• 公開日:2021/03/11

電験三種の正式名称は「第三種電気主任技術者試験」で、資格名そのものを指すこともあります。電験三種を取得することで、電気のスペシャリストとして重宝されます。そのため、独学で資格取得を目指す人も多いのではないでしょうか。

この記事では、電験三種の概要、独学のメリットとデメリット、科目別の独学での勉強方法、独学で合格するためのポイントなどについて詳しく解説します。資格取得にぜひ役立ててください。

電験三種(第三種電気主任技術者)とは?

電験三種の正式名称は「第三種電気主任技術者試験」で、ほかに第一種電気主任技術者試験、第二種電気主任技術者試験もあります。それぞれの電気主任技術者試験に合格すると取得できる第一種・第二種・第三種電気主任技術者の違いは、保安監督業務ができる範囲です。

第一種はすべての事業用電気工作物、第二種は電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物、第三種は電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5000キロワット以上の発電所を除く)を扱うことができます。

電気設備は適切な管理と運用がなされなければ、大きな事故につながりかねません。悲惨な事態を防ぐために、資格取得を経て身についた知識と技術が重宝されます。社会貢献度の高い資格ではあるものの、合格率は10%以下と低い数値であり、難関と言わざるを得ません。科目別の合格基準は60点以上とされています。

一方、電験三種には「科目別合格制度」が設けられており、4科目のうち合格した科目については、申請することで翌年度と翌々年度の試験が免除されます。そのため、一度に全科目の合格を目指すのではなく、科目合格を積み重ねながら複数回の試験を経て資格取得を目指す人も多いのが実情です。

電験三種合格を独学で目指すメリット

電験三種の難易度は高いものの、独学で合格を目指すことも可能です。ここでは、独学での資格取得におけるメリットについて解説します。

資格取得までの費用が抑えられる

独学のもっとも大きなメリットは、費用を抑えられることです。参考書などを購入しても数千円程度で済みます。参考書を使用して勉強する際のポイントを紹介するWebサイトもあるため、費用をかけずとも効率的な勉強が可能です。

参考書は網羅的な内容のものが多く、資格取得を目指して勉強しつつ、得た知識を業務に活用できることもひとつのメリットです。

自分のペースでじっくりと勉強ができる

独学は勉強のプランを立てるところから始まります。カリキュラムに沿って勉強することが苦手な人にとっても、独学は有効な選択肢です。科目別合格制度がある電験三種では、優先的に勉強する科目を自分で決めることで効率的に勉強できます。勉強する時間や場所を選ばないため、仕事をしながら資格取得を目指す場合でも、日常生活に支障をきたさずに済みます。

電験三種合格を独学で目指すデメリット

電験三種は難易度が高いため、独学での資格取得を目指す場合は、デメリットをよく把握しておくことが大切です。ここでは、電験三種の独学におけるデメリットについて解説します。

わからないところを聞ける人がいない

独学の大きなデメリットは先生がいないことです。勉強していると必ずと言っていいほどわからない問題や間違いに突き当たります。その際、解き方のポイントや間違えた理由などを教えてくれる人がいないことは、想像以上に大きな障壁となります。

独学での資格取得を目指すのであれば、わからないことがあっても自分で調べる、間違えた問題に関して理由を探る、といった気概を持つことが必要です。

スケジュール管理が難しい

電験三種の参考書は教科の内容を網羅的に紹介するものが多く、勉強のプランを立てにくいという難点があります。すべてを丸暗記することは現実的ではないため、重要なポイントを自分なりに整理しながら勉強を進めていく必要があります。

どこにどのくらい時間を使うのかといったことはもちろん、自身の仕事や私生活との兼ね合いも考慮してスケジュールを立てましょう。

【科目別】電験三種の独学での勉強方法

独学で合格するには、科目別に勉強するのがポイントです。電験三種の科目別の勉強方法について解説します。

電験三種の4つの科目とは?

電験三種の試験は、理論、電力、機械、法規の4科目で構成されています。ここでは、科目別の勉強方法について解説します。


①理論

理論では、直流回路、交流回路、静電気、電磁力の基礎知識を問われます。これまでの試験では、計算問題が8割~9割を占めており、配点も高いとされているため、計算問題に重点を置いて勉強しましょう。

計算問題は、問題集などを活用して過去問を繰り返し解くことで慣れていきます。参考書は理論に特化しているもの、できるだけ多くの過去問や演習問題が掲載されているものを選び、正解するまで何度でも取り組みます。間違えた場合は、間違えた原因を明確にし、次に似たような問題が出たときには間違えずに解くことを目指しましょう。


②電力

電力は、発電、送電、配電の問題が大半であり、具体的には発電所から電力が届けられる過程について出題されます。計算問題が5割程度であり、確実に点を取りたいところです。

残りの5割は正誤判定問題と穴埋めの文章問題であり、電力の仕組みや設備の違いなどを正確に理解しておく必要があります。計算問題に重点を置くことも大切ですが、電力の知識は実務でも大いに生かせる内容であり、計算問題以外にも注力することは非常に有意義です。

文章問題は計算問題と比較すると難易度が高いという声も多いことから、文章問題での得点に頼らずにバランスよく勉強することが大切です。


③機械

機械は、変圧器、誘導機、直流機、同期機の分野から約5割出題されます。加えて、電動機、照明・電熱・電気化学、自動制御などについても理解を深めることが大切です。実務的な内容が多いため、実務経験がある人にとっては要領を得た勉強が可能になります。

一方、実務経験がない場合は、機械に関して基礎から勉強することになります。相応の時間がかかるものと考えましょう。

有効な対策としては、過去問を繰り返し解くことです。問題の構成上、上記の機械についての知識を万全にしておくことで科目合格を狙えます。一度に手をつけず、機械の分野ごとに勉強のスケジュールを立て、確実に知識を身につけていきましょう。


④法規

法規のおもな勉強方法は暗記です。電気事業法、電気工事士法、電気設備に関する技術基準などの法令について出題されます。法規では、計算問題、正誤判定問題、穴埋めの文章問題など、出題の形式が豊富であり、あいまいな記憶は混乱の要因になりかねません。「確かこうだったと思う」が通用しないものと考え、数字関連に至るまで、暗記することが重要です。

逆に、もともと暗記が得意だったり法律関係に強かったりする人にとっては、合格を狙いやすい科目でもあります。繰り返し演習問題を解き、どのような形式の出題にも対応できる力を身につけましょう。

電験三種に独学で合格するためのポイント

独学で電験三種の合格を狙うのなら、やみくもに勉強することは避けて効率を重視した方法を選択することが賢明です。ここでは、独学での合格のポイントについて解説します。

参考書を効率よく使う

電験三種に関する参考書は数多く存在します。科目別に分けている参考書が多いことも特徴のひとつです。そのため、参考書選びの段階で悩んでしまうことも少なくありません。

新たな参考書が出るとつい買いたくなるかもしれませんが、同じシリーズのものに統一しましょう。インターネットで調べると合格した人がおすすめの参考書を紹介しています。可能であれば、実際に中身を見て自分に合う参考書を選びましょう。

複数の参考書を使うより、1冊を繰り返し使って内容を確実にインプットします。その後、過去問を何題も解き、試験に向けてより実践的な勉強を行いましょう。

勉強の順番を工夫する

電験三種の勉強は、理論、電力または機械、法規の順番で進めると効率的です。まずは礎となる理論を理解し、その後に電力や機械といった実践的な科目を習得します。電力と機械はどちらから先に学んでも問題ありません。法規はそれまで勉強してきた科目の集大成として考えましょう。

実際に合格した人も、この順番に沿って勉強したケースが多く、勉強を進めていくにつれて順番の重要性が理解できるようになります。

一方、理論を理解するには数学の知識が不可欠であり、理数系が苦手な人は初期の段階でつまずいてしまうことも少なくありません。独学では挫折してしまうと感じたら、他の勉強法を試してみることも大切です。

SNSや動画サイトも有効活用する

独学は自由度が高い半面、自分との闘いにならざるを得ません。間違いの原因を自分自身で突き止めることは容易ではなく、他人の力が必要だと感じることもあるでしょう。

近年では、電験三種の合格を目指す人同士がSNS上でわからないことを聞いたり教えたりするネットワークが広がっており、独学をサポートする動画サイトも公開されています。何よりも自分をサポートしてくれる人の存在は大きな力になるため、必要に応じて利用するといいでしょう。

電験三種取得を独学で目指すなら、通信講座も選択肢のひとつ

資格取得に向けた勉強では、学習カリキュラムを組むこと、自身の得意分野や苦手分野を分析することは必要不可欠です。しかし、すべてを自分自身で行うにはかなりの労力を要します。

これら、独学にありがちな問題を軽減するためには、通信講座もひとつの選択肢になります。学習カリキュラムの構成が優れているのはもちろん、わからないことがあっても講師陣が質問に答えてくれます。独学よりも費用はかかるものの、通学式の講座と比較すると安上がりである点もメリットです。

まとめ

電験三種は難易度が高い試験です。一方、勉強の効率化や合格のポイントを確実に把握できれば、より短期間で全科目の合格を目指せるでしょう。

ユーキャンの電験三種合格指導講座なら、効率よく合格を狙えます。スマホやパソコンで学習できる「学びオンライン プラス」や演習重視テキストで、試験に出やすいポイントがきちんと身につきます。

「やさしい数学」では復習や弱点を克服するための添削指導も受けられ、試験直前には「公式活用ナビ」で最終的な復習ができます。専門的なカリキュラムのもと、電験三種の合格を目指しましょう。

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

電験三種講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

受験制限なし!将来有望の国家資格を12ヵ月で

一定規模以上の電気設備の管理、工事の保安監督を行う電気のスペシャリストである電験三種。電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を選任しなければならないことが法令で義務づけられています。そのため有資格者は業界内になくてはならない存在となり、非常に高く評価されます。電験三種の資格があればキャリアアップはもちろんのこと、転職・就職に有利ですので、昇進・昇給を考えている方、定年後に再就職を考えている方におすすめの資格です。
ユーキャンの「電験三種」講座では、過去の出題傾向を分析し、わかりやすさを追求したテキストをご用意しました。本番試験を想定した実戦力を磨く副教材もついていますので、働きながらでも効率よく合格を目指せます。

TOP