医療事務

医療事務コラム

受講お申込み

医療事務はどのような仕事?向いている人からキャリアまで幅広く解説

医療事務に興味はあるものの、実際の仕事内容や働き方のイメージが湧かない人も多くいるでしょう。そこで、今回は医療事務の仕事内容や一日の流れ、給料やメリット・やりがい・大変なことまで、未経験の人にもわかりやすく解説していきます。医療事務の仕事に就くために役立つ資格も紹介しているので、これから目指す人はぜひ参考にしてください。

医療事務の仕事とは?

医療事務の仕事は主に3つに分けられます。ここでは、その詳細を解説していきます。

受付・会計業務

メインとなる業務のひとつが、受付・会計業務です。医療事務といえばこの業務を想像する人も多いのではないでしょうか。基本的な流れとしてはまず、初めて受診される来院者に診察券を発行したり、保険証の提示を求めたりします。同時に、問診票などの書類を渡して記入してもらい、医師にスムーズに症状が伝わるようにします。

また、受け取った保険証や診療申込書をもとにして、カルテを作成するのも医療事務の仕事のひとつです。病名などの入力は医師がおこないますが、氏名や住所、保険証番号などの基本的な情報の入力は医療事務がおこないます。そして会計業務では、医療費の計算をし、患者負担の医療費を徴収し、会計を終えます。その際、領収書や費用の明細書と一緒に処方せんなども手渡しします。

レセプト業務

通常、患者は保険証を提出することで、医療費の全額ではなく、一部のみを負担します。残りの医療費は、保険証を交付している健康保険組合などが支払います。そのため、医療機関は残りの医療費を、審査支払機関を通して保険者に請求しなければなりません。

その請求の際に提出するものが、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書です。医療事務は正確な医療知識のもと、診療報酬点数を算出してレセプトを作成します。医療機関を経営するための費用を確保するための、もっとも重要といっても過言ではない業務なのです。

レセプトを正確に作成するには、カルテを正しく読み取る知識が必要となります。これは医療事務にとって欠かせない専門性のひとつといえるでしょう。

クラーク業務

クラーク業務とは、簡単にいえば、患者と医療スタッフをつなぐための業務です。比較的大きな病院でおこなわれることが多い仕事です。

クラーク業務はさらに2つに分けられます。そのひとつが、外来クラークです。カルテの整理やレントゲンなどの検査データの準備など、文字通り、一般的な事務作業を担当します。

もうひとつは、病棟クラークと呼ばれる業務です。病棟クラークは、入退院に関する事務作業がメインとなります。そのほか、食事に関する伝票の管理も業務の一部です。病棟クラーク業務をするときは、ナースステーションにいることが多くなります。

医療事務の仕事の一日の流れ

ここからは、医療事務員として勤務したときの一日の仕事の流れを具体的に見ていきましょう。

多くの医療機関では8時〜9時に受付が開始され、その15分〜30分前を始業時刻に設定している場合がほとんどです。医療事務は、受付開始までに院内清掃をしたり、レジのお金を用意したりするなどの準備をおこないます。

午前の診療は12時前後までが多くなっています。その間、朝の時間帯は、急いでいる人も少なくないため、てきぱきとした行動が求められます。その後、休憩をはさんで午後の診療に移ります。業務内容は午前の診療と同じとなりますが、最後の診療が終わればレジしめや、院内清掃、翌日の予約の確認をして業務を終えます。

診療受付終了は一般的に18時ごろが多く、最後の診療が長引いたり、レセプト業務があるときは残業が発生することもあります。できるだけ残業を発生させないためにも、合間にレセプト業務を進めておくなど、時間をうまく使った業務の進行が必要となります。

医療事務の平均的な給料は?

地域や職場によって違いはありますが、平成26年度では、250万円〜350万円ほどが医療事務の平均的な年収となっています。もちろん、正職員なのか、パートやアルバイトなのか、その勤務形態によっても当然、給与額は変わってきます。

正職員であれば、初任給は15万円〜20万円程度です。勤続3年ほどで16万円〜20万円前後となり、給与のアップが見込めます。加えて、ボーナスや手当などが支給される場合もあります。

また、一般的に規模の大きな病院や大学病院の医療事務の正職員の方が、給与額が高くなる傾向があります。希望する年収や自身の生活にあった職場を見つけることが大切でしょう。

参考:医療事務の平均年収|平均年収.jp

医療事務のメリット・やりがい

医療事務には、給与だけではないメリットややりがいが多くあります。まず第一に、患者から感謝されるということが挙げられるでしょう。ときには人命に関わることも多いのが医療の現場ですが、人の役に立つという喜びは、ほかにはないやりがいといえます。

また、日常生活でも役立つような医療知識が得られるというメリットもあります。とっさの判断を迫られたときに慌てずに済む、応急処置の知識を蓄えておけるのは、医療事務ならではです。

さらに、医療機関は全国にあるので、住む場所が変わっても就職先を見つけることが比較的、容易です。未経験から就業することも可能なことに加えて、スポットでの勤務や、決められた時間帯のみでの勤務など、ワークライフバランスを保てる働き方ができるのもメリットといえるでしょう。

医療事務の仕事で大変なこと

医療事務では医療知識が必要となるため、覚えることが多くあります。特に、医療事務特有の業務であるレセプト業務やカルテ作成などは、未経験の人にとっては覚えるのに時間がかかり、大変な業務だといえます。

また、患者への配慮も必要不可欠です。ときに、医療事務の言葉が患者の助けになることもありますが、反対に、クレームにつながってしまうこともあります。医療事務は受付業務もこなす必要があるため、対応によっては病院のイメージダウンにもつながりかねません。そのため、患者との適切なコミュニケーションが求められるのです。

医療事務になるには?

ここからは、医療事務になるためには具体的に何が必要なのかを説明していきます。

未経験でもなれる?

医療事務の仕事には未経験でも資格がなくても就くことができます。ただし、覚えることが多いので最初は苦労することもあるでしょう。業務によっては、持っていて役立つ資格やスキルがありますので、次で説明します。

持っていると役立つスキル

カルテ作成やレセプト業務など、医療事務はその名の通り、事務作業がメイン業務となります。そのため、基本的なパソコンスキルは必須です。

また、それと同等に大切なのは、患者と気持ちよく接することができるコミュニケーション能力です。来院して初めに接する病院の受付で、患者に不安や不快感を与えることがあってはなりません。幅広い年齢層に合わせた的確なコミュニケーションスキルは、医療事務の業務において、さまざまな場面で役立つでしょう。

持っていると便利な資格

たとえば、レセプト業務の処理能力を証明するための医療事務管理士(R)など、ある程度即戦力としての活躍を期待される資格がいくつかあります。医療事務に関する資格はいずれも民間資格ですが、仕事に就くうえで非常に役立つ資格も少なくありません。

なかでも医療事務技能審査試験は、40年という長い歴史がある試験です。受付業務に関する知識のほか、患者とのコミュニケーション能力を問う実技試験などもあり、医療事務関連では最大規模の資格試験となります。

ほかにも、医療事務認定実務者(R)試験では、接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識が重点的に問われます。初めて医療事務に従事する人向けの資格といえるでしょう。資格を取得すれば、場合によっては給料アップも期待できます。これから医療事務を目指す人が、知識を蓄える目的で受けるのもいいでしょう。

在宅で受けられる資格試験も多いので、自分のレベルに見合った試験から受けてみるのも一つの方法です。

医療事務はどういう人に向いている?

医療事務は、次のような性格の人に向いています。自分に合っているのか見極めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

・明るい人
医療現場では患者とのコミュニケーションや一緒に働くスタッフとのチームワークが大切なので、明るい性格の人が向いています。

・几帳面な人
事務作業が多いので、ミスなく時間通りに的確に仕事を終えられるスキルを持っている人は頼りにされます。

・数字に強い人
レセプト業務など、数字に関わることが多い仕事です。正しい計算方法ですばやく計算できる人は特に向いています。

・冷静に物事を判断できる人
忙しくても、優先順位をつけて冷静に対処できる能力があれば、どんな業務も的確にこなすことができるでしょう。

・丁寧な心配りができる人
患者と接するうえで、丁寧な心配りができることも大事です。

医療事務のキャリアとは?

医療事務のキャリアは、病院とクリニックで異なります。医療事務としてさまざまな業務に対応できるようになりたい人は、より幅広い業務に関わることが多いクリニックのほうが向いているでしょう。一方、専門的に業務に携わりたいという人は、病院勤務でステップアップするほうが望ましいといえます。

一度業務を覚えてしまえば、どんな病院やクリニックでもある程度、通用するでしょう。また、所持している資格や業務経験によっては、リーダーやチーフ、責任者などを任せられることもあります。もちろん、より専門的で幅広い知識が必要となりますが、そのぶん、大きなやりがいも得ることができます。

経験を着実に積んでいくことで、キャリアアップもしっかりと見込めるのが医療事務の魅力です。自身の現状を考慮し、試験を受けたり能力を身につけたりすることで、ステップアップを図りましょう。

まとめ

医療事務は専門性が高く、覚えることの多い仕事です。しかし、ほかの仕事では得られないやりがいもあり、キャリアアップもしっかりと望める魅力的な職業だといえます。

そんな医療事務を目指すなら、ユーキャンの医療事務講座がおすすめです。実務で役立つ基礎知識が学べるテキストを使って、医療事務の資格取得のための基本知識を4ヵ月程度で学べます。(受講開始から最大8ヵ月までサポート。)

また、毎月実施される「医療事務認定実務者(R)試験」へのサポートも充実し、試験合格のチャンスが多いのも特徴です。興味がある人はぜひ受講を検討してみてはいかがでしょうか。

ユーキャンの医療事務 講座受講のお申し込みはこちらから

ユーキャン自慢の教材をまずはお試しください!教材到着後でも返品OK!

※ご返品は、送料のみご負担のうえ、教材到着後8日以内にお願いします。返品の詳細