病院の運営を支える、大事な仕事。

医療事務の主なお仕事って?

病院や診療所、クリニックなど医療機関の事務職として、受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成、患者さんの応対や電話対応などを行います。
最近では大きな病院を中心に医療業務の分業化が進んでいるので、すべてのお仕事ができなくても、勤務可能な職場も多数あります。あなたに合わせた働き方を選ぶことができるのも、医療事務の魅力です。

受付で、患者さんをお迎え!

病院を訪れた患者さんを笑顔でお迎え。受付業務では、保険証の確認や受診科への案内、来院予約などの電話対応、初めての患者さんへのカルテの作成や診察券の発行などを行います。
最初に患者さんと接する受付は、まさに病院の顔!患者さんに安心感を持ってもらえるよう、細かな気配りや丁寧な対応を心がけることが大切です。

診察内容に沿って会計業務を行います。

会計業務は、診察が終わった患者さんから、窓口負担額を受け取るお仕事です。診療内容や診療報酬点数表、患者さんの加入する医療保険に沿って、費用を計算!
お薬が出ている場合には処方箋をお渡しすることもあります。

病院の収益を支える、レセプト作成。

診療録(カルテ等)から診療報酬明細書(レセプト)を作成する業務は、医療事務の仕事のなかでもとくに専門性が高く、病院の収益を支える、とても大事なお仕事です。
レセプトとは、健康保険組合などへの医療費の請求に必要な書類。内容に不備があると戻されるため、正確かつ素早く仕上げることが求められます。

末長く、あなたを支える資格です。

医療事務のお仕事は、接遇やレセプト作成などが中心なので、あまり体力はいりません。年齢を重ねても長期間にわたって務めることも可能です。加えて正社員やパート・アルバイトなど勤務形態もさまざまで、働き方が選びやすいのも魅力!結婚・出産後に再就職を考えたい方、家事や育児と両立しながら働きたいという方にもおすすめの資格です!

わずか4ヵ月で一生モノの資格取得が目指せる!

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

医療事務とは、医療関連施設の事務職としての就職・転職・再就職に役立つ、女性に人気の資格です。主な業務として、受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成などを行います。勤務形態や働き方が選びやすく、年齢にかかわらず長く安定して働けます。
ユーキャンの「医療事務講座」では、初学者でも基礎からムリなく学べる教材をご用意。また、試験は在宅で受けられるので、忙しい方や育児中の方も安心です。

TOP