合格まで一歩、一歩。充実のサポート

広い試験範囲を効率よくカバー

気象予報士試験は出題範囲が広く、まんべんなく学習していてはムダが多くなってしまいます。合格に満点は必要はありません。
合格の基準である「70%以上の得点」を確実に取るための学習が、合格への近道です!
ユーキャンのテキストは試験に出やすい分野を凝縮。学習がまったく初めての方でも、ムリなく合格が目指せます。

実技試験対策もばっちり!

実技試験は文章や図表で解答する記述式で、応用力が問われます。データを読む力をつけ、出題形式に慣れておくことが重要です!
当講座では、実技試験対策専用の教材をご用意。本試験を想定した実践的なトレーニングが可能です。

CHECK!

ユーキャンは81%が初学者

ユーキャンの受講生の81%が、気象予報士の学習が初めての方。教材はわかりやすさを第一に、初学者にも理解しやすい工夫が満載!基礎からやさしく身につき、合格へ導きます。

  • 2019年9月~2020年8月に当講座を受講された方のうち、アンケートにお答えいただいた方の回答結果です。

スキマ時間はスマホで学習

受講生専用インターネットサービス 「学びオンライン プラス」では、クイズ感覚で気軽にできるWebテストや、ポイントを凝縮した動画解説をご用意!ちょっとしたスキマ時間も活かせて、より便利に楽しく合格が目指せます。

嬉しいサポート
質問サービス 学習内容について分からないことが出てきたら、メールなどでお気軽にご質問ください。経験豊富な講師陣が、丁寧にお答えします。
有益情報のご提供 受講期間中、独学では手に入れづらい有益な情報を適宜お知らせ! 試験に関連する法改正情報もお届けします。
指導サポート延長 受講開始から直近試験までが標準学習期間(8ヵ月)未満の場合、標準学習期間が終了して次の試験の実施月まで添削や質問など全ての指導サービスをご利用いただけます。
  • 添削課題の返送や質問の回答には、多少お時間をいただきます。
    なお、通信料はお客様のご負担となります。

よくある質問

気象予報士の難易度はどのくらいですか? 難しいと聞きましたが…。

確かに、気象予報士試験は例年合格率が4~5%前後と、難関なレベルです。しかし、難関だからこそ、取得したあとは、多くの企業や周囲の人から必要とされる存在に!独立・開業の可能性も広がり、難関資格だからこその取得価値が気象予報士にはあります。
気象予報士が求められる場面は今後ますます増えてくるでしょう。せっかくのこの機会、ぜひ挑戦してはいかがでしょうか。

合格に的を絞った効率よく学べるテキスト

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

気象予報士は天気の観測データに関する分析のスペシャリスト。様々な業界で知識が活かせる、生涯役立つ国家資格です。 テレビなどのメディアや民間の気象情報会社をはじめ、農漁業、観光・レジャー産業、通信産業、交通業など、活躍の場はたくさん! また、気象の知識は自分の旅行やレジャーなど、身の周りで活用できるのも大きなメリットです。 ユーキャンの「気象予報士」講座は、天気に関する基礎的な知識から応用問題までを、一からわかりやすく解説! 気象予報士の試験に必要となる、大気力学・熱力学・数値予報といった大学一般教養レベルの知識を、ムリなく学べます。 おすすめは雲や雨、風や気圧、台風など気象学の基礎を映像でわかりやすく解説したDVD。CG(コンピュータグラフィックス)で、身近な気象現象を立体的にとらえられるので、初心者でもスムーズに合格力を養成します。

TOP