添削課題で理解度アップ&弱点を補強

テキスト学習の理解度をチェック

当講座のテキストは全3巻。各テキストの学習が終わったタイミングで取り組める、添削課題をご用意しました。
テキスト学習の理解度を確認しながら進められるので、「わからないまま試験を迎えてしまった…」という心配がありません。

学習のペースメーカーに

添削課題は「ペースメーカー」にもなります!添削課題の提出をひとつの目標に学習のペースをつかみ、計画的に学習を進めていきましょう。

講師のアドバイスで弱点を補強

送っていただいた課題はコンピューターで詳しく診断。的確なアドバイスを添えてお返しします。
ご自分の苦手分野も明確に!アドバイスを参考に学習に取り組めば、検定合格がグッと近づきます。

最終課題がそのまま検定試験!

当講座は、資格制度を運営するNPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会の認定講座。添削課題(3回)を提出し、修了課題をクリアすれば、終活アドバイザー検定試験合格となります。
満点を取る必要はなく、全体の60%以上の点数でOK!受講期間内ならご自宅でいつでも受検いただけます。

  • 当講座で終活アドバイザー検定試験に合格された方は、NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会に登録申請することで終活アドバイザー資格が取得できます。終活アドバイザー協会への登録申請には、別途初年度登録料や年会費が必要です。また、登録には条件がございますので、必ず受講前に協会のHPにてご確認ください。

ご自身の終活を実践しながら知識を習得!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

終活とは、「終」末期に向けた「活」動の略で、人生の最期に向けた準備を行うことです。
最近では解釈の幅が広がり、自身の人生の棚卸しをすることで自分を見つめ、今後の人生をより豊かに、自分らしく生きるための活動という解釈が一般的になりました。
社会保険制度、財産の管理や相続対策、葬儀・供養・お墓など死後に必要となる項目などさまざまな知識に精通する終活アドバイザーは、介護職員、看護師、葬祭業関係者、金融業の窓口担当など、日頃シニアと接し、相談を受ける機会が多い人のスキルアップに役立つ資格です。
ユーキャンの終活アドバイザー講座はNPO法人ら・し・さ主催の終活アドバイザー資格に対応しています。添削課題がそのまま検定試験になるので、在宅受検が可能! 第1~3回の添削課題を提出し、第4回の添削課題(検定試験)をクリアすれば終活アドバイザー試験合格となります。

  • 当講座で終活アドバイザー検定試験に合格された方は、NPO法人ら・し・さ 終活アドバイザー協会に登録申請することで終活アドバイザー資格が取得できます。終活アドバイザー協会への登録申請には、別途初年度登録料や年会費が必要です。また、登録には条件がございますので、必ず受講前に協会のHPにてご確認ください。

TOP