ファイナンシャルプランナー(FP)

【FP】ファイナンシャルプランナーコラム

資料請求(無料)

受験するなら要チェック! ファイナンシャルプランナー試験の日程・受験方法

ファイナンシャルプランナー資格は、どうすれば取得できるのでしょうか?

試験日程は?
難易度や試験範囲は?

受検前に知っておきたい試験のことをご紹介しましょう。

試験はいつ行われているの? 誰でも受検できるの?

ファイナンシャルプランナーの資格試験は、年3回実施されています。これは、国家資格である2級FP技能士と、民間資格であるAFPのどちらを取得する場合でも同じです。

なお、2級FP技能検定はAFPの試験を兼ねていますので、2級FP技能検定に合格すれば日本FP協会へ登録するだけでAFPの資格も取得できます。


2級FP技能検定には受検資格があります。以下のいずれかに該当していれば受検できます。

1. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
2. 3級FP技能検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
3. FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者

つまり1にあるように、認定された講座を修了すれば、保有資格や実務経験にかかわらず、誰でも受検することができるのです。

認定された講座って何ですか? 実務経験がないのですが受検できますか?

例えば、ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座は日本FP協会の認定講座になっています。当講座を修了(必要な課題を提出しクリア)することで、上記受検資格1に該当することになりますので、保有資格や実務経験がなくても試験を受けることができます。

閉じる

試験内容や合格発表など、どうやって情報を集めればよいの?

試験は学科試験と実技試験からなります。学科試験は4択式のマークシート方式、実技試験は記述式(択一、語群選択、空欄記入の各形式を含む。)です。いずれも正答率6割で合格できます。試験範囲は以下の通りです。

学科試験
ファイナンシャル・プランニングに関する下記の分野から出題されます。
・ライフプランニングと資金計画
・金融資産運用
・タックスプランニング
・リスク管理
・不動産
・相続・事業承継


実技試験
ファイナンシャル・プランニングの相談業務に必要な下記の項目について、各科目における図表等の読み取り、諸計算、提案書作成技術、係数表の利用、事例に沿った分析・提案などの技能を審査します。

1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
2. ファイナンシャル・プランニングのプロセス
3. 顧客のファイナンス状況の分析と評価
4. プランの検討・作成と提示


学科試験、実技試験ともに、計算機(電卓)を持ち込むことができます。計算問題では計算機を使って解答することができるので、計算が苦手な方でも安心です。

受検の手続は試験日の約2ヵ月前から、郵送またはインターネットで行えます。また合否は試験日から約1ヵ月半後に発表され、インターネットから照会することができます。

試験に関する詳細は、実施団体である一般社団法人 金融財政事情研究会か、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会のウェブサイトから確認できます。受検前には詳しい日程を確認しておきましょう。

学科試験のみ、実技試験のみの受検も可能 忙しい方でも計画的に合格を目指せます!

ファイナンシャルプランナー資格の特徴のひとつが、学科試験と実技試験を同時でも別々でも受検できること。合否判定も個別に行われ、一部合格はその試験実施日の翌々年度末まで有効です。
学科試験、実技試験のどちらか一方に合格した場合、もう一方の試験だけに改めてチャレンジできるので、忙しい方でも計画的に合格を目指すことができます。


この記事内の情報は、2013年8月23日時点のものです

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座について

ユーキャンの「ファイナンシャルプランナー(FP)」講座は、わかりやすいテキストと充実のサポート態勢が特長。メールなどでいつでも講師陣に質問ができるので、初心者でも安心して取り組めます。

専門知識がない方でもきちんと対策すれば十分に合格が狙え、ユーキャンの講座の中でも、男女問わず人気の高い講座です。

当講座は「2級FP技能士」と「AFP」(実生活・仕事に活かせるレベル)に対応しています。講座の詳細やカリキュラムを、ぜひ案内資料でご覧ください。

ファイナンシャルプランナー(FP)講座の詳細はこちら

シーズナル枠画像alt

資料請求(無料)

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細