• 公開日:2021/03/11
  • 更新日:2021/03/11

気象予報士の資格は独学で取得できる?参考書の選び方や勉強法を紹介

独学で気象予報士を目指すメリット・デメリットや参考書の選び方、独学での勉強のポイントなどについて紹介します。

気象予報士の難易度は高い?資格試験の合格率が低い理由や活躍できる仕事を紹介!

気象予報士の資格を取りたい人に向けて、知っておくべき概要や試験が難しい理由、資格を取るメリットなどを紹介します。

気象予報士は天気の観測データに関する分析のスペシャリスト。様々な業界で知識が活かせる、生涯役立つ国家資格です。 テレビなどのメディアや民間の気象情報会社をはじめ、農漁業、観光・レジャー産業、通信産業、交通業など、活躍の場はたくさん! また、気象の知識は自分の旅行やレジャーなど、身の周りで活用できるのも大きなメリットです。 ユーキャンの「気象予報士」講座は、天気に関する基礎的な知識から応用問題までを、一からわかりやすく解説! 気象予報士の試験に必要となる、大気力学・熱力学・数値予報といった大学一般教養レベルの知識を、ムリなく学べます。 おすすめは雲や雨、風や気圧、台風など気象学の基礎を映像でわかりやすく解説したDVD。CG(コンピュータグラフィックス)で、身近な気象現象を立体的にとらえられるので、初心者でもスムーズに合格力を養成します。

TOP