• 公開日:2020/04/17

数あるIT系資格の中で、まず初めの第一歩となるのが「ITパスポート」です。この資格を検討している人の中には、取得後どのように転職や就職に活かせばいいのかと疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ITパスポートの概要や取得のメリット、就活に活かすための方法などを紹介します。他の資格試験についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ITパスポートとは?

ITパスポートとは、ITに関する基礎知識を問う国家資格です。ITの基礎的な知識のほか、ITが絡む法務や経営戦略、マネジメントなど幅広い知識を持つ証明になります。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施しているもので、情報処理技術者試験の一つです。IT業界が成長するにつれITパスポートの認知度も上がり、年々受験者数は増え続けています。

IT系の資格は、初級から最上級のレベルごとに複数あります。その中でもITパスポートはもっとも初級の資格であり、IT業界に携わりたい人、現在の仕事に活かしたい人、さらに上の資格を目指したい人の足掛かりとしてもおすすめです。他の国家資格と比べても、難易度はさほど高くないといわれ、合格者の中には中学生や高校生もいます。詳しくは後の段落で解説します。

ITパスポート取得のメリットとは?

IT社会と呼ばれる現代では、IT関連企業以外にも多くの業種でITを活用しています。ITの基礎的な知識があるということは、企業からも好印象を持たれやすく、自分の仕事においてもプラスに働くでしょう。ITパスポートとは、ビジネス社会においてどんな仕事にも役立つ資格といえます。

ここからは、具体的なメリットについて解説します。

幅広くITの知識を学べる

資格取得に向けて学習することで、ITに関する知識が深まります。ITパスポートは就職に有利になることもありますが、就職後の業務を円滑にするため役立つことも多いことでしょう。多くの企業で様々なIT技術が使われているため、あやふやな知識で使い続けるよりも、仕組みや基礎を理解していた方がスムーズに活用できます。

ITの知識だけではなくビジネスの基礎が学べる

ITパスポート試験の出題範囲は、IT関連の知識に関してだけではありません。全体の半分ほど、会社経営や情報管理、マネジメントといったビジネスに関する問題も出題されます。そのため、ITやパソコン関連の資格でありながら、ビジネスの基礎的な知識も同時に学べます。


エントリーシートや社内研修などに活用している企業も

新卒採用のエントリーシートで、ITパスポートを取得しているかどうかの確認をしたり、社員教育・社内研修などにITパスポートを活用している企業もあります。企業がITパスポートでITやビジネスの基礎を学ぶよう推奨する理由は、社会人として身につけておきたい基本的な知識が詰まっているためです。


企業も資格取得を推奨

ビジネスにおいて、ITに触れる機会は多くあります。ITの基礎知識が不足していると、場合によっては法令違反の業務を行ってしまったり、知らず知らずのうちに情報漏洩をしてしまったりといったリスクを生じさせてしまう可能性があります。そうなれば会社に大損害を与えることになるため、各企業ではそうしたリスクを防ぐため、ITパスポー

ITパスポートの資格を就職や転職活動に活かすには?

前述した通り、エントリーシートでITパスポートの取得を確認したり、社内研修にITパスポートを活用したりする企業は多く、就職や転職活動にも役立つ資格といえます。注意点としては、どの資格にも共通していることですが、「この資格さえあれば必ず採用される」というものではない、ということです。とはいえ確かに、ITパスポートで学ぶ内容は、入社後の業務においてとても役に立つものです。

就職活動や転職活動を有利に進めるためには、資格を持っているだけではだめで、どう活かせばいいかを考えなくてはなりません。ここでは、どのように活用すればいいのかを説明します。

面接では、ITパスポートを取得した理由をアピールする!

採用面接は、自分の熱意や能力を直接アピールできる重要な場面です。特に自身の能力を売り込むためには、自己PRをしっかりと行う必要があります。面接官からは、「なぜその資格を取ったのか」「その資格を今後どう活かしたいのか」といった内容を聞かれるでしょう。その際には、資格を取得するに至った向上心や、ITに対する探求心・関心などをアピールするようにします。

面接官は答えた内容だけではなく、そこから読み取れる仕事へのやる気、姿勢などを見ています。そのため、自己PRで伝える内容はとても重要なポイントになります。また、新卒での採用時に既にある程度のITの基礎知識があるということは、採用側に対して大きなアピールになります。

他の資格との合わせ技でアピール!

ITパスポートのほかに、別の資格も併せて取得するのも活用法の一つです。自分が就きたい職種に役立ちそうな資格を考え、組み合わせることでどのように活かせるのかまで考えておくといいでしょう。ITパスポート単体では、目指す業界によっては、就職に役立てるにはやや弱いかもしれません。しかし「どの資格と組み合わせるか」を考えることにより、さらに就職へと活かせる資格へと変わるのです。

例えば以下のような資格があります。


MOS資格

目指す職業が事務職であれば、Microsoft Officeの技能検定であるMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)がおすすめです。Microsoft Officeとは、Microsoft社が提供しているPowerPointやExcel、Wordなどの総称です。ビジネスではこれらのソフトがほぼ必須になっており、この資格を持っていることで、Microsoft Officeを使いこなせるという証明になります。


基本情報技術者

プログラマーやIT企業への就職を目指すのであれば、ITパスポートの上位資格である基本情報技術者がおすすめです。ITパスポートではITを扱う場合の基礎知識を学びますが、基本情報技術者で学ぶのは、ITエンジニアにとって必要な内容です。使用者側としての基礎知識に加え、もう少し踏み込んだエンジニア側としての知識を身につけられます。


簿記検定

経理職を目指すのであれば、簿記検定がおすすめです。簿記検定合格がほぼ必須と言われている経理職ですが、会計ソフトや会計システムなど、ITに触れる機会は意外に多くあります。ITパスポートと併せて取得しておくことで、各システムの仕組みや基本を理解し、効率的に業務を進めることも可能になるでしょう。

ITパスポート資格取得のための勉強方法とは?

ITパスポートは、難易度はさほど高くないといわれていますが、やはり数カ月単位での学習計画が必要です。勉強方法によってメリットも異なりますので、自身の生活スタイルや傾向に合わせた方法を選びましょう。

独学で行う

ITパスポートの試験は、独学でも合格が目指せます。自身で使いやすい参考書を購入し、試験日から逆算して学習計画を立てましょう。重要になる過去問などは問題集を購入するほか、公式ページからダウンロードすることが可能です。

しかし、独学では1人で学習を進めなければならないため、計画通りに学習を進める意思の強さと、無理のないスケジュール管理が重要になるでしょう。

通信講座・スクールを利用する

1人での学習がどうしても続けられない、スケジュール管理ができないなど独学が苦手な人もいます。その場合には、通信講座やスクールを利用するのがいいでしょう。学校や家庭の都合でまとまった時間が取れず、スクールに通うのが難しいというケースでは、自宅で学習しながら数カ月で合格が目指せる通信講座がおすすめです。

生活スタイルや学習方法の向き・不向きは人それぞれであるため、効率よく学習を進めるためには、自分に合った学習方法を見つけることが大切です。

ITパスポート資格試験の概要

ここからは、資格試験の概要について解説します。受験資格や出題される内容、合格率などを紹介するので、参考にしてください。なお、各情報についての詳細は、必ずIPAの公式ホームページで最新情報を確認するようにしてください。

  • 参考:ITパスポート試験(https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/openinfo/pdf/statistics/201903_ip_toukei.pd)

受験資格

受験資格は特にありません。年齢や性別、実務経験などに関係なく、誰でも受験することが可能です。学生でも受験できるので、合格者の中には中学生や高校生もいます。試験ではコンピューターを使用するCBT方式が取られていますが、身体が不自由な人でも受験できるよう、特別措置として年に2回、筆記試験が行われています。

試験の実施について

試験会場は、全国47都道府県から選べます。受験申し込み手続きの際に自分の好きな会場が選択可能です。試験は毎月開催されていますが、試験会場により開催日が異なりますので、必ず開催状況を事前に確認するようにしましょう。

受験費用は5,700円(税込み)です。(※2019年12月時点)

出題される内容

試験問題は4肢択一式の計100問が出題され、総合評価と各分野に合格基準が定められています。IPAが公開している出題範囲は以下の通りです。


ストラテジ系(経営全般)

ストラテジ系では、主に「企業と法務」「経営戦略」「システム戦略」から35問程度が出題されます。ビジネスにおける戦略がメインとなり、それらは会社で働くうえで求められる基礎知識です。


マネジメント系(IT管理)

マネジメント系では、「開発技術」「プロジェクトマネジメント」「サービスマネジメント」から20問程度が出題されます。ソフトウェアやシステム開発に関する基礎知識です。


テクノロジ系(IT技術)

テクノロジ系では、「基礎理論」「コンピュータシステム」「技術要素」から45問程度出題されます。パソコンやインターネット関連の基礎知識なので、業務や日常でも活用できる分野です。

合格率

ITパスポートは、IT系の国家資格のなかでも難易度が低いといわれています。IPAの統計資料による合格率は以下の通りです。

実施年度 合格率
2016年度 48.3%
2017年度 50.4%
2018年度 51.7%

合格率は例年50%前後を維持しており、2人に1人が合格する割合です。ほかの国家資格に比べ、しっかりと対策をしていれば、そこまで難しい試験ではありません。

まとめ

ITパスポートは、ITに関する基礎知識だけではなく、ビジネスでも役立つ基礎知識が身につく資格です。別の資格と組み合わせることで、就職も有利に進められるでしょう。自分にあった勉強方法を見つけてスムーズな取得を目指してください。

ユーキャンのITパスポート資格取得講座では、初心者目線のわかりやすいテキストを利用し、約4カ月で無理のない合格を目指します。テキストは1冊だけなので、あれこれと多くの冊子を用意する必要もありません。知識ゼロからでも短期合格が目指せるユーキャンのITパスポート資格取得講座で、確実な合格を目指しましょう。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

ITパスポート講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

ITパスポートとは、ITに関する基礎的知識を証明する、経済産業省認定の国家資格です。パソコンやインターネットを使うのが当たり前の時代。技術者だけではなく幅広い層に正しい知識が必要であることから、2009年4月に新設されました。Iパスとも呼ばれ、年齢、性別、職種を問わず人気資格です。

TOP