• 公開日:2020/04/17

ITパスポートは、エンジニアだけでなく、あらゆる職種や業務で必要となるITに関する知識やリテラシーについての基礎的な情報を幅広く学べる資格です。学生・社会人を問わず取得できるものの、国家資格ということもあり、独学で合格を目指すのは難しいのでは?と不安に思う人もいるでしょう。

この記事では、ITパスポートの取得を目指す人に向けて、ITパスポートの基本的な情報や試験の概要について解説しています。独学で勉強する場合のポイントや、通信講座で勉強するメリットも独学と比較して紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ITパスポートとは?

ITパスポートとは、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です。ITパスポートで問われる知識の内容には、経営戦略やシステム戦略、ソフトウェア開発管理技術、ネットワークやセキュリティなどがあります。

試験は「ストラテジ系(経営全般)」「マネジメント系(IT管理)」「テクノロジ系(IT技術)」の3分野から構成されており、IT知識を業務に活かせる「IT力」を身につけることを目的としています。

ITパスポートを取得するメリット

どの業界で働くにせよ、自分が使うシステムをよく理解しないまま使用していては、イレギュラーやトラブルに対応できません。ITパスポートでは、ビジネスパーソンが知っておくべきIT知識の基礎を身につけることができます。

また、ITパスポートでは技術的な知識だけでなく、情報漏洩やセキュリティ対策に関する知識も養うことができます。コンプライアンスが重要視される現代において、情報リテラシーの証明は就職や転職でのアピールポイントになるでしょう。

ITパスポートは独学で合格できるか?

独学でITパスポートに合格することは可能です。また、実際に独学で合格した人もいます。しかし、独学で試験対策をするには、多くのテキストの中から自分に最適なものを選び、モチベーションを保ってスケジュールを立てるなど、自己管理能力が必要となってきます。

よりスムーズに合格を目指すなら、通信講座を利用するのもいいでしょう。以下で解説する試験内容や勉強方法を参考に、独学と通信講座のどちらがいいか検討してみてください。

ITパスポートの試験内容

ここでは、ITパスポートの試験内容や合格点、難易度について解説します。

試験内容

出題範囲

出題範囲は「ストラテジ系(経営全般)」「マネジメント系(IT管理)」「テクノロジ系(IT技術)」の3分野です。

3つの分野はさらに、ストラテジ系が「企業と法務」「経営戦略」「システム戦略」、マネジメント系が「開発技術」「プロジェクトマネジメント」「サービスマネジメント」、テクノロジ系が「基礎理論」「コンピュータシステム」「技術要素」の大分類にわかれています。


出題数

全体で100問となっています。内訳はストラテジ系が35問程度、マネジメント系が20問程度、テクノロジ系が45問程度です。


試験時間

試験時間は120分です。


試験方式

試験方式はCBT方式です。コンピュータに表示される4つの選択肢の中から1つ正解を選び、マウスやキーボードで操作して解答します。


受験資格

特にありません。年齢も不問で、学生でも受験可能です。


受験料

受験料は5,700円(税込み)(2019年12月現在)です。

合格点

ITパスポートの合格点は、総合評価点が1,000点中600点以上、3分野の分野別評価点がそれぞれ1,000点中300点以上となっています。問題全体で600点以上獲得し、かつ、それぞれの分野で300点以上ずつ獲得することが合格基準です。

ITパスポートの出題問題は各回で違うため、難易度の偏りによって合格率に影響しないよう、解答結果から都度、評価点を算出するIRT方式で採点されます。そのため、1問10点という単純なことにはならず、受験者は問題の配点を知ることができません。

難易度

ITパスポートは、IT系の国家試験の中ではいわゆる「入門レベル」にあたるもので、難易度はそこまで高くはありません。IPA(情報処理推進機構)が定める試験区分では、他の国家試験のほとんどがエンジニア向けなのに対し、ITパスポートは「ITを利活用するすべての社会人」のための共通的知識と区分されています。

近年のITパスポート試験における受験者数や合格率は以下のとおりです。合格率はおおむね50%前後となっています。そこまで難易度が高くないとはいえ、しっかりと対策して勉強する必要があるといえるでしょう。

開催時期 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
2017年度上期 36248 18475 51
2017年度下期 47987 23957 49.9
2018年度上期 40240 21217 52.7
2018年度下期 54947 28004 51
2019年度上期 46790 25837 55.2
  • 参考:ITパスポートの合格率 その他統計資料|ITパスポート試験ドットコム(https://www.itpassportsiken.com/iptoukei.html)

ITパスポートを独学で取得するのに必要な勉強時間

IT知識のない人の場合は、勉強時間は180時間程度が必要になるといわれています。これは1日に2時間割ければ、3カ月程度でこなせる計算です。

ITパスポートのテキストを読み解くにしても、まずはテキストに出てくるIT用語を調べるところからはじまります。家事や仕事をしながら勉強する人は、すきま時間を有効活用するといいでしょう。また確実に合格を目指すためには、余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。

なお、IT系の仕事をしている、情報系の学校に通っているなど、すでにITの基礎知識がある人であれば、100~150時間程度が合格を目指せるラインといわれています。

  • 参考:ITパスポート試験はどれくらいの期間の勉強時間が必要か?|スタディング(https://studying.jp/itpassport/kiji-28.html)

ITパスポートの取得には独学と通信講座のどちらがいい?

ITパスポートを取得するためには、独学と通信講座どちらがいいのでしょうか? 両方のメリットと注意点について比較して解説します。

独学のメリットと注意点

独学で合格を目指す大きなメリットは、コストを抑えられるということです。独学であれば、ITパスポートの参考書と受験料、会場への交通費だけで済むでしょう。また、テキストも自分の好みに合うものを好きに選べるうえ、カリキュラムも自由に組めます。

一方で、独学で学ぶ場合は自分でスケジュールを組み、モチベーションを保ち続ける必要があります。また、わからない箇所があっても誰かに質問できる機会がない点にも注意しなくてはなりません。

通信講座のメリットと注意点

通信講座のメリットは、効率を重視した勉強ができるところにあります。近年の出題傾向に合わせたテキストで学べるうえ、わからない箇所について質問できるのもメリットです。講座によっては、ITの知識が全くない人のために用語集が用意されていたり、質問解答サービスが受けられたりするなど、初心者に向けたサポートが充実しているのも特徴です。

全体のカリキュラムやスケジュールを自分で組まなくていいので、勉強のみに集中したい人にも向いています。注意点としては、独学と比較すると受講料などの費用がかかることや、サポートを受けられる学習期間が決まっていることなどが挙げられます。

独学に向いている人・向いていない人の特徴

スケジュールや計画を立てられる人、自己管理が苦ではない人は、独学での勉強に向いています。自分のペースで物事を進めたい、1人の方が集中できて勉強がはかどるといった場合も、比較的無理なく進められることでしょう。

一方、1人ではモチベーションが下がってしまう、計画を立てることが苦手といった人は、独学で勉強しようとすると途中で挫折しかねません。当初のスケジュールとずれると柔軟な対応ができない人や、わからないことはその都度質問したいという人は、通信講座の利用を検討する方がいいでしょう。

ITパスポート試験のための勉強方法

ITパスポート試験に合格するには、どんなところにポイントを絞って勉強するべきかを解説します。

勉強する期間を決めて集中的に学ぶ

IT関連の国家試験の中では入門レベルとされるITパスポートは、専門的知識を深く問われるというより、基礎的な知識について広く浅く問われます。そのため、1つの知識を掘り下げるようにじっくり勉強するよりも、短期間で集中的に勉強したほうが効率的といえます。

参考書や過去問題を繰り返し読み、解く

勉強の取り掛かりとして、まずは参考書を一通り読んでみましょう。一度で理解はできないかもしれませんが、繰り返し読むうちに用語などにも慣れ、スムーズに理解できるようになります。用語がわかるようになったら過去問題を解いてみましょう。過去問題集は近年の出題傾向を反映している新しいものを選ぶのがポイントです。

自分に合った参考書や問題集を選ぶ

ITパスポートに関する参考書や問題集は、自分のレベルや勉強スタイルに合わせて選ぶことが大切です。また、ITパスポートは2019年4月からシラバスVer4.0となり、出題範囲などが改訂されています。このように、年度ごとに試験内容が変更になることがあるため、参考書は自分が使いやすい内容で、かつ最新情報に対応しているものを選ぶようにしましょう。

確実に6割得点を目指して苦手分野は捨てる

ITパスポートの合格点は、総合評価1,000点中600点以上です。各分野の3割以上、全体の6割以上を正解していれば合格できます。苦手な分野があれば、思い切って捨て、ほかの分野の勉強に集中したほうが効率的です。

もちろん、苦手分野を克服して完璧を目指した方が合格の可能性は上がります。自分の状況次第で、勉強内容やスケジュールを調整していくといいでしょう。

通信講座を利用する

無駄を省いて短期間で勉強したい、という人には通信講座の利用がおすすめです。カリキュラムの設定やスケジューリングを任せられるので、効率的に合格を目指せます。独学の勉強よりも費用は掛かりますが、不明点について質問もできるなど、手厚いサポートを受けられるのは通信講座の大きなメリットです。

まとめ

ITパスポートを取得すれば、IT関連の基礎知識を持っていることを証明できます。IT化が当たり前となった現代において、「IT力」を身につけることは、就職や転職だけでなく、社会人としてのキャリアアップにも役立つでしょう。参考書や過去問題集も豊富に出回っているので、独学でも合格を目指せますが、独学での勉強が不安という人は、通信講座の利用を検討してみてください。

ユーキャンのITパスポート資格取得講座は、初心者にもわかりやすいテキストやカリキュラムが特徴です。使用するテキストは1冊のみで、わかりやすいと多くの人に支持されているFOM出版の試験対策テキストを採用しています。効率よく勉強に集中したい人は、ぜひ受講を検討してみましょう。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ITパスポート講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する、経済産業省認定の国家資格です。パソコンやインターネットを使うのが当たり前の時代。技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であることから、2009年4月に新設されました。Iパスとも呼ばれ、年齢、性別、職種を問わず人気資格です。

TOP