ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

投資を始める前に知っておきたい、自分に向いている投資方法は?

投資を始めてみようと思ったときに疑問に思うのが、「いくらくらい投資すればよい?」「どれくらいリスクのあるものなら買ってもいいの?」ということです。適切な投資をするためには、自身のリスク許容度や資産の状況をかんがみた「ポートフォリオ」を把握することが大切。

ファイナンシャルプランナー資格では、自分に向いている投資方法を知るために理解しておきたい投資用語や投資の基本についても学びます。

ここでは、その一部をご紹介しましょう。

自分に向いている投資方法を知るための「リスク許容度」

「投資」というと、「お金を儲けること」というイメージを持つ人もいるでしょう。そのような人は投資を始めるときに、絶対儲かる方法を探そうとするかもしれません。

しかし残念ながら、投資において絶対に儲かる方法はありません

投資は、自分に合った方法で、無理なく、自分の希望する成果を目指すことが大切です。それを見極めるために重要なのが、自分の「リスク許容度」を把握することです。


「リスク許容度」とは、投資をするにあたってどれくらいの大きさのリスクであれば投資家が許容できるか、という度合いのことです。

たとえば100万円を投資するとき、ある人はそのうち10万円くらいであれば仮に損失を出したとしても構わない、と考えるでしょう。そのような人は、元本に対しておおよそ1割の範囲内で値動きをする金融商品であれば、投資対象として選択できます。
しかし、なかには1円たりとも損失を出したくない、と考える人もいます。そのような人は、値動きのある金融商品に投資することはできません。このように、取れるリスクの大きさには個人差があるのです。


リスク許容度は投資する人の性格や価値観によっても左右されますが、適切な投資方法を見極めるためには、他にもさまざまな要因を考慮しておくことが大切です。投資する人の年齢や投資期間、収入、保有資産(余裕資産)の規模、投資経験や運用知識なども、投資対象や金額を決定する重要な要素になります。


「ポートフォリオ」は、いわば自分に最適な運用メニュー

自分のリスク許容度を判断し、どれくらいリスクを取れるかを把握できたら、投資に充てられる金額や具体的な金融商品を決定します。投資ではひとつの金融商品だけに集中するよりも、複数の金融商品を組み合わせるのが効果的です。この組み合わせのことを「ポートフォリオ」といいます。

「ポートフォリオ」には、預貯金、株式、債券、投資信託、REIT、外貨預金、外国株式、金など、複数の異なる金融商品を組み入れるのが理想です。これを「分散投資」と呼びます。

異なる金融商品を組み合わせると、リスクとリターンの特徴が異なる資産を保有することができます。するとある資産が損失を被っても、別の資産は利益を出すことができますから、さまざまなリスクに対応しながら安定した資産運用ができるようになります。

この「ポートフォリオ」に組み入れるべき金融商品は、個人のリスク許容度に応じて異なります。自分のリスク許容度を把握し、それに見合った金融商品を組み入れていけば、最適なポートフォリオ、すなわち、成功につながる自分だけの運用メニューが完成することでしょう。


ファイナンシャルプランナー資格の勉強をすれば、自分のリスク許容度がわかり、自身の状況や目標に合った金融商品をバランス良く組み合わせられるようになるでしょう。自分に最適なポートフォリオを組んで、ご自身の資産を上手に運用できるようになるかもしれませんよ。


※投資は自らの責任において行うものです。必ずしも期待通りの結果が得られるものではなく、損失が生じる場合もありますのでご了承ください。

この記事内の情報は、2013年12月27日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細
コンシェルジュに質問する