カラーセラピスト

カラーセラピーとは

受講お申込み

色の持つ不思議な力で、手軽にメンタルケア。

「この色を見ると、なぜかやさしい気持ちになる。」「あの色を見ると、小さい頃の出来事を思い出してしまう」
このように、色には私たちの感情や記憶を呼び起こす力があります。カラーセラピーとは、そんな色が持つ不思議な力を利用し、心の解放を目指すものです。
カラーセラピーを受けることで、人は隠れていた気持ちに気付いたり、その思いを表現しやすくなります。また、色の持つイメージを取りいれて、自分の気分や印象を前向きに変えることも。色の力で、悩みやストレスから少しずつ解放され、心が軽くなっていきます。ストレスの多い現代社会において、気軽に行えるメンタルケアです。

よく聞くオーラソーマとは違うの?

オーラソーマでは、選んだカラーボトルの色がもつ意味から選び手の内面を導き出します。
当講座で学習するカラーセラピーでは、選んだ色が持つ固有の意味だけでなく、相談者がその色を選んだ理由や背景を、相談者との対話の中で掘り下げていくことで、より深い心理状態を導き出すことを目標としています。また、カラーボトルではなくカラーカードを使用しますので、いつでもどこでも手軽にセラピーを行えます。

カラーセラピストは、色で心を癒す人。

カラーセラピストとは、言葉の通りカラーセラピーを使い、相談者の心を解きほぐし、癒すことができる人のことです。
悩みや悩みに対する答えは、自身の心の中にあるものなので、相談者自身が、自ら悩みについて気づけるようサポートすることが重要です。そのためには、色の知識はもちろん、しっかりと相談者の話を聞くカウンセリングスキルも求められます。

カラーセラピーで得られる4つの効果

悩みはもちろん、その悩みに対する答えさえも、実は自分の心の中にあるものです。色の力を使うことで、そうした心の奥底にある深層心理にも、気づくことができます。そして、向き合うことで、よりよい未来のための方向性が見えてきます

カラーセラピーでは、深層心理に気づくだけでなく、思いを語ったりコラージュ作品にして色で表したりします。すると、心の中にたまっていたものが解放され、心が浄化されるのです。色を通じて自身の心理を表現することで、癒しを感じることができます。

悩みやその原因は、誰かに話すことで心がすっきりするものです。カラーセラピーであれば、話しづらい心の問題も、色を介することで、相手に伝えたり相手と共有したりしやすくなります。カラーセラピストは、相談者が気持ちを吐露できるよう手助けをします。

色を使って実際にコラージュ作品を作ったり手を動かすことで、気分転換に。楽しみながら心が癒されていきます。当講座では、心理に効果的な色を用いコラージュ作品をつくる、芸術的なワークも学ぶことができます。

次ページ:色のチカラを学びたい!