ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

憧れのマイホーム、いつ買うべき? いくらまでOK?

マイホームの購入は、人生の3大支出のひとつです。「いつかは欲しい」と思っていても、「いつ買うべきか?」「いくらまでなら買えるのか?」「住宅ローンの計画はどうすればいいのか?」なかなかわからないものです。

そこで役立つのが、ファイナンシャルプランナーの知識です。

ライフプランニング」の科目では、状況に応じたマイホームの買い方や、住宅ローンの組み方なども学びます。ここで学んだ知識を、自分のマイホームを購入するときにも役立てることができるのです。具体的にどのようなことを学ぶのかをご紹介しましょう。

ライフプランに合ったマイホームを選べるようになる

ファイナンシャルプランナー資格の「ライフプランニングと資金計画」の科目では、家族の状況や働き方、金融資産の状況などに応じてライフプランを作成する手法を学びます。ここでは、マイホームを買うのに適切なタイミングや予算の決め方のほか、住宅ローンのしくみや選び方、返済計画の立て方なども学びます。

同じ年齢で、収入も同じ人がマイホームを購入する場合でも、適切な予算や住宅ローンは異なります。

たとえば、子どもがいる家庭なら、マイホームよりもまず教育費を優先して確保しておく必要があるからです。必要な教育費の金額は、子どもの人数や、公立か私立か、大学や専門学校など、どんな高等教育を受けさせるかなどの進路によって異なります。現時点では確実なことが決定していなくても、ある程度の方向性を想定したうえで、必要な教育費の金額をあらかじめ計算しておきましょう。
この金額がすでに貯蓄されているか、もしくは子どもの進学までに貯蓄できる目途があるかどうかを確認してから、マイホームに充てる予算や、住宅ローンの月々の返済額を検討します。

また、老後の生活も忘れずに考えておく必要があります。住宅ローンの返済が、リタイア後の家計を圧迫するのは好ましくありません。住宅ローンは、できれば仕事の現役期間中に完済できるように計画しましょう。また、勤め先の定年は何年後か、退職金はいくらくらい受け取れそうか、リタイア後にはどのような生活を送りたいかなどによって、リタイアまでに貯蓄しておきたい老後資金が決まってきます。
老後に生活費が足りずに、せっかく手に入れたマイホームを泣く泣く手放すことになっては残念です。住宅ローンを返済しながらも、老後資金も計画的に貯蓄できるように、マイホームの予算を決定しましょう。

住宅ローンもライフプランに合わせて選べるようになる

住宅ローンは、各々の金融機関からさまざまな種類が提供されています。金利には変動金利全期間固定金利固定金利選択型の3種類があります。

変動金利は通常、半年ごとに金利が見直されるタイプです。
多くの金融機関では、毎回の返済額が5年ごとに見直され、見直し後の返済額は従前の1.25倍以内というルールになっています。ただし、金利変動の幅には制限はありません。
変動金利は他のタイプに比べて利率が低めに設定されるので、借入当初の返済額をできるだけ低くしたい人に向いています。一方、金利が上昇すると、その分返済額も増えることになるので、まとまった資金が必要なライフイベントを控えている人は注意が必要です。

全期間固定金利は、ローンの契約時点に借入期間中の金利が決定し、変動しないタイプです。
長期固定金利住宅ローン「フラット35」や、一部の銀行で取り扱われています。返済額の総額が契約時点で決定するので、返済計画が立てやすいのが特徴です。ただし利率は他のタイプに比べて高めに設定されるので、毎月の返済額が家計を圧迫しないかどうかを検討して選びましょう。

固定金利選択型は、借入当初から2年、3年、5年、10年、15年など、一定期間中の金利が固定されるタイプです。
固定金利期間中は、金利が変動しません。固定金利期間終了後は、変動金利型か固定金利選択型かを選ぶことができます。その時点の金利でその後の毎回の返済額が再計算されます。一定期間中は住宅ローンの返済額を固定しておきたい、固定期間の終了するタイミングでライフプランを見直したい、という人に向いています。


このように、マイホームを購入するときには、ライフプランを十分に考慮したうえで、予算や住宅ローンを決めることが大切です。ファイナンシャルプランナー資格の勉強をすれば、ご自身のケースで適切な予算や、毎月の住宅ローン返済額などを計算できるようになります。

この記事内の情報は、2013年12月3日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細