資格の違いを詳しくご紹介!

主な「実践の場」が違います。

栄養と健康、食文化、食品学など、学ぶ分野は近いですが、主な違いは「実践の場」。食生活アドバイザーは主に企業で、食育実践プランナーは主にご家庭での実践を目指した学習内容となります。
そのため、食生活アドバイザーは衛生管理や流通の仕組みなども含めた、食に関する業界で必要となる知識を一通り学習。食育実践プランナーはご家庭内、とくにお子さまのいるご家庭内での食事作りなど、暮らしに直結した知識を学びます。

「食」を通じた教育も。

食育実践プランナーは、年代別の食、メニュー作りや食材の目利き方法など、確かな食の知識を学びます。さらに、子どもに教える正しい食べ方やマナーなど、教育的な側面での実践力を学習するのも特徴です。

資格の試験はご自宅で

食生活アドバイザーは試験会場で受験しますが、食育実践プランナーは自宅での受験が可能です。受験資格もなく、受講期間内であれば、何度でもチャレンジできます。

食育を「おいしく」学んでおうちで受験!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

食育実践プランナーとは、ご家庭から教育現場、地域など幅広いシーンで、健全な食生活を“実践”することや、そのための知識やノウハウを、子どもからお年寄りまで幅広い方々に伝えていく食育のスペシャリストです。
食への関心、健康への関心が高まっている昨今。今後身に付けたい知識として「健康に配慮した料理の作り方」と答える方は多く、確かな食の知識で健康的な食生活を実践する食育実践プランナーは今後ますます求められる資格です。
ユーキャンの「食育実践プランナー講座」は、当講座の講師である宮川先生が代表を務める一般社団法人日本味育協会の認定資格です。子どもから大人まで役立つ食育の知識と実践力、指導力の証明となる資格です。当講座では食育という広い考え方を、5冊のテキストにギュッとまとめました。人が生まれながらに持つ「おいしい!」という味覚をキーワードに食育を学習します。サブテキスト「食育実践レシピ集100」「目利き便利帳」では、毎日のお買い物や食事作りでの実践もサポート。また、「食育実践アイデアブック」とDVDでは、家庭で食育を実践するための具体的なアイデアや、食育を地域などで広めるための方法も学べます。さらに当講座は添削課題が資格試験になるので、在宅受験が可能です。第1~5回の添削課題を提出し、第6回の添削課題(資格試験)の合格基準点をクリアすれば食育実践プランナー試験合格となります。忙しい方や育児中の方も、自宅で試験を受けられるので安心!

TOP