ずっと役立つ、業界必須の専門技能

収益を支えるレセプト業務

介護事務の主な仕事は、保険者への請求額や利用者の方の負担分を算定し「介護給付費明細書(レセプト)」を作成すること。「請求業務」は介護事業者にとって収入の要!介護事業の運営には、レセプトの作成が欠かせません。

介護報酬を請求するまでの流れは?

介護施設などを利用する「利用者」は、「保険者」に対して介護保険料を払い、「サービス事業者」からの介護サービスを1割(一定以上の所得者の場合は2割~3割)負担で受けることができます。
一方、「サービス事業者」は「利用者」に提供したサービスに対して、毎月「保険者」の委託先である「国保連」に残り9割(8割~7割)の介護報酬を請求します。
その請求のために必要なのが「レセプト」で、これを作成するのが介護事務です!

ケアマネジャーのサポートや受付業務も

ケアマネジャーのサポートも大事なお仕事。書類を作成したり、電話応対をしたりと、さまざまな事務作業を行います。
また、介護サービスを利用する方やそのご家族と、受付で最初に接するのも主に介護事務スタッフです。
たくさんの人に頼りにされ、やりがいや人の役に立つ喜びを直に感じることができます。

デスクワークだから、年齢に左右されません。

仕事を選ぶ際には、体力が必要かどうかも大切な要素。とくに年齢を重ねても働きたいと思うと、力仕事や長時間のハードな仕事は選びにくいものです。
その点、介護事務の仕事は座って行うデスクワークが中心。年齢を重ねても働きやすい仕事です!実際に幅広い年代の方が介護事務として活躍しています。

超高齢社会で高まるニーズ

超高齢社会の今、介護サービスの利用者は毎年600万人前後を推移しています。それに伴う膨大なレセプト業務も発生。
専門技能を身につけた介護事務の活躍が、今後も大きく期待されます!

活躍の場も広がっています。

訪問看護ステーションや老人保健施設、在宅介護支援センター、特別養護老人ホーム、介護サービス人材派遣など、介護事務は、活躍の場も多彩!
パートタイムや正社員など雇用形態もさまざまなので、ライフスタイルに合わせて働けます。

介護福祉士・ケアマネジャーとの違いは?

介護サービスの中で担う役割が違う!

ケアマネジャーの主な仕事は、介護を必要とする方への「ケアプランの作成」。そのケアプランに基づき、実際に「介護サービスを行う」のが介護福祉士です。
介護事務は請求業務や事務作業など、介護サービスに必要なデスクワークを担当します。
また、介護福祉士が働く場所は、実際の介護の「現場」です。一方、ケアマネジャーや介護事務の働く場所は、介護事業所などでデスクワークが中心となります。

必要な実務経験が違う!

福祉系資格には受験資格として「実務経験」が必要とされるものが多いですが、介護事務は受験資格がありません。
試験の難易度もそう高くないので、 介護についてまったくの未経験の方でも挑戦できます。介護・福祉の業界で働くための「最初の資格」として、おすすめです!

いざというときに役立つ知識が身につく

介護保険制度はご両親や身近な人はもちろん、あなた自身にとっても他人事ではありません。
介護事務の技能を身につけることで「介護保険制度」についての知識が養われます。いざ介護保険を利用することになった際には、学んだことが十分に役立てられるでしょう。

40歳を過ぎると介護保険料がかかる!?

すべての国民は40歳になると、自動的に介護保険に加入することになります。そのため、40歳を過ぎてからは介護保険料の支払いが必要です。
こうした介護保険制度に関する知識は、介護事務技能を身につける過程で詳しく学べます。

よくある質問

家事や子育てに影響のない範囲で働きたいのですが…。

ワークスタイルも都合に合わせて選びやすいのが介護事務の魅力!
もちろん、フルタイムで働くこともできますし、パートタイムで午前中だけ勤務される方もいらっしゃいます。近所に職場を見つければ、家事や育児と両立しやすいでしょう。

受験資格は不要!専門技能を4ヵ月で

あなたに向いている講座か相性診断でチェック!

介護事務とは、介護事業所で活躍できる有望スキルです。介護事務は、介護報酬請求業務(レセプト作成)とケアマネジャーのサポートを主に行います。多忙なケアマネジャーを支える専門スタッフとして、介護事務は、今や介護事業の運営に欠かせない存在です。実務はデスクワーク中心なので体力的な負担も少なく、年齢にかかわらず長く安定して働けるのも魅力。家事や育児と両立しながら働きたい女性にぴったりの仕事です。
「介護事務管理士(R)」の資格を取れば、介護業界への就職・転職の力になるだけでなく、身につけた知識を自身の生活や家族の介護に活かすことも可能。また、資格を取っておけば、結婚や出産・育児で一度退職した方が再就職をする際にも役立ちます。受験資格に制限はないので、未経験から介護関係の仕事を目指したい方も要注目の資格です。
ユーキャンの「介護事務」講座は、ユーキャンの講座の中でも特に人気の高い講座の1つです。テキストでは、難解な介護保険制度に対する用語や知識についてもわかりやすく学べる工夫がいっぱい。初めて学ぶ方でも、安心して取り組めるカリキュラムです。

TOP