子どもと正しく向き合い、適切なサポートができるように

発達障がいの可能性がある児童数が増えています

発達障がいにより特別支援教育を受けている児童生徒数は年々増加しており、「学習面又は行動面で著しい困難を示す」児童生徒の割合は1クラスに2名程度存在すると試算されています。自治体が運営する支援施設への相談件数は年々増加し、受診を希望しても数ヵ月待ちということも……。そのため、実生活ですぐに取り入れられる効果的なサポート方法を学ぶことが求められています。

  • 出典:「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果」(文部科学省)

正しい知識と適切なサポートで子どもが笑顔に!

寄り添い方、見守り方……今日から実践できるサポート術が学べます。子どもの特性をよく理解して、それぞれに合った支援や対処、環境整備をすることが大切です。正しくサポートすることで子どもの生きづらさが軽減され、心の安定につながります。そのような過程を経ることで、その子が本来持っている力を発揮できるようになります。

CHECK!

お子さんの行動でこのようなことはありませんか?

見える部分は氷山の一角!?

私たちの目に見えている子どもの「困った行動」は、いわば海面から上に見える氷山の一角。そして私たちの目には見えにくい、海面の下にある大きな氷山のかたまりが、困った行動の「原因」です。根本の原因は目には見えないところに隠れています。行動が起きた根本を正しく理解することが、適切なサポートの第一歩です。

子どもの悩みや葛藤に寄り添える存在に!

子ども発達障がい支援アドバイザーの知識やスキルを学んでも、子どもの困った行動がすべて解決したり、親・支援者の悩みや葛藤がすべて解決するわけではありません。しかし学習した内容をそれぞれの立場で実践したり、サポートすることで、発達障がいやグレーゾーンの子どもやその家族を支え、寄り添える存在になることができます。

子どもと関わる機会が多い方にもおすすめです

「子ども発達障がい支援アドバイザー」を取得することで、「発達障がいやグレーゾーンのお子さんの子育てに必要な基礎知識を学び、理解し、お子さんと親の心に寄り添い、支援するための知識と実践する意思があること」を周りに示すことができます。保育園の先生やボランティアなどで子どもと関わる機会が多い方にもおすすめの資格です。

在宅で資格取得が可能!

受講期間内にすべての添削課題を提出し、修了認定試験で基準点をクリアすれば、監修の伊藤真穂先生が代表を務める発達凸凹アカデミーから「子ども発達障がい支援アドバイザー」の資格が認定されます。
修了認定試験はご自宅でお好きなタイミングでチャレンジできます!

監修 伊藤真穂先生からのメッセージ
監修:伊藤真穂 先生

【同じ悩みを抱える方のために作りました】

当講座は「子どもの未来につながる支援方法」をまとめた講座です。子どもの困った行動の原因がわかるので、本やネットの情報だけではうまくいかなかった方にも、新しい発見が得られます。ここでしか手に入らないオリジナル教材もおすすめです。

プロフィール:自身の育児経験をもとに発達障がい児を持つ親を支援する活動を開始。代表を務める「発達凸凹アカデミー」では、全国各地のインストラクターが自らの経験を活かし、発達障がいに関する学びと交流の場づくりをしています。

よくある質問

最近、子どもの行動に困っています。

当講座は、発達障がいやグレーゾーンのお子さんに限らず、子どもとの関わり方も学ぶことができます。講座を受講することで、子どもの発達に関する基礎知識を学ぶことができ、困った行動を改善するヒントが見つかる可能性があります。子どもをサポートするノウハウも紹介しているので、学んだその日から実践することできます。

正しい理解と適切なサポートで、子どもが笑顔に

あなたに向いているか相性診断でチェック!

子ども発達障がい支援アドバイザーとは、子どもの発達に関する理解を深め、成長に合わせて適切なサポートを実践できるようになる資格です。子どもの発達に関する困りごとは「早めの」「十分な」サポートがカギ!当講座では、発達障がいに関する知識から、接し方や事例までを網羅した学習ができます。実生活ですぐに取り入れられる効果的なサポート方法が、わずか3ヵ月で身につきます。さらに、講座修了でそのまま資格取得も!お仕事やボランティアで子どもと接する方にもおすすめです。子どもの将来に繋がる価値あるスキルです。今こそお始めください!

TOP