション介護士2級」講座です。当講座では、介護やレクの知識や実務経験がないという方も安心してスタートできるように、レクリエーション介護士で学習する内容がイメージできる“テキスト0(ゼロ)”をご用意しました。また、試験対策のためのテキストはたったの2冊。1日の学習時間は30分~1時間でOK! 3ヵ月で合格が狙えるカリキュラムです。さらに資格試験はご自宅で受けられる、忙しい方も安心の講座です。当講座は資格制度を運営する一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会の全面協力のもとで開発。テキストでの学習に加えて、添削指導でレクリエーションを企画・実施できる知識とスキルを身につけます。添削課題を全て提出し、最終課題に合格された方には、レクリエーション介護士2級の資格が付与されます。

TOP