• 公開日:2020/04/17

調剤薬局事務は、事務職のなかでも一定の人気がある職種です。就職活動に役立てるために、独学で関連する資格の取得を検討している人もいるでしょう。この記事では、調剤薬局事務を目指している人に向けて、資格取得のための学習について解説します。

それぞれの資格における試験の概要や、独学以外の学習方法についても説明しているので、これから学習をはじめる人は、ぜひ参考にしてください。

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務とは、どのような仕事なのでしょうか。仕事の内容や資格の取り方、月収や年収などを知って、仕事のイメージを深めましょう。

調剤薬局事務の仕事とは?

調剤薬局事務は、調剤薬局で事務を行うのが主な仕事です。以下で詳しく説明します。


具体的な仕事内容

主な仕事は、患者の受付や会計のほか、処方箋のデータの入力などです。レセプトと呼ばれる、調剤報酬明細書の作成を任されることもあります。医薬品の発注や薬局の清掃といった、補助的な業務を行うことも少なくありません。


どんな人に人気か?

調剤薬局事務は、残業が少なめの場合が多く、家事や育児と仕事を両立させたい人に人気があります。また、正社員のほかにパートやアルバイト、派遣社員といった雇用形態が選べることも人気の理由です。


調剤薬局事務に向く人

調剤薬局は医療機関であるため、清潔感が大切です。普段から服装や髪型などに気を配れる人に向いているといえます。事務作業も多いため、几帳面で整理整頓が得意だという人は長所を活かせるでしょう。

調剤薬局事務の資格の取り方

調剤薬局事務には関係する資格が複数あります。資格を取得するためには、それぞれの資格の認定団体が実施する試験をクリアすることが必要です。

ただし、どの試験も無条件にで受験できるわけではありません。試験によっては、認定団体が実施する講座の受講を受験資格としていることもあります。したがって、独学では取得できない資格があることには注意が必要です。

登録販売者との違いとは?

調剤薬局事務は「薬の会計・薬周りの事務作業」に関する業務、登録販売者は「薬の販売」に関する業務を、それぞれ行います。

調剤薬局事務は処方箋の内容から調剤報酬を計算します。そして、調剤報酬明細書を作成し、保険者へ請求します。薬の調剤や効果などの説明は、薬剤師の仕事です。

一方、登録販売者は第2類・第3類医薬品を販売するとともに、薬の効能や副作用について説明することも業務の一つです。

調剤薬局事務の給料・月収や年収は?

調剤薬局事務の全国的な平均年収は300万円前後です。月収16万~22万円程度、手取りでは14万~20万円程度になります。年収は地域や年齢によっても異なります。たとえば、東京での平均年収が420万円程度であるのに対して、大阪では360万円程度、北海道では270万円程度です。

一般的に大都市のほうが、年収が高い傾向があります。

  • 参考:調剤薬局事務の年収について詳しく解説!|平均年収.JP(https://heikinnenshu.jp/iryou/chozaijimu.html)

独学で合格できる? 調剤薬局事務の資格とは

調剤薬局事務の資格には、独学での取得を目指しやすいものもあれば、独学では取得できないものもあります。資格の種類や難易度を見ていきましょう。

調剤薬局事務の資格の種類

調剤薬局事務の主な7資格を紹介します。


調剤薬局事務検定試験

日本医療事務協会の資格試験です。合格することで、調剤薬局事務のなかでも調剤報酬請求に関する知識を有していること示せます。

ユーキャンでは、調剤薬局事務検定試験調剤事務管理士の試験対策ができる「調剤薬局事務講座」を開講しています。イラストや図を使ったわかりやすいテキストを使い、1日30分の勉強時間で合格を目指せます。


調剤事務管理士(R)

資格の取得には、技能認定振興協会が実施している試験に合格する必要があります。試験では、保険調剤の仕組み、調剤報酬明細書の作成や調剤報酬の請求など、業務に必要な知識やスキルを有しているかを測ります。調剤薬局事務の資格のなかでも、メジャーな資格のひとつです。


調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬に関する知識や業務スキルを身につけていることを示す資格です。受日本医療教育財団承認の教育機関が実施する講座を受講して技能を習得し、修了試験に合格した人が認定されます。


調剤事務実務士(R)

医療福祉情報実務能力協会が実施する試験に合格すると付与される資格です。合格者は、調剤薬局事務の実務スキルが一定以上のレベルにあることを示せます。


医療保険調剤報酬事務士

受験できるのは、医療保険学院が実施している通信講座を受講し、中間テストで合格点を取った人だけです。調剤報酬や医療保険制度などについての知識、調剤報酬の算定スキルを有していることを示せます。


調剤報酬請求事務専門士

資格の取得には、調剤報酬請求事務専門士検定協会が実施する試験に合格する必要があります。資格は1~3級まであり、調剤報酬のエキスパートとして円滑に業務に貢献できることを示します。資格は更新制のため、定期的に更新が必要です。


調剤薬局事務士(R)資格

薬や処方の知識以外に、医療保険制度や保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則の専門知識、レセプト作成のスキル会得を示すことができる資格です。受験できるのは、日本能力開発推進協会が指定する認定教育機関の講座を修了した人だけです。

独学では難しい? 調剤薬局事務関連の資格の難易度とは?

調剤事務管理士(R)の独学による合格率は60%程度です。出題範囲は調剤分野のみに限られるので、それほど難易度が高いとはいえません。しかし、初学者の場合は最初に難解な専門用語を理解する必要があり、スムーズに学習を進められるとは限りません。

また、講座の受講が受験の条件になっていて、独学での取得が不可能な資格もあるため注意が必要です。以下で詳しく解説します。

独学での合格が難しい資格とは?

「調剤薬局事務検定試験」、「調剤報酬請求事務技能認定」、「医療保険調剤報酬事務士」「調剤薬局事務資格」、「調剤事務実務士(R)」は、独学での合格が難しい資格といえます。

これらの試験を受験するためには、認定団体などが実施している講座を受講する必要があります。試験の難易度以前に、特定の講座を受けることが条件となっている点で、独学での合格は不可能といえます。これらの資格を目指す場合は、独学ではなく所定の講座を受講するといいでしょう。

調剤薬局事務の資格! 独学での学習期間の目安とは?

調剤薬局事務の資格を独学で取得しようとする場合、目安となる学習期間は基本的に3カ月程度です。ただし、初学者の場合は専門用語の理解から始める必要があるなど、最初はインプットに時間がかかります。そのため、通信講座などで学習するよりも倍程度の時間がかかると思っておいたほうがいいでしょう。

独学だけじゃない? 調剤薬局事務の学習方法を比較!

調剤薬局事務の学習方法は、独学だけではありません。それぞれの学習方法のメリットやデメリットを比較して、自分に合ったものを選びましょう。

独学

独学の場合は、テキストだけで学習を進めなければなりません。資格取得に必要な費用はテキスト代と受験料のみであるため、とにかく安く資格を取得したいという人に向いているでしょう。

ただし、独学に向いている教材が少ないため、限られたテキストのなかから良質なものを選ぶことが大切です。また、独学のみでは受験できる資格の選択肢が狭まるというデメリットもあります。

通学制のスクール

通学制のスクールは、ほかの学習方法と比べて最短で資格を取得できる可能性があります。ただし、スケジュール調整が難しいことがデメリットです。また、費用も多くかかります。

通信講座

通信講座は内容がスムーズに理解できるように組まれたカリキュラムが特徴です。マイペースで無理なく進められます。テキストにはDVDが付属しているケースも多く、ビジュアルを駆使したメリハリのある学習が可能です。

添削指導やさまざまなサポートが受けられるため、疑問点に悩み続けることもありません。また、独学と同じく、いつでもどこでも学習できるというメリットもあります。

調剤薬局事務の資格取得! 独学での学習のポイントとは?

独学での資格取得を目指す場合は、正しい方法で進める必要があります。最低限、押さえておきたい学習のポイントを紹介しましょう。

自分に合うテキストや問題集を選ぶ

独学において重要となるのが、テキストや問題集の選び方です。市販されているものから、自分に合うと思えるものを選ぶようにしましょう。なお、調剤報酬は2年に1度改定されるため、調剤薬局事務における最新の情報が反映されたテキストや問題集を選ぶことが大切です。

過去問をマスターする

テキストと問題集でインプットができたら、過去問を解きましょう。間違った箇所や疑問点はもう一度テキストを読み直して、内容を理解します。そのうえで、再度過去問を解きましょう。疑問点がなくなるまで、テキストと過去問で何度も学習を繰り返すことが大切です。

自力でわからないときはプ通信講座などに頼る

どうしてもわからない部分や疑問点が出てきたときは、自力で理解するのに時間がかかることも多いものです。このような場合、サポート体制のある通信講座などを利用したほうが結果的にスムーズに学習できます。

通信講座は通学制のスクールとは違い、自分のペースで学習できるというメリットがあります。そのため、独学の人にも利用しやすいでしょう。

まとめ

資格によっては独学による調剤薬局事務の資格取得は、決して不可能ではありません。正しい学習方法できちんと学習すれば、十分に合格点を取れるでしょう。しかし、テキストや問題集の選定、疑問点の解決方法など、独学では難しいこともあります。

ユーキャンの調剤薬局事務講座で用いるテキストは、ムダを省いた効率的な内容で理解を助ける工夫がいっぱいです。サポートも充実しており、疑問点をスムーズに解決できます。独学に不安に感じたら、ぜひ受講を検討してみてください。

講座との相性を確かめよう

講座との相性を確かめよう

調剤薬局事務講座があなたに向いているのか相性診断でチェック!
80%以上の相性なら今すぐ申し込みして、人気の専門資格を手に入れよう!

今始めると、ゆとりをもって手堅く合格が狙える!

調剤薬局で保険証の確認や調剤報酬明細書(レセプト)の作成を行う調剤薬局事務。窓口での接客、会計など事務仕事全般も行います。
調剤薬局事務は勤務時間が比較的一定です。フルタイムやパート勤務など働き方を選べることもあり、家事や育児と両立しやすく、特に女性におすすめの技能です。また、職場は全国にあるので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心。医療関係の事務職でスキルアップや就職・転職を考えている方にピッタリです。
ユーキャンの調剤薬局事務講座なら、わずか3ヵ月の短期速習で資格取得が目指せます。テキストは実際の業務がイメージできる図をたっぷりと掲載し、専門用語もわかりやすく解説。初めて学習する方でも安心のカリキュラムです。

TOP